カテゴリ:絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]( 27 )

2018年 11月 02日
絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之二十七・二十八
b0145843_004767.jpg









 第34位 天暴星“両頭蛇”解珍
   (てんぼうせい りょうとうだ かいちん)




b0145843_022255.jpg





 第35位 哭星“双尾蠍”解宝
   (てんこくせい そうびかつ かいほう)





兄の解珍はあだ名を“両頭蛇”──「双頭の蛇」。弟の解宝はあだ名を“双尾蠍”──「両尾の蠍」と言う。ともに人物の危険なことを表している。特に双頭の蛇は中国では不吉とされ、見た者は必ず死ぬと云われている。ただし、この兄弟のうちでは、弟の“双尾蠍”解宝のほうが兄よりも気性が激しく、両腿には飛天夜叉を刺青している。
ともに渾鉄の点鋼叉(磨き上げた鋼のさすまた)と弓の使い手で、腕利きの猟師として登州では名が知られていた。しかし、賞金のかかった獰猛な人喰い虎を仕留めたことが災いし、無実の罪で捕らえられる。その事件が“病尉遅”孫立、“母大虫”顧大嫂をふくめた一族総出の牢破りに発展。祝家荘戦を経て、みなで梁山泊へ落ち延びた。

梁山泊では、およそ戦いの場面に彼らの姿がない時はなかった。勇猛果敢かつ機転が利くという頼りになる好漢で、特に獣を追って山中を駆け回っていたためか、城壁や山道といった難所には欠かせない人材であった。
戦の花形といえば五虎将など騎兵だが、彼らとは一味違った、地味だが堅実な活躍を見せる歩兵軍遊撃部隊を象徴するともいえる男たちであった。
「死ぬ時は、山で死のう」の言葉通り、方臘討伐最大の難関、烏竜嶺にて絶壁に果てた。

伝説の“葛氏禁気嘯”により野獣を呼ぶ技を会得していた彼らは、あるいは自身も獣の一類であろうか。
「暴」とは、動物を両手で抱えて日にさらす姿、「哭」とは犬のけたたましい鳴き声である。
人ならぬ自然の魂が、一時、人間世界に姿を現したのが、彼らであったのかもしれない。
この世界に生きているのは、人間だけではないだぞ──と。


『絵巻水滸伝 第二部 遼国篇』のご予約は、正子公也オフィシャルショップにて。
詳しくはショップサイトをご覧ください。
たくさんのご予約をお待ちしています!

『第二部 招安篇』全5巻も好評発売中です。


絵巻水滸伝第二部書籍と第一部書籍新装版のお求めはこちら!
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。


[PR]

by suiko108blog | 2018-11-02 00:00 | 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版] | Comments(0)
2018年 03月 14日
絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之二十六
b0145843_141390.jpg








 第70位 地満星“玉旛竿”孟康
   (ちまんせい ぎょくはんかん もうこう)

もとは船大工であり、花石綱運搬の船を建造していた。そのため梁山泊でも大小戦船の製造を監督した。
色白で背が高いため、あだ名は“玉旛竿玉幡竿”──「玉の旗竿」。
船大工時代、仕事をせき立てる監督官を郁保四を唆して殺させ、逃亡して飲馬川の盗賊となった。
梁山泊では戦船の建造にあたる一方で、水戦となれば水軍の男たちに混じって出陣していく。船旅の経験も多く、高麗まで旅したこともあるため航海術にも通じていた。その得意とする武術も高麗じこみ。梁山泊には珍しい皮肉屋だった。
方臘戦烏竜嶺攻めにて、壮絶な爆死を遂げる。

彼に弔辞は必要ない。
彼が求めていないからだ。
時が満ち、さだめが満ちて、彼は去った。
ともなう歌は、 皮肉にも挽歌ではく、恋歌である。


b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。


[PR]

by suiko108blog | 2018-03-14 00:00 | 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版] | Comments(4)
2018年 02月 22日
絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之二十五
b0145843_025488.jpg








 第27位 天剣星“立地太歳”阮小二
   (てんけんせい りっちたいさい げんしょうじ)

水軍を率いる三兄弟、“阮氏三雄”の長兄。あだ名を“立地太歳”。“立地”とは「すぐさま」の意味、“太歳”は災いをもたらす星の名前である。すなわち「すぐにやって来る災いの星」の意。石碣村の貧しい漁師の家に生まれた。若い頃は極道者で、“短命二郎”と呼ばれた時代もあったが、父親の死後は漁師をなりわいとし、一家を養った。
寡黙な性格だが、旧知の“智多星”呉用から“托塔天王”晁蓋とともに十万貫の生辰綱を奪う計画をもちかけられ、弟たちと参加。“北斗の党”の一員となり、結果、梁山泊に身を投じることとなった。
梁山泊では水軍の一角をにない、弟たちとともに漁師たちを率いて戦った。方臘討伐の烏竜嶺戦のさい、捕虜となることを潔しとせず、水上にて自刎して果てた。

鋭い刃をもちながら、家族のため、仲間のためにそれを隠した。
地中深くうずもれた太歳のごとく、どんな時も寡黙に責務を背負って生きた。
最後は剣によって果てたのは、天剣星の宿命だろうか。
我々は、真に頼りとなる長兄を失ったのだ。


b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。


[PR]

by suiko108blog | 2018-02-22 00:00 | 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版] | Comments(2)
2017年 08月 24日
絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之二十四
b0145843_23488.jpg








 第106位 地耗星“白日鼠”白勝
   (ちもうせい はくじつそ はくしょう)

あだ名の“白日鼠”とは、「白昼の鼠」の意味。
「昼日中から、ウロチョロしている鼠」である。大胆なのか、暢気なのか。
もとは東渓村の遊び人だが、呉用には目をかけられていた。そのため十万貫の生辰綱強奪に加担するが、他のメンバーは、晁蓋、呉用、公孫勝、劉唐、阮氏三雄と錚々たる顔ぶれである。彼らは北斗七星に応じて集まったとされるが、唯一の地サツ星である白勝は、さしずめ七星の脇の輔星のごとくであった。とはいえ、智取生辰綱の現場となった黄泥岡では、恋人の阿姜とともに酒売り夫婦に変装し、イカサマの技を使って“青面獣”楊志に巧みに痺れ薬入りの酒を飲ませた。
その後、梁山泊に渡り、好漢の一員となる。
阿姜をふいに失うが、その遺児である杓児をかわいがっていた。

特に目立った武勇はないながら、戦では有用な男であった。
あくまでも、平凡な庶民であり、弱さを持った人間であった。
その星は、「消耗」の“耗”。か細く擦り減っていく物である。
家もなく、恋人もなく、知恵も、武勇もない白勝が、その人生を有意義に使ったかどうかには意味はない。
彼は、人として、その時その時を、自分を偽ることなく、せいいっぱい生きた。
いったい誰に、ネズミの一生を笑う資格があるだろうか?


b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。


[PR]

by suiko108blog | 2017-08-24 00:00 | 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版] | Comments(4)
2017年 08月 16日
絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之二十三
b0145843_022066.jpg








 第30位 天損星“浪裏白跳”張順
   (てんそんせい ろうりはくちょう ちょうじゅん)


体が練絹のように白く、泳ぎに長け、七日七晩も水に潜っていることができる。水の申し子であり、あだ名は“浪裏白跳”──「波間の白魚」。“船火児”張横の弟である。
かつては兄の張横とともに闇の渡し船をして荒稼ぎをしていたが、兄より先に足を洗って堅気になり、江州の魚河岸で漁師たちの元締めとなった。
ある時、無理やり魚を奪おうとした“黒旋風”李逵と争った縁で宋江と知り合い、やがて江州勢とともに梁山泊へ合流する。

血気盛んな水軍の中では慎重派で、宋江、呉用の信頼もあつかった。決断力に優れ、知恵も回り、必要とあれば思い切ったことも平然とやってのけた。水戦においても、梁山泊の切り札的な男であった。

しかし、死後にまで、その本領が発揮されることを、誰が想像しただろうか。
水の男、張順は、波間に生まれ、また水に還っていった。
あるいは、水こそ、張順そのものであったのかもしれない。
蒼天のもと、どこまでも広がる水を見る時──人は、そこに張順の姿を見つけるだろう。


b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。


[PR]

by suiko108blog | 2017-08-16 00:00 | 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版] | Comments(3)
2017年 07月 26日
絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之二十二
b0145843_232461.jpg








 第108位 地狗星“金毛犬”段景住
   (ちくせい きんもうけん だんけいじゅう)


西域から来たの回回の男。髪が赤く、ひげが黄色いため、“金毛犬”とあだ名された。
夢に見た天馬に導かれて世界をさまよい、金国の王子から純白の名馬“照夜玉獅子”を盗み出したが、その馬を曽家に奪われてしまい、梁山泊に助けを求めた。
騎馬民の出身ゆえに馬の扱いに長けており、歌で馬を操るという特技がある。馬と心を通わせることができるため、入山後も馬の買いつけや世話など、馬に関する仕事をこなした。
また各地の風俗や薬石にも通じているなど、どこか神秘的な人物だった。

非常に穏やかな人柄で、運命にも従順だった。
忠実な犬のごとく、みずからの宿命に従った。
彼は、国を越え、宗教を越えて、梁山泊の兄弟となった。
その命は天馬に導かれ波間に消えたが、真理を求めるその眼差しは、いまも星のごとく、夜空のどこかで煌めいている。


b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。


[PR]

by suiko108blog | 2017-07-26 00:00 | 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版] | Comments(2)
2017年 06月 29日
絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之二十一
b0145843_23332464.jpg






 第71位 地遂星“通臂猿”侯健
   (ちすいせい つうひえん こうけん)


あだ名の“通臂猿”とは「手長猿」のこと。色黒で動きが敏捷なため、そう呼ばれたのである。先祖は古代、長江流域に生息した樹上民だと云われている。
裁縫の腕にかけては並ぶ者なく、“針を飛ばし、糸を走らす”と云われる名手。また、その針は武器ともなり、投げれば百発百中の腕前であった。
梁山泊では、持ち前の腕を生かして旗や戦袍、鎧甲などの製作に従事し、それらの修繕や管理も担当した。“仕立屋”とも呼ばれるゆえんである。
犬ぎらいであったが、銭塘江にて、“金毛犬”段景住とともに海に沈んだ。

“遂”とは、なし遂げること。道の果てまで、辿り着くことである。
杭州から梁山泊へ、そして杭州銭塘江へと、水に沿って旅した侯健の生涯である。
ついに、水の果て──海に辿りつき、彼の足跡は消えた。


b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。


[PR]

by suiko108blog | 2017-06-29 00:00 | 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版] | Comments(4)
2017年 06月 08日
絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之二十
b0145843_18422396.jpg







 第60位 地暴星“喪門神”鮑旭
   (ちぼうせい そうもんしん ほうぎょく)


闊剣(幅広の剣)を使い、獰猛な顔と性格。むやみに人を殺すため、あだ名を“喪門神”──「死神」と呼ばれて世間に恐れられていた。もとは枯樹山に六七百の手下を集めて強盗をしていたが、“黒旋風”李逵に誘われて梁山泊入り。“死神”のあだ名のゆえか生者より死者と近しいようで、時として死者の声が聞こえると云う。
他の好漢たちとは交わることの少ない鮑旭だが、戦闘ではつねに李逵に従い、その身を守る。“天殺星”李逵と“死神”鮑旭の間には、特別の因縁があったのかもしれない。
暗黒よりこの世に生まれ出て、思うさま暴れ回った“死神”は、方臘戦・杭州城にて冥府に還る。
彼を葬ったものは、方臘軍の“白き死神”──石宝であった。


b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。



[PR]

by suiko108blog | 2017-06-08 00:00 | 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版] | Comments(10)
2017年 05月 24日
絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之十九
b0145843_219480.jpg








第49位★地闔星“火眼シュン猊”トウ飛
(ちこうせい かがんしゅんげい とうひ)

両目が火のように赤く、あだ名は“火眼シュン猊”──「赤目の獅子」。
人肉を食うのを好むために、目が真っ赤になったのだという。鉄鏈の名手で、ひとたび手にすれば近づける者はなかった。
飲馬川で山賊をしていた時、流罪となって護送途中の“鉄面孔目”裴宣を助け、飲馬川の首領に迎えた。飲馬川に来る前も、“錦豹子”楊林と強盗をしていたらしい。飲馬川のもう一人の仲間には“玉幡竿”孟康がいるが、剛直な役人の裴宣、人食いのトウ飛、船大工の孟康と、あまり共通点のない三人であった。
たびたびの激戦に多くの手指を失い、ついには鉄鏈を腕に連結した。
シュン猊とは、竜の子であり、獅子である。
地上に放たれた天の獣は、流血の中を駆け続け、杭州にて天に帰った。
そして、再び“門”が開くのを、血走った目で待ち受けているに違いない。

※「火眼俊猊」は、正しくは
b0145843_18484233.gif
です。


※「登飛」は、正しくは
b0145843_18484843.gif
です。



b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。



[PR]

by suiko108blog | 2017-05-24 00:00 | 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版] | Comments(8)
2017年 05月 03日
絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之十八
b0145843_21462239.jpg








 第21位 天異星“赤髪鬼”劉唐
   
(てんいせい せきはつき りゅうとう)

生来の赤毛のため“赤髪鬼”と呼ばれる。若い時から各地を流浪し、好漢たちと男づきあいをしていたが、北京留守司・梁中書が宰相の蔡京へ十万貫の金銀珠玉を誕生日祝いに贈ると聞きつけ、“托塔天王”晁蓋に話を持ちかけようと東渓村へ訪ねていった。
 十万貫の金銀珠玉──“生辰綱”。この不義の財を道中で奪おうというのが、劉唐の計画である。旧知の阮小五とその兄弟、晁蓋の知己である呉用も智嚢として参画し、さらに道士の“入雲龍”公孫勝、“白日鼠”白勝らが仲間に加わり、ここに“北斗の党”が結成されるのである。彼らは黄泥岡において見事“青面獣”楊志から生辰綱を智取し、事件が発覚して捕り方が迫ると、晁蓋に従って梁山泊へ渡っていく。
劉唐は朴刀の名手であるだけでなく、風来の渡世人だっただけに世事に詳しく、戦に諜報にと、つぶしのきく好漢であった。
趣味は“博打”で、その生涯る幕を閉じたのも、一代の“大博打”のためであった。賭けたものは己の命、求めたものは江湖の仁義と、仲間の勝利であっただろうか。
振り返ることなく駆け抜けた、異人の数奇な生涯を惜しむ。


b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。




[PR]

by suiko108blog | 2017-05-03 00:00 | 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版] | Comments(10)