2008年 10月 04日
★『“宋江三十六人賛”之二十一』
b0145843_029399.jpg
北宋時代、梁山泊に集まった好漢たちの物語は、はじめから今の「水滸伝」の形をとっていたわけではありません。
『宋江三十六人賛』は、『水滸伝』の誕生に先駆けて、南宋時代(1127〜1279)に書かれた宋江ら三十六人の仲間を讃える文章です。もともとは画がついた“画賛”でしたが、画は散逸して、今では文章だけが残っています。
古文なので訳すのは大変に難しいのですが、一人ずつ紹介していきましょう。南宋時代の梁山泊にはどんなメンバーがいたのか、そして、彼らはどのような人物としてイメージされていたのでしょう。
※訳文はあくまで素人の推測・想像です。多少とも合っているのかどうか、まったく分かりません。識者のご教示をお待ちしています!



小旋風柴進

  風有大小(風に有り大小)
  黒悪則惧(黒悪則ち惧る)
  一【口意】之徴(一【口意】之徴)
  香満太虚(香満す太虚)
   ※【口意】は一文字で、「ああ」と嘆く意

「風に大小有り、黒悪を則ち惧る、一【口意】の徴、香は太虚に満つ」

水滸伝では第十位の好漢である、貴公子“小旋風”柴進がようやく登場です。あだ名は同じ“小旋風”、ですが、このあだ名の意味は水滸伝にも説明がなく、由来が「謎」とされています。
“宋江三十六人賛”では“黒旋風”李逵のすぐ後に登場し、あだ名も“黒旋風”と“小旋風”……水滸伝でも李逵が柴進の屋敷に寄宿したり、一緒に高唐州に出掛けたりと、対照的な人物のわりには縁のある二人ですが……。二人の過去に一体なにが?

文章の意味をSUIKO108的に超解釈(?)してみると、

「風には大と小があり、恐ろしいのには黒いのと悪いのがいる。つまり“黒旋風”李逵と“小旋風”柴進だ。「ああ!」と叫ぶ誰かの悲鳴が聞こえれば、たちまち魂はあの世に吹っ飛び、弔いの線香の煙が天地に満ちる」

想像をたくましくすると、こんな感じでしょうか。柴進様、もとは李逵とコンビを組んで悪行三昧……世間では“小李逵”のように恐れられていたことになってしまいます。まるで李逵と鮑旭のようですね。
それが、たまたま姓が後周世宗と同じ「柴」だったため、大出世を遂げたのかもしれません。だとしたら……柴進のために、ちょっと内緒にしておきたい話ですね。
[PR]

# by suiko108blog | 2008-10-04 00:33 | Suiko108 クロニクル | Comments(0)
2008年 10月 03日
『絵巻水滸伝』セリフ選30)
b0145843_2403227.jpg
「人の子を殺し、自分の子は愛せよと仰るのか」

絵巻水滸伝(第6巻)第四十七回 黒旋風より、"美髯公"朱仝〜森下翠 撰
[PR]

# by suiko108blog | 2008-10-03 02:41 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2008年 10月 02日
『絵巻水滸伝』セリフ選29)
b0145843_0414812.jpg
「見よ、この威力!! 聞け、この音を!! 私は“轟天雷”!! やましい事など何もない!!」

絵巻水滸伝(7)第五十二回 青州の賊より、“轟天雷”凌振〜正子公也 撰
[PR]

# by suiko108blog | 2008-10-02 00:44 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2008年 10月 01日
『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星』ハイライト3)
絵巻水滸伝第二部、好評連載中!
現在、ウェブサイトでは第二部の第71話「浪子」・第72回「泰山」・第73回「天意」の他に、第一部の「序曲」「第一回 王進」「最終回 結集百八星」が公開されています。
それ以外の回は、どうぞ書籍をご覧下さい。
第二部スタートに際し、第一部をハイライトシーンで振りかえってみましょう!

『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星』ハイライト3)

「鉄屑め、追ってこれまい」
 その時、二縦列をとっていた連環馬軍が左右に割れた。その間から、紅の馬に騎乗した一人の将が進み出た。
「“大刀”関勝!!」
b0145843_224931.jpg


絵巻水滸伝(第10巻)(第70回 結集百八星より)

                  絵巻水滸伝(第10巻)
[PR]

# by suiko108blog | 2008-10-01 02:04 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2008年 09月 30日
『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星』ハイライト2)
絵巻水滸伝第二部、好評連載中!
現在、ウェブサイトでは第二部の第71話「浪子」・第72回「泰山」・第73回「天意」の他に、第一部の「序曲」「第一回 王進」「最終回 結集百八星」が公開されています。
それ以外の回は、どうぞ書籍をご覧下さい。
第二部スタートに際し、第一部をハイライトシーンで振りかえってみましょう!


『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星』ハイライト2)

「敵か、味方か?」
 新手の軍は埃に塗れ、装備も汚れている。魏定国の横で遠目のきく兵が叫んだ。
「官軍です!!」
 魏定国にも彼らの掲げる北京の旗が見えた。
「北京軍?」
 魏定国は目を凝らした。先頭に金色の大斧がきらめく。そのような武器を持つ者を、魏定国は官軍中に一人しか知らぬ。
「“急先鋒”索超か!!」
b0145843_1483643.jpg


絵巻水滸伝(第10巻)(第67回 蒼茫より)

                  絵巻水滸伝(第10巻)
[PR]

# by suiko108blog | 2008-09-30 01:49 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)