人気ブログランキング |
<   2015年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2015年 02月 05日
『水滸後伝』
b0145843_2035883.jpg
水滸伝が大好きで、原典や絵巻だけじゃ物足りない!という水滸迷のために、中国の派生作品等もご紹介していこうと思います。
ということで、今日は、もっとも有名な二次創作(?)、清の陳忱が書いた『水滸後伝』をご紹介します。
作者は、おそらく『水滸伝』が大好きだったのでしょう。原典にある李俊の後日談を核に、生き残りの好漢たちや登場人物を配して書き上げました。
細かな内容はともかく、水滸伝に対する愛があふれているので、読んでみて損はないかと思います。
好漢の子供たちの活躍も見どころのひとつでしょうか。
原典から派生しているだけあって、人物の姿を絵巻で想像してもあまり違和感がないように思います。

   オススメ度 ★★★


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2015-02-05 00:00 | Suiko108 クロニクル | Comments(2)
2015年 02月 04日
「山中鹿之介」クリアファイル
b0145843_20243282.jpg
ご紹介するのを忘れていました!
こちらは配布用に作製され、あっという間になくなってしまった鹿之介クリアファイルです。
三日月のデザインが凝っています。
鹿之介……ちょっとマイナーかと思っていましたが、
マッサン効果か、ふなっしー効果か、隠れた人気武将のようですね。
b0145843_20273930.jpg
機会があれば販売も考えていますので、お楽しみに!


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2015-02-04 00:00 | イベント・グッズ | Comments(0)
2015年 02月 03日
絵巻水滸伝人物名鑑(田虎篇)
b0145843_2021376.jpg
「董澄」(とうちょう)~『絵巻水滸伝・第二部/田虎篇』

“晋王”田虎が支配する陵川の守将。身の丈九尺、三十斤の溌風刀を使う豪傑。
もとは盗賊で、土地の軍官だった鈕文忠と癒着して稼ぎを貢ぎ、田虎の挙兵にともなって“将軍”に成り上がった。
“知県”耿恭を傀儡にして陵川を支配しており、盧俊義率いる梁山泊軍と激戦を繰り広げる。


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2015-02-03 00:00 | 絵巻水滸伝人物名鑑【その他】 | Comments(0)
2015年 02月 02日
『絵巻水滸伝』ハイライト(141)
『絵巻水滸伝 第8巻〜替天行道 』ハイライト(26)

「静まれ──父上のおなりだ」
 どよめく曽頭市軍の中央に、青地に黄金の鷹を描いた大旗が掲げられた。隊列が二つに割れる。旗竿を支えている長身の男は“険道神”郁保四。巨大な旗は、その前を行く一人の男を包み込むようにたなびいていた。
b0145843_23222544.jpg
 その男──女真の弁髪を垂らし、身には銀狐の毛皮を纏った壮士こそ、曽頭市の主、曽弄だった。
b0145843_23223617.jpg

(『第58回 征途』より)


『絵巻水滸伝/ 第115回「幻・後篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝

b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2015-02-02 00:00 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)