人気ブログランキング |
2021年 04月 29日
お楽しみ企画『これは誰かな?』(3)
もう誰かバレバレですね!

今日からいよいよパソコンでの作業になります。
パーツを細かくマスキングします。
お楽しみ企画『これは誰かな?』(3)_b0145843_19283985.jpg
マスキングというのは、例えば、スプレーでインクを吹きつけるときに、塗りたい所だけ、覆ったフイルムを切り抜く作業と似ています。このマスキングを総てのパーツで行います。
正子先生の絵は線がないのが特徴なので、マスキングは重要かつ大変な作業なんですよ。

次に顔や肌を塗り、
服や甲冑に陰影を付けていきます。
お楽しみ企画『これは誰かな?』(3)_b0145843_19283993.jpg
色を付けたり素材を使うなどして、質感を出していきます。細かい模様も描き込んでいきます。
光源の位置や影にも注意が必要です。
お楽しみ企画『これは誰かな?』(3)_b0145843_19283976.jpg
明日はついに完成図を発表します!



お楽しみ企画『これは誰かな?』(3)_b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。



by suiko108blog | 2021-04-29 00:00 | 正子公也の仕事 | Comments(2)
Commented by 雲海 at 2021-04-29 21:43 x
こんばんは。
ようやく顔見世となりましたか。
若き日の~っというところですね。豊かな髭を
お持ちだったのですねぇ。
最新作も愉しみにしております。
PS
そういえば、雲海は元の水滸伝で
「塔を取り返してきた」
のところで左肩あたりにおりゃっと担ぎ上げて
歩いてきたというイメージを持っていました。
ですが、絵巻の晁蓋のイメージはやはり高々と
掲げる。それは志の高さの表現ですかねぇ。
Commented by suiko108blog at 2021-04-30 08:31
> 雲海さん
おはようございます!
ついに完成図の公開です、いかがでしょう?
物語では悩み多きアニキでしたが、天上の晁蓋はかくもエネルギーに満ちた神将なのでしょう。それが好漢たちを招き、梁山泊を育て、宋江に繋ぐために混濁の人間界に降りてきた……そんな風にも感じますね。史文恭との確執も、神と人との軋轢だったのかもしれません。そう思うと、「弟よ」と呼びかけて天に還っていったあのシーンが、ひとつの“神殺し”として、より意味をもってきます。


<< お楽しみ企画『これは誰かな?』(4)      お楽しみ企画『これは誰かな?』(2) >>