人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2020年 08月 14日
英語で好漢!(47)
残暑お見舞い申し仕上げます。
暑いですね!みなさん、ご無事でしょうか?
いろいろある、この夏……ですが、『絵巻水滸伝』が世界に羽ばたく日を夢見て、今月も好漢たちのあだ名を英訳してまいります。
世界中のひとに届け!

好漢のあだ名の英訳は、パール・バックの訳を基礎に、オリジナルを加えています。
パール・バックは中国で育ち、「大地」でノーベル賞を受賞したアメリカの女流作家です。
絵巻用の変更を加えるにあたって、英国在住の作家で、語学とセンスに優れた入江敦彦先生には、多大なご協力をいただきました。

さて、今日の兄弟は……仲間うちでは、“ジャスティス”とか呼ばれていそう?

The Guileless Star
among the stars of earth
Iron Hearts「アイアン ハーツ」

“鉄面”“鉄の心臓”になってしまいましたが、「地正星 鉄面孔目 裴宣」です。
英語で好漢!(47)_b0145843_00134260.jpg

なにしろ“Iron face”だと、いわゆる“鉄面皮”になってしまいますから、梁山泊きっての正義漢である裴宣は正反対ですね。

いやでも、裴宣の心はわりと繊細よ……と思いましたが、いまだ“彼女”の気持ちに、まったく気がついていないですからね。
正義の心臓には熱い血が流れていますが、あくまでも硬いようです。




英語で好漢!(47)_b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。




by suiko108blog | 2020-08-14 00:18 | Suiko108 クロニクル | Comments(4)
Commented by 雲海 at 2020-08-14 21:43 x
こんばんは。
絵巻水滸伝、屈指の粋さを演出しているのは
王定六、石勇、そしてこの裴宣だと思うんです。
この裴鉄面殿は、林教頭のお裁きに参加してくる、
しかも弁護人側という活躍。(英訳だと孔目難しいです
ねぇ・・・)
ここを読んだ時に、素晴らしいと膝を叩いた訳です。
積極的に運命に絡み介入してくる好漢たち。
絵巻水滸伝素晴らしいです。
Iron Hearts 万歳!
個人的に彼の名台詞は
「追ってはいけません」
と思います。これも2巻から運命に介入した
彼だから言える重みのある一言だと思います。
PS
刀剣画報買ってきました。すごい、こんなマニアックな
雑誌あったんですねぇ。刀、担当美しいですねぇ。
右近、やはり美しいです。キリシタン大名、正子先生の
画もっと使ってくれれば~と思いましたねぇ。
また、画展愉しみに待ってます~。
Commented by 中道 at 2020-08-15 00:19 x
こんばんは、お疲れ様です、いや~もう本当に猛暑お見舞い申し上げます!!私めも何とか生きておりますが・・・ 笑
"ジャスティス"裴鉄面、なんかカッコイイですね、思えば彼は方臘戦の始めから欠けて逝く仲間たちを名簿に記すことで
送っていくんだなと、そして威児くんまである意味親父さんより内心は落ち込んで悔やんでいるんではないかと、
思うに威児くんは年の離れた弟で、なんとしても守っていかなければ、”あの人”になんと報告をすればいいのかと
愚直で不器用な”ふたり”の行く末を、描かれることを期待したいですね。
Commented by suiko108blog at 2020-08-16 10:57
> 雲海さん
おはようございます。
さすがお目が高い!その三人は、絵巻でも独特の活躍を見せてくれた男たちですよね。洒脱な王定六、寡黙な石勇に、正義の裴宣。裴宣の人情の機微に通じながら、公正を貫こうとする姿に、なんともいえない凛々しさを感じます。
『刀剣画報』ご購入ありがとうございます!大きく扱っていただいて、びっくりでした。
今日も猛烈な暑さですね、ご自愛を!
Commented by suiko108blog at 2020-08-16 11:06
> 中道さん
天気予報の日本地図を見ると、そちらは真っ赤!こちらも、今年は人生でいちばん暑いような……熱中するのは絵巻だけにして、熱中病には呉々もご注意くださいね。
裴宣はかっこいいですよね~彼の“強さ”というのは、梁山泊の中でも独特ではないでしょうか。雪蘭を救えず、飲馬川の仲間を失い、威児を守れず、それでも自虐したり自暴自棄になれない知性の持ち主……耐えるには、じっさい“鉄の心臓”が必要ですね。
裴宣の“戦後”を見守ってください!


<< 『田虎王慶篇、第5巻』販売中!      ★『絵巻水滸伝』WEB版 第... >>