人気ブログランキング |
<   2010年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2010年 01月 21日
★梁山泊の108人 其之八十五
★中軍を守護する騎兵驍将

中軍、すなわち梁山泊首領たる“及時雨”宋江が率いる本隊です。呂方と郭盛は、宋江個人を守る親衛隊を率いています。紅の呂方と白の郭盛、装いも華麗な二将は、得意の方天画戟を掲げ、戦となれば常に宋江のそばに控えているのです。

b0145843_23285185.jpg










54★地佐星“小温侯”呂方



後漢末の猛将・呂布の人柄に傾倒し、みずからも方天画戟を習う。そのため、あだ名は“小温侯”。「温侯」とは、呂布が受けた爵位である。姓は同じだが、末裔ではない。赤装束に身を固め、赤馬に乗る。もとは生薬をあきなう商人だったが、元手をすったため、対影山で強盗になった。“賽仁貴”郭盛とは宿命の好敵手で、連日、一騎討ちを繰り返していたが、なかなか勝負かつかなかった。それをたまたま通りかかった宋江、花栄に仲裁され、二人で梁山泊へ同行した。性格は郭盛よりやや熱い。



「絵巻水滸伝」(第二部)連載中! キノトロープ/絵巻水滸伝

by suiko108blog | 2010-01-21 01:14 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(0)
2010年 01月 20日
★「日本戦国絵巻パスケース」販売情報
b0145843_0284742.jpg
さまざまなICカードに対応する便利な「日本戦国絵巻パスケース」が、東京駅内「東京駅一番街」にて販売中との情報をいただきました。
(写真提供:うさぎ番長さま)

「東京駅一番街」


こちらのシェリーさんのHPでも購入が可能のようです。詳しくはお問い合わせください。
※株式会社シェリーさんのホームページ
※シェリーさんのオンラインショップ(こちらはセット販売のようです)

by suiko108blog | 2010-01-20 00:29 | イベント・グッズ | Comments(0)
2010年 01月 19日
★『蜂須賀小六』発売!
b0145843_22312741.jpg
正子公也が表紙を描いた、戸部新十郎氏著『蜂須賀小六(はちすか ころく)』上・下が学陽書房より発売になりました。興味のある方はぜひ書店でご覧ください。


戦陣にはためく「卍」の旗!

父と子!二人の小六の
堂々たる生き様!
(下巻オビより)


二代目「小六」蜂須賀家政は、秀吉の立身出世を支え続ける寡黙で偉大な父「小六」正勝の背中から多くを学び、竹中半兵衛、黒田官兵衛らとの出会いを得て大きく成長していく。そんな折、毛利攻略中の秀吉軍に本能寺の変報が届くのであった…。地に山に海にと秀吉軍の先陣に「卍」の旗をはためかせた二人の小六の闘いをとおして戦国を駆け抜けた男達の凛々しき生きざまを描いた傑作長編小説。

  蜂須賀小六(下)
著者: 戸部新十郎
出版社: 学陽書房
サイズ:文庫
ページ数:608p
発行年月:2010年1月中旬

by suiko108blog | 2010-01-19 01:11 | 正子公也の仕事 | Comments(0)
2010年 01月 18日
★『蜂須賀小六』発売!
b0145843_22293688.jpg
正子公也が表紙を描いた、戸部新十郎氏著『蜂須賀小六(はちすか ころく)』上・下が学陽書房より発売になりました。興味のある方はぜひ書店でご覧ください。明日は下巻をご紹介いたします。


己が信じた者のために!

秀吉の天下統一と
仁義に生きた剛将!
(上巻オビより)


秀吉の天下統一を支え、知恵と度胸をもって縦横無尽の働きをした蜂須賀正勝、家政親子の活躍を描いた長編小説。
独立勢力「蜂須賀党」頭領小六のもとに、かつて自分の屋敷に住んでいた、猿というあだ名であった男が「織田信長配下、木下藤吉郎」と名乗り、訪ねてくる…。藤吉郎(秀吉)の魅力と活力に魅入られた小六は、「この男のために」と卍紋を染め抜いた黒い陣羽織で颯爽と、戦国荒野に挑みはじめる。

  蜂須賀小六(上)
著者: 戸部新十郎
出版社: 学陽書房
サイズ:文庫
ページ数:648p
発行年月:2010年1月中旬

by suiko108blog | 2010-01-18 01:27 | 正子公也の仕事 | Comments(0)
2010年 01月 17日
★聞煥章先生の必勝学業成就札★
b0145843_191429.jpg
 敵を知り己れを知れば、百戦危うからず。
最後まで諦めず、落ち着いて行うことが肝要です。



受験生のみなさん、体調を整えてがんばってくださいね!


by suiko108blog | 2010-01-17 01:12 | Comments(0)
2010年 01月 16日
★梁山泊の108人 其之八十四
★情報の探知を統べる頭領


梁山泊の行うすべての活動、戦争に欠かせない重要な部署です。情報の探知、伝達、敵地に潜入しての隠密行動などを行う彼らは、まさに梁山泊の「特殊部隊」と言えるでしょう。
彼らの下には、斥候兵や、柴進直属の“鶏狗”らが属します。また、呉用の“飛奴”こと白鴿たちも彼らの仕事を助けます。

b0145843_23488.jpg










106★地耗星“白日鼠”白勝



あだ名の“白日鼠”とは、「白昼の鼠」の意味。「昼日中からちょろちょろしている鼠」である。もとは東渓村の遊び人だが、呉用には目をかけられていた。そのため十万貫の生辰綱強奪に加担するが、他のメンバーは、晁蓋、呉用、公孫勝、劉唐、阮氏三雄と錚々たる顔ぶれである。彼らは北斗七星に応じて集まったとされるが、唯一の地サツ星である白勝は、さしずめ七星の脇の輔星のごとくである。とはいえ、智取生辰綱の現場となった黄泥岡では、恋人の阿姜とともに酒売り夫婦に変装し、“青面獣”楊志を騙して巧みに痺れ薬入りの酒を飲ませた。
その後、阿姜をふいに失うが、その遺児である杓児が梁山泊にやって来る。



「絵巻水滸伝」(第二部)連載中! キノトロープ/絵巻水滸伝

by suiko108blog | 2010-01-16 15:22 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(0)
2010年 01月 15日
『絵巻水滸伝/外伝「小鶯子」』公開中!
b0145843_23442279.jpg

“孟州典獄の若様には、人に見えないものが見える──。”
悠々自適の毎日を送る、“金目の若様”のもとに持ち込まれた不思議な事件とは?

『絵巻水滸伝/外伝「小鶯子」』、ただいま公開中です。


「第82回 陳橋之変・前篇」は2月15日の更新を予定しています。
どうぞ楽しみにお待ちください!


『絵巻水滸伝/外伝「小鶯子」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝

by suiko108blog | 2010-01-15 22:12 | 絵巻水滸伝 | Comments(0)
2010年 01月 14日
★梁山泊の108人 其之八十三
★情報の探知を統べる頭領


梁山泊の行うすべての活動、戦争に欠かせない重要な部署です。情報の探知、伝達、敵地に潜入しての隠密行動などを行う彼らは、まさに梁山泊の「特殊部隊」と言えるでしょう。
彼らの下には、斥候兵や、柴進直属の“鶏狗”らが属します。また、呉用の“飛奴”こと白鴿たちも彼らの仕事を助けます。

b0145843_232461.jpg










108★地狗星“金毛犬”段景住



西域の回回の男。髪が赤く、ひげが黄色いため、“金毛犬”とあだ名される。夢に見た天馬に導かれて世界をさまよい、金国の王子から純白の名馬、“照夜玉獅子”を盗み出した。しかし、その馬を曽家に奪われてしまい、梁山泊に助けを求めた。
騎馬民の出身ゆえに馬の扱いに長けており、歌で馬を操るという特技がある。馬と心を通わせることができるため、入山後も馬の買いつけや世話など、馬に関する仕事をこなす。また各地の風俗や薬石などにも通じているなど、どこか神秘的な人物である。武松の兄の武大とは、互いを唯一の友とする仲だった。



「絵巻水滸伝」(第二部)連載中! キノトロープ/絵巻水滸伝

by suiko108blog | 2010-01-14 01:16 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(0)
2010年 01月 13日
★梁山泊の108人 其之八十二
★情報の探知を統べる頭領


梁山泊の行うすべての活動、戦争に欠かせない重要な部署です。情報の探知、伝達、敵地に潜入しての隠密行動などを行う彼らは、まさに梁山泊の「特殊部隊」と言えるでしょう。
彼らの下には、斥候兵や、柴進直属の“鶏狗”らが属します。また、呉用の“飛奴”こと白鴿たちも彼らの仕事を助けます。

b0145843_22564645.jpg










107★地賊星“鼓上蚤”時遷



生まれついてのこそ泥で、「軒を飛び、壁を走る」という忍びの名人。あだ名の“鼓上蚤”──「太鼓の上の蚤」とは、その身軽なことを表している。かつては “宋国三大こそ泥”にも数えられた達人であり、この世に盗めないものはないと自負していた。数々の好漢との交誼のすえ、ついに梁山泊に身を投じる心を決めた時遷だったが、途中の祝家荘で刻を告げる鶏を盗み出し、祝家荘戦を引き起こしてしまう。しかし、後に梁山泊が“双鞭”呼延灼率いる連環馬に攻められた時は、鈎鎌鎗法の伝承者である“金鎗手”徐寧が厳重に保管していた家宝の鎧を見事に盗み出して、梁山泊の危機を救った。
一見、楽天的な三枚目だが、臨機応変の機転がきき、どんな任務でも失敗するということがない。金銀の匂いをかぎつける小鼠の“ネズ公”が、時遷のよき相棒である。



「絵巻水滸伝」(第二部)連載中! キノトロープ/絵巻水滸伝

by suiko108blog | 2010-01-13 02:22 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(0)
2010年 01月 12日
『絵巻水滸伝/第81回「回天・後篇」』公開中!
b0145843_1291132.jpg
 「梁山泊の仲間が呼んでいる!」

 東京開封──。帰順した宋江たちを待ち受ける、梁山泊抹殺の謀略。それは、閲兵式を名目に、頭領のみを城内に引き入れ、彼らから武器を奪い皆殺しにするという、禁軍大尉・高求らの陰謀であった。
 刻一刻と運命の時が迫る。

 “回天”──それは、あたらしい世界の始まり。
 扉の向こうにあるものは、輝ける未来か、或いは悲劇の幕開けか。
 大宋国の都に花吹雪が舞い、砲声が轟く。

「梁山泊、入城!!」


※文中の「高求」は、正しくは「高【人偏+求】」です。中

1月の更新は、外伝「小鶯子」を掲載します。
「第82回 陳橋之変・前篇」は2月15日の更新を予定しています。
どうぞ楽しみにお待ちください。



『絵巻水滸伝/第81回「回天・後篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝

by suiko108blog | 2010-01-12 01:39 | 絵巻水滸伝 | Comments(2)