人気ブログランキング |
2021年 02月 19日
杭州六和寺紀行
絵巻水滸伝 第132回「星ノ章~水のほとりの物語(二)我は、我なり・後篇」公開中!
みなさん、もう読んでいただいたでしょうか?
舞台は杭州の中秋節。大海嘯が海岸を遡ります。
杭州はとても美しい土地で、水滸伝ゆかりの名勝もあります。
杭州六和寺紀行_b0145843_08502543.jpg
六和寺に立つ六和塔は、銭塘江の海嘯を鎮めるために建てられましたが、方臘の乱で焼失しました。
ですので、この年の海嘯は、人々にはひときわ恐ろしく見えたことでしょう。
杭州六和寺紀行_b0145843_08502127.jpg
現在の塔は、南宋時代に10年の歳月をかけてか再建されたもの。
杭州六和寺紀行_b0145843_08502243.jpg
南宋の七層塔を芯に、清代に十三層の外郭が増築されました。
杭州六和寺紀行_b0145843_08343484.jpg
境内には水滸伝ゆかりの石像があり、塔に登って銭塘江を見渡すこともできます。
杭州六和寺紀行_b0145843_08343514.jpg
杭州六和寺紀行_b0145843_08343535.jpg
水滸伝ファンなら感慨にひたらずにはいられません。


かつて取材で訪れた六和寺の記事を再録しますね。
またぜひ訪れたい場所のひとつです。
(※林冲の石像もほしいですよね!)

『絵巻水滸伝/第132回「星ノ章~水のほとりの物語(二)我は、我なり・後篇公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝

杭州六和寺紀行_b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。




by suiko108blog | 2021-02-19 00:00 | Suiko108 クロニクル | Comments(2)
Commented by 雲海 at 2021-02-19 22:01 x
こんばんは。
六和寺いいですよねぇ。
この地で大物好漢たちが眠りについたと思うと
・・・。六和塔の雰囲気もなにか迫るものが
ありますねぇ。
行きたい・・・。やはり水滸ファンは
一生に一度訪れなくてはならないですな。
Commented by suiko108blog at 2021-02-20 09:55
> 雲海さん
いいですよねえ……この塔のどっしりとした姿は、魯智深を彷彿とさせませんか。
やはり杭州は秋がいいですね。金木犀が咲いて、柴進気分も味わえそうです。
湧金門には張順もいるし、杭州は水滸伝ファンには聖地といっていいですね。
水滸伝ツアー、ぜひ実現してください!


<< 『絵巻水滸伝 招安篇』 ハイラ...      好漢飯~蘭州牛肉麺! >>