人気ブログランキング |
2021年 04月 02日
英語で好漢(76)
“四海兄弟”の旗を掲げ、じりじりと世界へ!
中国で画集ギフトボックスの受付も始まりました。
絵巻を待っている世界中のみんなと早く会いたい!

『絵巻水滸伝』の好漢のあだ名の英訳は、パール・バックの訳を基礎に、絵巻オリジナルを加えています。
英国在住の作家で、語学とセンスに優れた入江敦彦先生には、多大なご協力をいただきました。

それでは、今週の好漢いってみましょう!

The Elegant Star
among the stars of earth
The Iron Keeper「ザ・アイアン・キーパー」

“鉄の番人”、“鋼鉄の守護神”……そう云われれば思い当たるタフな好漢は何人もいると思いますが、その主に活躍する場が「宴席」となれば、ハイ、彼。
「地俊星 鉄扇子 宋清」ですね。
英語で好漢(76)_b0145843_22184758.jpg
「首領の弟なのに地味」、とか、「宴会部長」とかディスられがちな宋清ですが、見くびっちゃいけない。
彼の星「俊」は、若くてシュッとした人に使うん字ですよ。
宋清は、梁山泊の宴会を仕切るという最もハードな仕事をこなし、宋江のせいで傾きかけた家もきっちり守りました。
“鉄面孔目”裴宣が公の鉄の番人なら、宋清は私の鉄の番人。
この鋼鉄コンビが、ハジけがちな好漢たちをキッチリしめてくれているんです。
そんな二人の後日談は、次回「(四)黄昏が世界を照らす・後篇」でお届けしますよ!


He was the seventy sixth companion and the banquet organizer of the Liang-Shan Warriors.
His nick name was 'The Iron Keeper'. Originally he was from a manor of Song village in Yun-Cheng prefecture.
'Welcome Rain', was his older brother. One day 'Welcome Rain' invited him and his father to the Liang-Shan Helikon where he joined dup. He was a Mr. Good Guy, quiet and gentle indeed.
He had no experience of fighting and was absent from any war. He survived even after the warriors returned to the empire.
Finally he went back to his country and found nobility in an ordinary life.




英語で好漢(76)_b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。




by suiko108blog | 2021-04-02 00:00 | Suiko108 クロニクル | Comments(2)
Commented by 雲海 at 2021-04-03 21:19 x
こんばんは。
俊・・・エレガントですか。清の兄さんは
色々オイシイ、とか思ってしまいます。
梁山泊の宴席の仕切りはハードだと思うのですが、
見事勤めたのですねぇ。素晴らしい。
そういう意味では・・・次回で語られるのかな。
多くの悩まされた日々が遠い日になってしまった
鉄の番人は何を思うのでしょうねぇ。
PS
そういえばこのひと、陶宗旺と話ができる数少ない
ひとなのでは・・・。張青とも仲が良かったかも。
だったら、今はちょっと寂しいのかもですね。
奥さんの顔が次回見れるかな?
Commented by suiko108blog at 2021-04-04 08:55
> 雲海さん
おはようございます!
それにしても、似ていない兄弟ですよね。宋江は父上に似ているみたいだから、宋清はお母さん似なのかな?
宋清は農民というイメージが強いので、宴席係は意外でしたよね。真面目で少しのハメはずしも許さない宋清だからこそ、梁山泊でもなぁなぁにならずに仕切れたのでしょう。いまの政府にもほしい人材ですね。
陶宗旺、張青とは、土の兄弟でしたね。宋清は、人はみな、いずれ土に還っていく──というのを知っている人ですから、いつか自分が土となるまでの、しばしの別れ……そんな思いで、また畑を耕すのかもしれません。外伝「春牛」で登場して以来、いまだビジュアルのない阿梨ちゃん、村いちばんの美少女ですから、気になりますよね!


<< 『絵巻水滸伝 第二部』書籍、好...      『星ノ章~水のほとりの物語 第... >>