人気ブログランキング |
<   2008年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2008年 10月 11日
★『絵巻水滸伝』WEB版予告編・76★
絵巻水滸伝第二部、好評連載中!
WEB版の予告編で、第一部を振り返ってみましょう。
この予告編はWEB上のみに掲載され、順次、消えていったため、見たことのない方も多いのではないでしょうか。
数々の名文に彩られた“幻の予告編”、どうぞお楽しみください。
※各回の回数については、単行本化にあたって再編成をしているため、WEB版と実際の回数には違いがあります。(WEB版の第七十六回は、魁星出版絵巻水滸伝(第10巻)収録第六十六回前半に相当します)


『絵巻水滸伝・七十六回 元宵・前篇』
b0145843_1543414.jpg
“関菩薩”、恐るべし!
天啓なる豪雪と、呉用の智慧で、辛うじて危機を脱した梁山泊に、関勝の次なる“大刀”が振り下ろされる。その驚くべき秘計とは──。

さらに、戦いの地は梁山泊だけではない。元宵節の北京に、続々と潜入する“梁山”の面々。暗躍する“北の丐幇”と“鶏狗”たち。
──元宵の夜に、何かが起こる!


by suiko108blog | 2008-10-11 01:56 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2008年 10月 10日
水滸伝お土産シリーズ
b0145843_1565555.jpg
京劇の隈取をモチーフにした、金属製のしおりです。
(小さいため、写真が見にくくてごめんなさい!)
人物名など説明書きはないのですが、
鉢金やひげ、数珠などから「魯智深」ということにしています。
もしかしたら「沙悟浄」かも…?
でも、沙悟浄は「黒い顔」ですから、きっと花和尚でしょう!

by suiko108blog | 2008-10-10 01:57 | Comments(2)
2008年 10月 09日
★『絵巻水滸伝』WEB版予告編・75★
絵巻水滸伝第二部、好評連載中!
WEB版の予告編で、第一部を振り返ってみましょう。
この予告編はWEB上のみに掲載され、順次、消えていったため、見たことのない方も多いのではないでしょうか。
数々の名文に彩られた“幻の予告編”、どうぞお楽しみください。
※各回の回数については、単行本化にあたって再編成をしているため、WEB版と実際の回数には違いがあります。(WEB版の第七十五回は、魁星出版絵巻水滸伝(第9巻)収録第六十五回後半に相当します)


『絵巻水滸伝・七十五回 攻防・後篇』
b0145843_415497.jpg
泥の海「北冥鯤湖」と燃えない森「南冥鵬森」──梁山泊が誇る、天然の要害である。突如、北冥に現れた“黒い兵団”、そして南冥を襲う“赤い兵団”。
陰陽五行に云う、「南の朱雀」は火の化身にして変幻自在、「北の黒龍(玄武)」は水の化身にして縦横無尽。これすなわち、「凌州に二人の奇将あり。黒を“聖水将軍”単廷珪、紅を“神火将軍”魏定国。黒は河伯──水神の裔、水に通じ、紅は祝融──火神の裔、火を操る」
火の神と水の神を迎えうつ二つの頭脳、“智多星”呉用と“神機軍師”朱武。

神秘なる謎に包まれた武神、“大刀”関勝が、ついに今、漸くその全貌を現すのだ。
「おお──関菩薩!」


by suiko108blog | 2008-10-09 04:16 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2008年 10月 08日
「劇薬の日本史Vol.2」発売!
b0145843_2135861.jpg
正子公也が描く「宮本武蔵」表紙の「歴史ミステリー劇薬の日本史Vol.2」が、笠倉出版社より発売になりました。興味のある方はぜひ書店でご覧ください。

「あなたが教科書で学んだ歴史は本当に真実なのか? (SAKURA・MOOK 91 謎ロマンシリーズ) (大型本) 」待望の第二弾!

   劇薬の日本史(vol.2)
価格:¥ 559 (税込)
大型本: 66ページ
出版社: 笠倉出版社

by suiko108blog | 2008-10-08 02:17 | 正子公也の仕事 | Comments(0)
2008年 10月 07日
月刊「潮」2008年11月号
b0145843_0433327.jpg
横山光輝先生の「三国志」「水滸伝」で知られる潮出版社の月刊誌「潮」2008年11月号に、正子公也が日中友好をテーマに、1000字程度の短いエッセイを寄せています。
興味のある方はぜひ書店でご覧ください。

月刊「潮」

by suiko108blog | 2008-10-07 01:04 | Comments(0)
2008年 10月 06日
水滸伝お土産シリーズ
大好評(?)の水滸伝グッズ紹介、今日はこちら。
b0145843_3453596.jpg
北京の新華書店で購入した、水滸伝のカードセットです。七枚組で、絵柄は電視台ドラマの人物デザインで有名な戴敦邦氏です。
絵柄は人物デザイン画と、宋江が潯陽楼に詩を書くシーンなどです。クレジットカードのような厚手のプラスチック製で、裏には作品の説明などが書かれています。なにかに使うといえより、コレクションアイテムのようですね。

by suiko108blog | 2008-10-06 03:46 | Comments(2)
2008年 10月 05日
「大三国志展」IN神戸、閉幕!
b0145843_2455610.jpg
好評を博しました神戸での「大三国志展」も、いよいよ本日5日(日)をもちまして閉幕となります。
ご来場の皆様、ありがとうございました。まだの方は、最後のチャンス、急いでおでかけくださいませ。
「大三国志展」は、このあと福岡にて10月17日(金)〜11月16日(日)の1ケ月間開催されます。


2008年9月5日(金)〜10月5日(日)
★関西国際文化センター
主催神戸新聞社
「大三国志展」関西展実行委員会

10月17日(金)〜11月16日(日)
★福岡アジア美術館
〒812-0027 福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/
主催 西日本新聞社 RKB毎日放送
    「大三国志展」九州展実行委員会

入場料:大人1000(800)円、大高生700(500)円、中小生300(200)円
※( )内は20名以上の団体、シルバー、身体障害者、前売料金
※前売券はローソンチケット【Lコード86100】、電子チケットぴあ【Pコード986-239】等で販売

お問い合わせ:「大三国志展」事務局
         <会期前>TEL. 042-691-4825
         <会期中>TEL. 092-263-1100(福岡アジア美術館)

by suiko108blog | 2008-10-05 01:52 | イベント・グッズ | Comments(0)
2008年 10月 04日
★『“宋江三十六人賛”之二十一』
b0145843_029399.jpg
北宋時代、梁山泊に集まった好漢たちの物語は、はじめから今の「水滸伝」の形をとっていたわけではありません。
『宋江三十六人賛』は、『水滸伝』の誕生に先駆けて、南宋時代(1127〜1279)に書かれた宋江ら三十六人の仲間を讃える文章です。もともとは画がついた“画賛”でしたが、画は散逸して、今では文章だけが残っています。
古文なので訳すのは大変に難しいのですが、一人ずつ紹介していきましょう。南宋時代の梁山泊にはどんなメンバーがいたのか、そして、彼らはどのような人物としてイメージされていたのでしょう。
※訳文はあくまで素人の推測・想像です。多少とも合っているのかどうか、まったく分かりません。識者のご教示をお待ちしています!



小旋風柴進

  風有大小(風に有り大小)
  黒悪則惧(黒悪則ち惧る)
  一【口意】之徴(一【口意】之徴)
  香満太虚(香満す太虚)
   ※【口意】は一文字で、「ああ」と嘆く意

「風に大小有り、黒悪を則ち惧る、一【口意】の徴、香は太虚に満つ」

水滸伝では第十位の好漢である、貴公子“小旋風”柴進がようやく登場です。あだ名は同じ“小旋風”、ですが、このあだ名の意味は水滸伝にも説明がなく、由来が「謎」とされています。
“宋江三十六人賛”では“黒旋風”李逵のすぐ後に登場し、あだ名も“黒旋風”と“小旋風”……水滸伝でも李逵が柴進の屋敷に寄宿したり、一緒に高唐州に出掛けたりと、対照的な人物のわりには縁のある二人ですが……。二人の過去に一体なにが?

文章の意味をSUIKO108的に超解釈(?)してみると、

「風には大と小があり、恐ろしいのには黒いのと悪いのがいる。つまり“黒旋風”李逵と“小旋風”柴進だ。「ああ!」と叫ぶ誰かの悲鳴が聞こえれば、たちまち魂はあの世に吹っ飛び、弔いの線香の煙が天地に満ちる」

想像をたくましくすると、こんな感じでしょうか。柴進様、もとは李逵とコンビを組んで悪行三昧……世間では“小李逵”のように恐れられていたことになってしまいます。まるで李逵と鮑旭のようですね。
それが、たまたま姓が後周世宗と同じ「柴」だったため、大出世を遂げたのかもしれません。だとしたら……柴進のために、ちょっと内緒にしておきたい話ですね。

by suiko108blog | 2008-10-04 00:33 | Suiko108 クロニクル | Comments(0)
2008年 10月 03日
『絵巻水滸伝』セリフ選30)
b0145843_2403227.jpg
「人の子を殺し、自分の子は愛せよと仰るのか」

絵巻水滸伝(第6巻)第四十七回 黒旋風より、"美髯公"朱仝〜森下翠 撰

by suiko108blog | 2008-10-03 02:41 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2008年 10月 02日
『絵巻水滸伝』セリフ選29)
b0145843_0414812.jpg
「見よ、この威力!! 聞け、この音を!! 私は“轟天雷”!! やましい事など何もない!!」

絵巻水滸伝(7)第五十二回 青州の賊より、“轟天雷”凌振〜正子公也 撰

by suiko108blog | 2008-10-02 00:44 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)