人気ブログランキング |
<   2012年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2012年 10月 11日
みちのくの旅(5)★白石城!
いよいよ山形に到着……の前に!
思わぬ偶然に導かれ(?)、宮城県白石市へ寄り道です。

その目的は……白石城!
b0145843_181279.jpg
b0145843_8503160.jpg
東日本大震災で甚大な被害を受けた白石城が、修復を終えて、見事に復活いたしました!
b0145843_20184755.jpg
当時は壁が割れて、修復できるかどうか分からないくらいだったそうです。
その白石城を、なんと公開前に見学させていただきました。
b0145843_0572867.jpg
本当にきれいなお城ですよ。
b0145843_058528.jpg
片倉小十郎気分で天守に登ることができます。
b0145843_0584687.jpg
案内してくださった大宮さん、ありがとうございました。

みなさんも機会があれば是非でかけてみてくださいね!

   白石城HPは→こちら

それでは、いよいよ山形へ!


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers        梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2012-10-11 01:08 | 戦国散歩 | Comments(0)
2012年 10月 10日
合同展「和」開催迫る!
b0145843_14111.jpg
備前焼の窯元「天牛舎」さん主催の合同展に参加します!

日時は、2012年10月21日(日)~28日(日)
         11時~19時(最終日は16時まで)


正子公也は絵の展示の他、グッズの販売も行います。
定番の戦国グッズから、入手困難な中国版の画集なども限定販売予定。
昔のグッズの在庫など、掘り出し物も販売するかもしれません。

場所は、中央線立川駅から歩いてすぐのなみき画廊さん。
とても素敵な画廊です!
入場は無料ですので、気軽に覗いてみてください。


今回の合同展には、正子を含めてさまざまな分野の作家さん6人が参加します。
作品の展示、販売のほか、ワークショプなどもあり。

皆さん、是非いらしてくださいね!



b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2012-10-10 01:42 | イベント・グッズ | Comments(0)
2012年 10月 09日
★戦国MEIKA
b0145843_21194286.jpg
山形出陣の前に、お楽しみ「戦国MEIKA」です。
まぁ、つまりsuiko108のおやつなんですが……。

今日は仙台に行ったら必ず目にする超メジャー菓子。
宮城のゆるキャラ「むすび丸」のスウィートクッキーです。
かわいいですね!
b0145843_21203144.jpg
ク ッキーにもちゃんとイラストが描かれています。
b0145843_2121344.jpg

むすび丸の肩書は、
「仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会事務局宮城県観光PR担当係長」
というらしいです……長いです。
前立ては伊達政宗として、顔はやはり、ササニシキで出来ているんでしょうか……。


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers              梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2012-10-09 00:45 | Comments(0)
2012年 10月 08日
「月岡芳年の武者絵 大日本名将鑑 」発売中!
b0145843_2171340.jpg
アスキー・メディアワークスより発売中の「月岡芳年の武者絵 大日本名将鑑 」に正子のインタビュー、「正子公也、芳年を語る」が特別収録されています。

鬼才・月岡芳年の 「武者絵」 だけを集めた無類の傑作集、「月岡芳年の武者絵 武者無類」も同時発売です。
b0145843_21105397.jpg
興味のある方はぜひ書店でご覧ください。

天才・月岡芳年の歴史 「揃絵」 の代表作、『大日本名将鑑』。明治時代に大ヒットしたその武者絵シリーズ全51点を完全収録。天磐戸の天照大神から徳川家光まで、英雄たちが彩る歴史を芳年の筆でたどる、絵で見る日本通史の決定版。人物&場面の歴史解説に加え、歴史イラストの第一人者、正子公也氏のインタビューも特別収録! 浮世絵ファンと歴史ファン、どちらも大満足の一冊。
◇見どころ
 力強い線で描かれたイラスト。その大胆な構図と色遣い
 描かれた英雄とその名場面を徹底解説
 現代では考えにくい、50人の意外なラインナップ

(アスキー・メディアワークス 公式ホームページより)

【送料無料】大日本名将鑑 [ 月岡芳年 ]

【送料無料】大日本名将鑑 [ 月岡芳年 ]
価格:1,995円(税込、送料別)






著者: 歴史魂編集部
出版社: アスキー・メディアワークス
サイズ:A4判
ページ数:128p
発行年月:2012年10月





b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers              梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2012-10-08 00:07 | 正子公也の仕事 | Comments(0)
2012年 10月 07日
白石城修復記念・東日本武将隊サミット
b0145843_20184755.jpg
大盛況だった昨日の「鬼小十郎まつり」に続き、本日10月7日(日)
同じ白石城(宮城県白石町)にて「白石城修復記念・東日本武将隊サミット」が行われます。

出演予定武将隊:白石戦國武将隊奥州片倉組、信州上田おもてなし武将隊、佐和山城跡武将隊、山形おきたま【愛】の武将隊

東日本各地の武将隊による観光PRやステージパフォーマンス、お客様との写真撮影などおもてなしイベントが白石城で行われます。大勢の武将隊に会える絶好の機会に、皆様ぜひお越しください!

場所:白石城本丸広場


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers        梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2012-10-07 01:06 | イベント・グッズ | Comments(0)
2012年 10月 06日
★白石「鬼小十郎まつり」
b0145843_1372225.jpg
10月6日は片倉小十郎の居城、白石城にて、「鬼小十郎まつり」が行われます。
東日本大震災で甚大な被害を受けた白石城が修復され、見事に復活を遂げました。
今回、ご縁があり、正子公也グッズも販売されます!
蘇った白石城へぜひ出掛けてみてくださいね。

「鬼小十郎まつり」


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers        梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2012-10-06 01:39 | イベント・グッズ | Comments(0)
2012年 10月 05日
みちのくの旅(4)★伊達武将隊!
b0145843_850773.jpg
仙台城の伊達政宗像前で武将隊に遭遇!まずは支倉常長殿!
b0145843_094869.jpg
ナイスガイです!
b0145843_012428.jpg
そして片倉小十郎殿!
イケメンです!

みなさんとてもフレンドリー。
男前なだけでなく、気さくに写真撮影に応じたり、
撮影スポットなど教えてくれました。
b0145843_0121336.jpg
武将隊の皆さん、ありがとうございました!

シブ好きのsuiko108は茂庭殿と記念撮影したかったのですが、
あいにく時間が……次はぜひ!

雨の中、時間に追われて山形へ移動です。


武将隊のスケジュールなどはこちらで確認できます。

   伊達武将隊HP



b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers        梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2012-10-05 01:35 | 戦国散歩 | Comments(0)
2012年 10月 04日
みちのくの旅(3)★仙台城
b0145843_0192649.jpg
別名「青葉城」伊達政宗青葉山に築いた仙台の象徴です。
b0145843_0192661.jpg
b0145843_0194253.jpg
現在、遺構はほとんど残っていないのですが、たくさんの観光客が訪れています。
おめあては勿論、こちらの伊達政宗銅像!
b0145843_0205212.jpg
b0145843_022292.jpg
堂々たる独眼竜の姿です。

そして、歴女の皆さん、お待たせしました!
春日山に続き、こちらちでも武将隊に遭遇です!
いったい誰に会えたのか……?
写真は明日公開ですよ!


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers        梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2012-10-04 00:24 | 戦国散歩 | Comments(0)
2012年 10月 03日
みちのくの旅(2)
b0145843_252642.jpg
        瑞巌寺
b0145843_26056.jpg
松島湾に面してある広大なお寺は、伊達政宗ゆかりの瑞巌寺です。
平安以来の名刹ですが、戦国時代には衰退していたのを伊達政宗が庇護し、大伽藍を造営しました。
b0145843_263772.jpg
その本堂は現在、10年におよぶ修復中のため見学できませんが、台所である庫裏と大書院、宝物殿が見学できます。
大書院には代々伊達藩藩主の位牌が並んでいます。
非常に大きく、豪華絢爛!

また境内には伊達政宗の正室、愛姫の御霊屋があり、
現在は特別公開されています。
こちらも豪華!
伊達藩お金持ちですね……。
b0145843_272115.jpg
広大な庭には古い石窟も数多くあり、石仏が並んで荘厳な雰囲気に満ちています。
b0145843_274038.jpg

次回は仙台に移動します!



b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers        梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2012-10-03 02:10 | 戦国散歩 | Comments(0)
2012年 10月 02日
みちのくの旅(1)
b0145843_23387.jpg
まずは、日本三景のひとつ、宮城県の「松島」をご紹介します。
(ちなみに、あとのふたつは“天橋立”“宮島”です)
b0145843_242557.jpg
穏やかな湾内に松のしげる小島が200以上点在している風景は、みなさん何かでご覧になったことがあると思います。
東日本大震災では津波に襲われましたが、この島々が被害を抑えてくれたとのことです。
b0145843_25385.jpg
観光遊覧船に乗って、湾内をクルーズすることができます。
b0145843_25488.jpg
美しい風景に目を奪われます。
b0145843_255337.jpg
遊覧船からはカモメにエサをあげることもできます。
たくさんのカモメが高速で走る船を追って、たくましく飛び交うさまは壮観!
b0145843_253993.jpg
取材といいながらカモメと遊んでばかりいたわけではありません。
松島には、あの有名な戦国武将ゆかりの場所があるのです。
次回はそちらをご紹介します!


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers        梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2012-10-02 02:09 | 戦国散歩 | Comments(0)