人気ブログランキング |
<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2008年 07月 11日
★『伊達政宗』ジグソーパズル発売!
b0145843_331549.jpg
『軍神 上杉謙信』『覇王 織田信長』に続く、戦国絵巻シリーズ第三弾!
株式会社ビバリーさんより、待望の『独眼竜 伊達政宗』ジグゾーパズルが発売となりました。
絵柄の馬上の政宗は、新作書き下ろしです。

 【25%OFF】 2000スモールピース 人物/伊達政宗「独眼竜 伊達政宗」

●2000スモールピース ●49×72cm
完成サイズは1000ピースと同じです。1000ピースのスペースで2000ピースが楽しめます
ピースのサイズが小さいため、難易度が高くなっております。
6色繊細印刷「ヘキサクローム印刷」による色鮮やかなジクゾーパズルです。

株式会社 ビバリー

by suiko108blog | 2008-07-11 03:33 | イベント・グッズ | Comments(0)
2008年 07月 10日
★神戸・三国志祭に参加します!
お待たせ致しました!
今月7月27日(日)に神戸で行われます「三国志祭」にて、正子公也サイン会が行われることになりました。

サイン会の場所は
神戸市長田区 新長田駅近く 「三国志コレクション」 アスタくにづか2番館1F会場
時間は午後2時〜です。

関西方面では初めてのサイン会です。
書籍購入などの条件はありません。会場に来ていただければ大丈夫。
もちろん、書籍を持参していただければ、そちらにサインいたします。
正子公也からの全員プレゼントもあります。書籍をお持ちでない方は、こちらにサインいたします。
関西方面の皆さん、どうぞふるってご参加下さいね。

前回のサイン会でのプレゼントはこちら

(書籍販売や、三国志フィギュア、ジクレー版画の展示なども行う予定です)

「三国志祭」は、横山光輝三国志をモチーフにした大燈篭のパレードや、さまざまな三国志の催しが行われる楽しいお祭りです。
詳しくはこちらのHPをご覧下さい

★「三国志祭」公式HP

★「英傑群像」さんHP

by suiko108blog | 2008-07-10 01:02 | イベント・グッズ | Comments(0)
2008年 07月 09日
★中国土産・水滸伝篇
b0145843_211717.jpg
中国中央電子台制作の名作ドラマ『水滸傳』をご覧になった方も多いでしょう。
これはそのドラマの印象的な主題歌、「好漢歌」を歌っている、“歌壇大哥大”(歌謡界のアニキ)こと劉歓さんのCDです。もちろん名曲「好漢歌」も収録されています。
「好漢歌」は歌えば元気が出ることうけあいの、実に水滸伝らしい一曲です。中華歌曲が入っているカラオケにも大抵はありますので、ぜひ覚えて歌ってみてくださいね。
(この写真の劉歓さん、ちょっと絵巻の楊林に似ていませんか……それとも魯智深?)

by suiko108blog | 2008-07-09 02:12 | Comments(0)
2008年 07月 08日
歴史群像新書「異戦 信長記1」
b0145843_1543545.jpg
正子公也が表紙を担当した中里融司氏著『異戦信長記』の第二巻が、学習研究社より発売になりました。

朝倉・浅井同盟、上杉・武田同盟という強大な相手に、劣勢に追い込まれた信長と、家臣随一の地位に引き上げられた秀吉が、本願寺という爆弾と手を結び、東西の強豪大名連合と対決し、混迷の中を戦い抜く仮想戦国軍記。新シリーズ完結編!

           異戦信長記(2)

by suiko108blog | 2008-07-08 01:55 | 正子公也の仕事 | Comments(0)
2008年 07月 07日
★『絵巻水滸伝』WEB版予告編・70★
『絵巻水滸伝』第二部がついに再開いたしました。
WEB版の予告編で、第一部を振り返ってみましょう。
この予告編はWEB上のみに掲載され、順次、消えていったため、見たことのない方も多いのではないでしょうか。
数々の名文に彩られた“幻の予告編”、どうぞお楽しみください。
※各回の回数については、単行本化にあたって再編成をしているため、WEB版と実際の回数には違いがあります。(WEB版の第七十回は、魁星出版絵巻水滸伝(第9巻)収録第六十一回に相当します)

『絵巻水滸伝・七十回 混沌の王』
b0145843_148791.jpg
“魔王”再び──。
主なき梁山泊を襲う“混世魔王”樊瑞と、その眷属。
奪われた晁蓋の位牌を追って、梁山泊が動く。向かうは、四人の男──あの少華山の面々だ。
“九紋竜”史進、“跳カン虎”陳達、“白花蛇”楊春、そして“神機軍師”朱武。
「謀略は范蠡に勝り、
 陣法は諸葛の比たるべし」

樊瑞の幻術と、朱武の軍略。
自由とは、力とは──。
戦いの果てに、二人が見たものは……。


by suiko108blog | 2008-07-07 01:48 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2008年 07月 06日
「劇薬の日本史」発売!
b0145843_283686.jpg
正子公也の「細川ガラシャ」が表紙の「歴史ミステリー劇薬の日本史」が笠倉出版社より発売になりました。興味のある方はぜひ書店でご覧ください。

「あなたが教科書で学んだ歴史は本当に真実なのか? (SAKURA・MOOK 72 謎ロマンシリーズ) (大型本) 」

テレビ東京「歴史のミステリー」(毎週火曜日午後8時)という番組で、この本のCMが放映されています。 表紙を飾った「細川ガラシャ」と「斎藤道三」も出演(?)していますよ。

価格:¥ 560 (税込)
大型本: 66ページ
出版社: 笠倉出版社

   劇薬の日本史

by suiko108blog | 2008-07-06 02:09 | 正子公也の仕事 | Comments(0)
2008年 07月 05日
祝!「大三国志展」来場者数20万人!
八王子の東京富士美術館で行われている「大三国志展」の来場者数が、7月1日に20万人を達成したそうです。

『大三国志展』も、いよいよ13日(日)までとなりました。
まだの方は、ぜひお早めに!
土日には入場制限も行われているようですので、可能な方は平日に行かれることをお勧めいたします。また駐車場もたくさんあるのですが、入るのに時間がかかる場合もあるようです。八王子駅からはひんぱんにバスが出ていますので、バスのご利用をお勧めします。

東京富士美術館HP

写真は、6月29日に行われた「三国バトルトーク」に出演されたイケメン俳優のみなさん。
b0145843_0414583.jpg
向かって左から、劉備役の八代真吾さん、孫権役の南圭介さん、曹操役の中野雄一さん。
(写真提供;東京富士美術館)

by suiko108blog | 2008-07-05 00:44 | イベント・グッズ | Comments(0)
2008年 07月 04日
★大三国志展オリジナルグッズ・通販開始
b0145843_3345235.jpg
『大三国志展』のオリジナルグッズとして製作された、正子公也三国志グッズの通信販売が始まりました。

正子公也三国志グッズの紹介
★「大三国志展」特製ポストカード
★「大三国志展」特製クリアファイル
★「大三国志展」特製クリアファイル「呉の旋風(かぜ)」

 現在、扱われているのは

・ポストカード10枚セット  ¥800
・クリアファイル(大)『呂布と貂蝉』  ¥350
・クリアファイル(小)『呉の旋風(かぜ)』  ¥150
・クリアファイル(小)『曹操』  ¥150
・図録(展示作品が掲載されています)  ¥2,000

 詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
★東京富士美術館オンラインショップ

by suiko108blog | 2008-07-04 03:41 | イベント・グッズ | Comments(0)
2008年 07月 03日
★大三国志展イベントレポート
b0145843_333321.jpg
大好評の『大三国志展』ですが、展示のほかに、さまざまなイベントも行われています。
中でも、目玉は三人の若手イケメン俳優による「三国志イケメントーク」。正子公也デザインの華麗な衣装に身に包んだ、曹操、劉備、孫権の三君主をメインに据えたトークイベントです。その全四回行われるイベントの最終回は、三君主が「三国バトルトーク」を行うため一堂に会する豪華版──ということで、わがSUIKO108newsも急遽取材に行ってまいりました。

美術館内の特設会場前には、開場1時間前から長蛇の列。開場とともに熱心なファンと思われる女性陣がより前の席を確保しようと駆けだします。壇上には、まず貂蝉の衣装を身につけた美女司会者(顧佳佳さん)が登場、衣装デザインとして正子公也も紹介され、一言ごあいさつしました。
そして、イメージ映像の放映に続き、いよいよ三君主の登場です。
曹操役の中野雄一さん、孫権役の南圭介さん、劉備役の八代真吾さん。いずれもすらりと長身な美男子でした。彼らに、三国志研究者である創価大学の満田先生を加えて、いよいよ「トークバトル」の開始です。
内容は、魏、呉、蜀それぞれの魅力を、国力や君主、人材など各方面から検証しようというもの。それぞれの国をアピールする三君主の軽妙な会話と、満田先生のツボを抑えた解説で、参加者のみなさんもおおいに楽しまれたようでした。


『大三国志展』も、いよいよ13日(日)までとなりました。
まだの方は、ぜひお早めに!
土日には入場制限も行われているようですので、可能な方は平日に行かれることをお勧めいたします。また駐車場もたくさんあるのですが、入るのに時間がかかる場合もあるようです。八王子駅からはひんぱんにバスが出ていますので、バスのご利用をお勧めします。

東京富士美術館HP

by suiko108blog | 2008-07-03 03:34 | イベント・グッズ | Comments(0)
2008年 07月 02日
★『“宋江三十六人賛”之十七』
b0145843_3255399.jpg

北宋時代、梁山泊に集まった好漢たちの物語は、はじめから今の「水滸伝」の形をとっていたわけではありません。
『宋江三十六人賛』は、『水滸伝』の誕生に先駆けて、南宋時代(1127〜1279)に書かれた宋江ら三十六人の仲間を讃える文章です。もともとは画がついた“画賛”でしたが、画は散逸して、今では文章だけが残っています。
古文なので訳すのは大変に難しいのですが、一人ずつ紹介していきましょう。南宋時代の梁山泊にはどんなメンバーがいたのか、そして、彼らはどのような人物としてイメージされていたのでしょう。
※訳文はあくまで素人の推測・想像です。多少とも合っているのかどうか、まったく分かりません。識者のご教示をお待ちしています!



九紋竜史進

  竜数肖九(竜数は肖九)
  汝有九文(汝は有り九文)
  蓋従東皇(東皇に従い蓋す)
  駕五色雲(駕す五色雲)

「竜の数は九を肖り、汝は九文有り、東皇に従って蓋(おお)い、五色の雲に駕す」

水滸伝では第二十三位の“九紋竜”史進が登場です。あだ名は“九紋竜”で同じです。トレードマークの竜の刺青も、ちゃんと九匹いたようですね。ちょっと漠然として分かりにくい賛なのですが、道教や五行説の匂いを感じます……。
「東皇」は天上の最高神、「東皇太一」とも呼ばれ、東方に祭られます。竜は東方に配される霊獣、そして太一神は天の九宮を巡るそうですが、竜と九の間にはどんな関係が……? 九は陽の極まった数、そして陽は東から訪れるものですが……。
「肖」は「似る」「象る」「あやかる」などの意味がありますが、竜の形が九の字に似ていないこともないような?
 宋代は太一信仰が盛んだったそうなので、きっとなにか謂われがあるのでしょう。

とりあえず、文章の意味をSUIKO108的に超解釈(?)してみると、

「竜といえば数は九、“九紋竜”史進は文字通り九匹の竜を刺青している。まるで五色の雲に乗った東皇様の一番弟子のような勢いで、その名前は世に鳴り響いている」

……うーん。とりあえず、なんだか威勢のいい粋な若者のイメージはありますね。当時の風俗を色濃く反映しているような賛は、解釈が難しいです。詳しい方がいればご教授願います!

by suiko108blog | 2008-07-02 03:36 | Suiko108 クロニクル | Comments(0)