2008年 11月 26日
★「大三国志展」四国展、いよいよ開幕!
b0145843_1183369.jpg
本日26日より、「大三国志展」四国展が開催されます。
高松は正子公也の故郷・岡山県玉野市宇野からフェリーで55分。SUIKO108も取材に向かう予定です!
中国四国地方の皆様も是非おでかけくださいね。会場は玉藻公園すぐの香川県立ミュージアムです。

「大三国志展」四国展
★2008年11月26日(水)〜12月24日(水)
9:00〜17:00(16:30受付終了)
※金曜日も17:00(16:30受付終了)です。
月曜日休館

香川県立ミュージアム
〒760-0030 香川県高松市玉藻町5-5
http://www.pref.kagawa.jp/kmuseum/

主催 四国新聞社
    「大三国志展」四国展実行委員会
入場料:大人1000(800)円、大高生700(500)円、中小生300(200)円
[PR]

# by suiko108blog | 2008-11-26 13:41 | イベント・グッズ | Comments(0)
2008年 11月 25日
★『絵巻水滸伝』WEB版予告編・82★
『絵巻水滸伝』第二部、好評連載中!
WEB版の予告編で、第一部を振り返ってみましょう。
この予告編はWEB上のみに掲載され、順次、消えていったため、見たことのない方も多いのではないでしょうか。
数々の名文に彩られた“幻の予告編”、どうぞお楽しみください。
※各回の回数については、単行本化にあたって再編成をしているため、WEB版と実際の回数には違いがあります。(WEB版の第八十二回は、魁星出版絵巻水滸伝(第10巻)収録第七十回後半に相当します)

『絵巻水滸伝・八十二回 結集百八星・後篇』
b0145843_1173186.jpg
運命の一日が始まった。
林冲が、楊志が、花栄が、秦明が。
呼延灼が、李逵が、武松が、魯智深が。
一条の光に導かれ、果てのない道程をひた走る。

「天よ、我々は──何処へ行くのだ」
誰も、その宿命から逃れることはできない。
「宿命とはなんだ。我々は、なんのために集まったのだ」

三十六員の天コウ星、天より降臨し、
七十二座の地サツ星、人間に出現す。

かくして次回、「水滸伝──水のほとりの物語」は、ひとたび、その幕を閉じる──。

[PR]

# by suiko108blog | 2008-11-25 01:18 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2008年 11月 24日
★『絵巻水滸伝』WEB版予告編・81★
絵巻水滸伝第二部、好評連載中!
WEB版の予告編で、第一部を振り返ってみましょう。
この予告編はWEB上のみに掲載され、順次、消えていったため、見たことのない方も多いのではないでしょうか。
数々の名文に彩られた“幻の予告編”、どうぞお楽しみください。
※各回の回数については、単行本化にあたって再編成をしているため、WEB版と実際の回数には違いがあります。(WEB版の第八十一回は、魁星出版絵巻水滸伝(第10巻)収録第七十回前半に相当します)

『絵巻水滸伝・八十一回 結集百八星(前篇)』
b0145843_0374095.jpg
梁山泊の命運、尽きたり──!!
夜空に轟き渡る、一発の砲声。
梁山泊を紅に染める、巨大な流れ星。
舞い落ちる、薄紅の花。
彼を呼ぶ声。
懐かしい人。
軍神“双鞭”呼延灼と武神“大刀”関勝、二人の運命は──。

暁の光の中で対決する、英雄ふたり、“風流双槍将”董平と“没羽箭”張清。
そして、夜明けとともに梁山泊に襲い来たる衛京禁軍三万と、枢密使・童貫率いる水軍五万。

物語は、いよいよ佳境を迎える──。

[PR]

# by suiko108blog | 2008-11-24 00:47 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2008年 11月 23日
水滸傳絵詞之十八『没羽箭 張清・瓊矢鏃 瓊英』
b0145843_0283967.jpg
勝気で聡明な金枝玉葉(きんしぎょくよう)、瓊英は白桃の花顔(かんばせ)に黒い瞳、戦場では威風凛々、礫(つぶて)を飛ばせば百発百中。彼女は或る夜、夢の中で出会った、自分と同じ術を使う若者に神秘な運命を感じます。花の乙女は十六歳。女の一念、みごと瓊英は夢の男と添い遂げます。花盗人(はなぬすびと)の名は張清。あだ名を“没羽箭”。星稀(ま)れな月明かりに、 礫の流れ星が乱舞します。

絵巻水滸伝(第9巻)』より『没羽箭 張清・瓊矢鏃 瓊英(ぼつうせん ちょうせい・けいしぞく けいえい)』
[PR]

# by suiko108blog | 2008-11-23 00:30 | 水滸傳絵詞 | Comments(0)
2008年 11月 22日
TV特番「群雄割拠 三国志 」本日放映!
11月26日からの「大三国志展」四国展の開催に先立ち、関連番組がテレビ放映されます。
タイトルは「群雄割拠 三国志  悠久の大地と人間のロマン」。
北海道での開催時に放映された番組「英傑来来!大三国志展」を再編成し、
正子公也のイラストも大幅増量の予定です。

放映日時は、本日11月22日(土)午前9:55〜10:25(30分番組)
西日本放送・南海放送・高知放送・四国放送
の各チャンネルで放映されます。
神田山陽氏(講談師)の講談と正子の絵で、三国志の世界を分かりやすく紹介する番組です。
正子も少し映ります(アトリエでのインタビュー映像)ので、受信可能な地域の方は是非ご覧下さいね!


「大三国志展」四国展
★2008年11月26日(水)〜12月24日(水)
9:00〜17:00(16:30受付終了)
※金曜日は19:30(19:00受付終了)まで
月曜日休館

香川県立ミュージアム
〒760-0030 香川県高松市玉藻町5-5
http://www.pref.kagawa.jp/kmuseum/

主催 四国新聞社
    「大三国志展」四国展実行委員会
入場料:大人1000(800)円、大高生700(500)円、中小生300(200)円
[PR]

# by suiko108blog | 2008-11-22 02:07 | イベント・グッズ | Comments(0)