人気ブログランキング |
カテゴリ:絵巻水滸伝人物名鑑【その他】( 58 )

2009年 07月 30日
★絵巻水滸伝美女図鑑(8)
b0145843_0183764.jpg

              潘巧雲(はんこううん)

首斬り人“病関索”楊雄の美しい妻。自由奔放な性質で、感情の赴くままに行動する。もとは洛陽の高官の妾だったが、護衛官の楊雄を誘惑して薊州へ出奔した。薊州では楊雄を翻弄する一方、妖僧・裴如海の誘惑に身を委ねる。

by suiko108blog | 2009-07-30 02:34 | 絵巻水滸伝人物名鑑【その他】 | Comments(0)
2009年 07月 28日
★絵巻水滸伝美女図鑑(7)
b0145843_21242686.jpg
               樊慧鳳(はんけいほう)

江州時代の“混江竜”李俊の妻。記憶喪失の李俊を潯陽江の岸辺で見つけ、竜神の名にちなんで李俊と名付けた。琵琶亭の女将で、江州三覇の一覇である“震天幇”前幇主の娘。宋江が引き起こした江州事件に巻き込まれ、潯陽江にて薄命に散る。

by suiko108blog | 2009-07-28 01:40 | 絵巻水滸伝人物名鑑【その他】 | Comments(0)
2009年 07月 26日
★絵巻水滸伝美女図鑑(6)
b0145843_21224197.jpg
                白秀英(はくしゅうえい)

ウン城県に小屋掛けした女芸人。新任の知県の愛人で、一緒に東京からやってきた。歌舞音曲すべてに優れる美女だが、非常な勝ち気で、財布を忘れて見物料を払えなかった雷横といさかいになる。父親が殴られ、小屋を壊された秀英はそれを恨み、知県に訴えて雷横を小屋の前で晒す罰を受けさせた。しかし、それでも満足せず、雷横の老母に手を上げたため、孝行者の雷横に枷で殴り殺された。

by suiko108blog | 2009-07-26 02:54 | 絵巻水滸伝人物名鑑【その他】 | Comments(0)
2009年 07月 25日
★絵巻水滸伝美女図鑑(5)
b0145843_2121266.jpg
              花宝燕(かほうえん)

“小李広”花栄の妹。十七歳の快活な美少女で、兄から武芸の薫陶も受けている。特に家芸である弓を得意とし、“弓腰姫”、もしくは“小木蘭”とあだ名される。“弓腰姫”とは三国の呉の姫・孫夫人、“木蘭”とは文武に優れた男装の麗人・花木蘭のこと。
清風寨に起こった謀叛は、彼女の運命をも一変させた。

by suiko108blog | 2009-07-25 01:30 | 絵巻水滸伝人物名鑑【その他】 | Comments(0)
2009年 07月 23日
★絵巻水滸伝美女図鑑(4)
b0145843_21192291.jpg
               潘金蓮(はんきんれん)

武松の兄・武大の妻。絶世の美女でありながら、小間使いとして仕えていた主人の横暴により、街一番の醜男である武大に嫁がされた。紫石街の小さな家で鬱屈の日々を送っていたが、義弟である武松との運命の出会いが、すべての悲劇の始まりとなる。

by suiko108blog | 2009-07-23 02:16 | 絵巻水滸伝人物名鑑【その他】 | Comments(0)
2009年 07月 21日
★絵巻水滸伝美女図鑑(3)
b0145843_2117575.jpg
            閻婆惜(えんばしゃく)

 東京からウン城県に流れてきた娘。父親の葬式代を工面してもらった縁で、母親に宋江の妾に押しつけられる。しかし、婆惜は宋江の部下である張文遠と良い仲であり、宋江から晁蓋の手紙を盗んで、大金を脅し取ろうと企てる。そのため宋江と揉み合いになり、若い命を散らすことになる。

by suiko108blog | 2009-07-21 01:38 | 絵巻水滸伝人物名鑑【その他】 | Comments(0)
2009年 07月 19日
★絵巻水滸伝美女図鑑(2)
b0145843_21155814.jpg
            金翠蓮(きんすいれん)

渭州の歌い女。土地の顔役である鄭旦那の妾になるが、嫉妬深い妻に追い出され、その上、貰っていない三千貫の身代金まで返済するよう迫られていた。それを知った魯達、李忠、史進に助けられ、翠蓮は渭州から逃げることができた。その後、雁門で親切な趙旦那の正妻に迎えられ、鄭旦那を殴り殺して殺人者となった魯達を五台山で出家させた。

by suiko108blog | 2009-07-19 01:57 | 絵巻水滸伝人物名鑑【その他】 | Comments(0)
2009年 07月 17日
★絵巻水滸伝美女図鑑(1)
b0145843_21122611.jpg
             張雪蘭(ちょうせつらん)

“豹子頭”林冲の愛妻。父親の禁軍都教頭・張徹は厳格で知られた武人である。林冲はその愛弟子であり、一人娘の雪蘭を託された。晴明の桜ごとき清楚な美貌の持ち主だったが、それが仇となり、高キュウの義子・高衙内の横恋慕されることになる。やがて陸謙の奸計により林冲が白虎節堂で捕らえられると、薄命の佳人に悲劇が迫る。

by suiko108blog | 2009-07-17 02:11 | 絵巻水滸伝人物名鑑【その他】 | Comments(0)