人気ブログランキング |
2008年 09月 11日
★『“宋江三十六人賛”之十九』
b0145843_142181.jpg
北宋時代、梁山泊に集まった好漢たちの物語は、はじめから今の「水滸伝」の形をとっていたわけではありません。
『宋江三十六人賛』は、『水滸伝』の誕生に先駆けて、南宋時代(1127〜1279)に書かれた宋江ら三十六人の仲間を讃える文章です。もともとは画がついた“画賛”でしたが、画は散逸して、今では文章だけが残っています。
古文なので訳すのは大変に難しいのですが、一人ずつ紹介していきましょう。南宋時代の梁山泊にはどんなメンバーがいたのか、そして、彼らはどのような人物としてイメージされていたのでしょう。
※訳文はあくまで素人の推測・想像です。多少とも合っているのかどうか、まったく分かりません。識者のご教示をお待ちしています!



霹靂火秦明

  霹靂有火(霹靂に火有り)
  崔山破崖(山を崔し崖を破る)
  天心無妄(天心に妄無し)
  汝薜自作(汝自ら薜を作す)
    ※崔は手編+崔、薜は薜の下に子

「霹靂に火有り、山を崔(くだ)き、崖を破る、天心に妄無し、汝は自ら薜を作す」

“小李広”花栄に続き、義弟の“霹靂火”秦明が登場です。水滸伝では花栄より上位の第七位です。あだ名は同じ“霹靂火”、やはり声の大きな激しい男だったのでしょうか。
「薜(薜の下に子)」は罪業、悪因のことを言います。

文章の意味をSUIKO108的に超解釈(?)してみると、

「“霹靂火”秦明は勇猛な男で、その凄まじさは雷が山を崩し、崖を打ち砕くようだ。しかし、その豪傑も山賊に身を落とした。天というのは、道理に合わないことはしない。秦明のような男が賊となったのも、みな自ら導いた災いのせいなのだ」

こんな感じでしょうか? 武名轟く軍人が、なにか身から出た錆で山賊に身を落としたのでしょうか。自業自得……と云っているようで、ちょっと秦明が可哀相な気もしますね。

by suiko108blog | 2008-09-11 01:43 | Suiko108 クロニクル | Comments(0)


<< 『絵巻水滸伝 第7巻〜軍神孤歌...      ★「宇喜多直家」発売! >>