人気ブログランキング |
<   2009年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2009年 03月 21日
★梁山泊の108人 其之十八
「絵巻水滸伝」第二部は、108人の好漢が梁山泊に集結した数年後から始まりますが、みなさんちゃんと108人全員のことを覚えているでしょうか?
何人か忘れてしまった人も、もちろん全員、宿星とあだ名まで覚えている、という人も、もう一度復習してみましょう。
席次順ではなく、集結後に定められた梁山泊での役割順に紹介します。
あの好漢は、梁山泊でどんな仕事をしているのでしょう?

b0145843_1591048.jpg


★騎兵小彪将兼斥候

38★地サツ星“鎮三山”黄信
(ちさつせい ちんさんざん こうしん)


もとは青州の兵馬都監(州軍の指揮官)。喪門剣の使い手で、青州管内にある三山の賊を武勇で威圧すると豪語していた。そのため、あだ名は“鎮三山”。青州三山とは、すなわち燕順率いる清風山、魯智深、武松らの二竜山、李忠と周通の桃花山のこと。この清風山と賊の通じたとして、“及時雨”宋江および同僚の“小李広”花栄を捕らえるが、護送途中を燕順らに襲撃され、清風塞へ逃れて防備を固めた。間もなく上官の“霹靂火”秦明が援軍に来るが、これも花栄らに敗れ投降してしまう。やがて黄信は秦明とともに官を捨て、梁山泊の一員となった。“霹靂火”秦明の弟子であり、義弟。

by suiko108blog | 2009-03-21 02:01 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(0)
2009年 03月 20日
諸葛亮フィギュア
b0145843_095775.jpg
こちらの諸葛亮フィギュアの彩色バージョンは、世界に二つしかない貴重な品です。しかも、竜の造形と彩色はなんとゴジラやキングギドラの造形などで有名な茨木彰さんによる手塗り!生き生きとした竜の迫力と、孔明の神秘的な雰囲気が漂う逸品となりました。
b0145843_0122023.jpg
現在、ブロンズ風仕上げの商品化を検討中。

お問い合わせはこちら★M─ARTS

by suiko108blog | 2009-03-20 00:15 | イベント・グッズ | Comments(0)
2009年 03月 19日
「大三国志展」終了!
b0145843_01137.jpg
2008年5月、八王子の東京富士美術館から始まった「大三国志展」が、全国7会場を巡回し、2009年3月15日、群馬前橋会場にて閉幕いたしました。累計入場者は100万人を突破とのこと、ご来場いただきました皆様、ありがとうごさいました。
「大三国志展」は今後、本家中国に渡り、上海、北京、成都など五都市を巡回する予定になっています。続報を楽しみにお待ちください。 (画像は「上海展」ポスター)

by suiko108blog | 2009-03-19 00:03 | イベント・グッズ | Comments(0)
2009年 03月 18日
ブックデザイン ミルキィ流
b0145843_22295429.jpg












ブックデザイン ミルキィ流

ミルキィ・イソベ (著)






昨日に続いて、「絵巻水滸伝」全十巻や「百花三国志」(魁星出版刊)ほか、正子の本すべてのブックデザインを手掛けてくださっているミルキィ・イソベさんの本をご紹介いたします。
こちらでも、『無極ー正子公也デザイン画集』(「キネマ旬報社刊)を、4ページにわたって取り上げていただいています。

どのような思考のプロセスによって、デザインするのか?
紙選び、特殊加工、インキの秘密、本の立ち姿、角背か丸背か、読ませる本文組み、編集者とのやりとり……デザイナーだけでなく、本づくりにかかわるすべての人に!

単行本(ソフトカバー): 288ページ
出版社: 毎日コミュニケーションズ
本体価格 ¥ 3,990
発売日: 2008/5/21
商品の寸法: 23.4 x 18.4 x 2.4 cm

    ブックデザインミルキィ流

by suiko108blog | 2009-03-18 02:35 | Comments(0)
2009年 03月 17日
造本解剖図鑑
b0145843_22463753.jpg








造本解剖図鑑―紙から読み解く本づくりの極意

ミルキィ・イソベ (監修)





「絵巻水滸伝」全十巻や「百花三国志」(魁星出版刊)ほか、正子の本すべてのブックデザインを手掛けてくださっているミルキィ・イソベさんの本です。実用書ではありますが、一般の方が読んでも、とても楽しい本です。この中で『無極ー正子公也デザイン画集』(「キネマ旬報社刊)も取り上げていただいています。

出版社/著者からの内容紹介
表紙、帯、見返し、本文用紙・・・。本を構成する「紙」に注目し、その選び方や扱いを、実例を見ながら学べる実用書。
数多くの書籍を手がけるグラフィックデザイナーのミルキィ・イソベ氏が、紙の特徴、印刷や加工との組み合わせ、イメージの表現方法、効果的な使い方など、ブックデザインのための必須知識を惜しみなく披露しました。
実践的な知識をわかりやすく学べる一冊です。

豪華綴じ込み・紙見本付き。
本書に登場した紙の実物がご覧いただけます。

単行本(ソフトカバー): 192ページ
出版社: ワークスコーポレーション (2008/11/5)
本体価格2,800円 (税込 2,940 円)
発売日: 2008/11/5
商品の寸法: 21 x 14.8 x 1.6 cm

    造本解剖図鑑

by suiko108blog | 2009-03-17 02:46 | Comments(0)
2009年 03月 16日
★水滸伝映像作品紹介
b0145843_23482296.jpg
映画「杭州城決戦」(原題「蕩寇志」)(香港)


1973年に香港で製作された水滸伝映画。監督は張轍。主演は香港の二枚目スター、デビット・チャンで燕青を演じている。そのほか、ティ・ロン(武松)や、ダニー・リー(張順)丹波哲郎(廬俊義)など。カメオ出演の好漢も多く、香港明星総登場の感がある。
原題は「蕩寇志」だが、梁山泊が官軍の討伐を受けるという内容ではなく、方臘戦終盤の杭州攻めの映画化である。流血には定評のある張徹監督だが、この映画でも意外な人が意外なところで死んでしまう。
最近、待望のDVD化が実現した。

水滸伝 杭州城決戦

by suiko108blog | 2009-03-16 01:43 | Comments(2)
2009年 03月 15日
★大三国志展・前橋、閉幕!
b0145843_2455610.jpg
日本各地で大好評をいただきました「大三国志展」もいよいよ本日閉幕となります。
ご来場いただきました皆様、どうもありがとうございました!

グリーンドーム前橋サブイベントエリア
〒371-0035
群馬県前橋市岩上町1-2-1
「大三国志展」群馬展

主催 上毛新聞社、「大三国志展」群馬展実行委員会

入場料:一般1100円(前売り900 円)、大高生800 円(前売り700 円)、中小生500 円(前売り400 円)消費税込
※20名以上の団体は前売り料金

お問い合わせ先:上毛新聞社事業局 TEL.027-254-9955
上毛新聞社HP・大三国志展情報 

by suiko108blog | 2009-03-15 00:39 | イベント・グッズ | Comments(0)
2009年 03月 14日
★「絵巻水滸伝」官軍名鑑・十節度使編(八)
「絵巻水滸伝・第2部」には、梁山泊の好漢たちのほかにも大勢の人物が登場します。その中から、討伐軍の中核をなす十節度使をご紹介しましょう。

b0145843_273089.jpg






“飛天虎”張開

中山安平節度使。もとは“羽の生えた虎”と呼ばれた盗賊。槍の名手で、武芸は十節度使の中でも抜きん出ている。あだ名の意味は、その武勇のためと思われているが、実はそれだけではない。節度使の中でも、やや孤立した存在である。

by suiko108blog | 2009-03-14 02:08 | 絵巻水滸伝人物名鑑【官軍】 | Comments(0)
2009年 03月 13日
『絵巻水滸伝/第77回「業火・中篇」』本日公開!
b0145843_0552173.jpg
「──南冥へ!!」
済州から、五丈河から、あと一歩のところで童貫をのがした梁山泊騎兵部隊は、一路、南冥へと急ぐ。
梁山泊にとっての凶報は、それだけではなかった。
突如として、五丈河畔に現れた官軍最強の水軍・金陵船団。総大将は殿帥府太尉・高求──梁山泊とは因縁浅からぬ人物である。
指揮するは金陵水軍統制官・劉夢竜──かつて梁山泊との戦いで散った劉夢驥の実兄にして、“河伯”──水の神の異名を持つ男である。

ついにその姿を見せる、金陵水軍の秘密兵器“海鰍船”。
そして、済州城に消えた宋江の行方は──絶体絶命、梁山泊の運命やいかに!

※文中の「高求」は、正しくは「イ+求」です。

『絵巻水滸伝/第77回「業火・中篇」』本日公開! キノトロープ/絵巻水滸伝

by suiko108blog | 2009-03-13 10:57 | 絵巻水滸伝 | Comments(4)
2009年 03月 12日
★大三国志展・前橋、閉幕迫る!
b0145843_2455610.jpg
日本での最後の開催地となる前橋会場も閉幕の日が迫ってきました。いよいよ今週末、15日までの開催です。
展示室入口では、映画「レッドクリフ」に登場する、周瑜の指揮棒も展示中!
また、最終日まで開館時間が19時30分閉館(19時受付終了)と延長されています。
最後のチャンス、近県の方はぜひお出かけ下さい。
※「水滸伝」にもちょっと関わりのある蘇軾の「前後赤壁賦」も、こちらの前橋会場のみで展示されています。


2009年2月11日(水・祝)〜3月15日(日)
開館時間  10:00 〜19時30分(19時受付終了)

グリーンドーム前橋サブイベントエリア
〒371-0035
群馬県前橋市岩上町1-2-1
「大三国志展」群馬展

主催 上毛新聞社、「大三国志展」群馬展実行委員会

入場料:一般1100円(前売り900 円)、大高生800 円(前売り700 円)、中小生500 円(前売り400 円)消費税込
※20名以上の団体は前売り料金
※前売り券はグリーンドーム前橋ほかで好評発売中

お問い合わせ先:上毛新聞社事業局 TEL.027-254-9955
上毛新聞社HP・大三国志展情報 

by suiko108blog | 2009-03-12 01:12 | イベント・グッズ | Comments(0)