人気ブログランキング |
2020年 02月 17日
英語で好漢!(24)
『Emaki Suikoden』世界進出“四海兄弟”計画、着々進行中!
絵巻水滸伝は、昔から画集の人物紹介などに英訳を併記してきました。
当時から、いつか水滸伝を世界へ──と願っていたからです。
その夢も、着実に近づいてきています!
好漢のあだ名の翻訳には、パール・バックの英訳を参考にしたほか、英国在住の作家で、語学とセンスに優れた入江敦彦先生の多大なご協力をいただいています。

それでは、今日のヒーローにご登場いただきましょう。

The Penetrating Star
among the stars of heaven
The Invulnerable「ジ・インバルネラブル」

ちょっと聞き慣れない単語でしょうか。
その正体は──“遮るものなし!”の「天究星 没遮攔 穆弘」アニキ。
英語で好漢!(24)_b0145843_21271496.jpg
「難攻不落、不死身」の意味になりますが、これは決定するまで議論を繰り返し、かなり難航した記憶があります。
正子先生は、まだ納得いかない様子……なので、今後また変更があるかもしれません。
やはり、日本語の“遮るものなし”のインパクトが強すぎて、他の言語ではぴったりの表現を探すのは難しいのでしょうか。

※ちなみに、旧『梁山豪傑壱百零八』(グラフィック社)では、“The Untouchable(ジ・アンタッチャブル)”でしたが、差別用語との指摘があり、魁星版では不採用となりました。



英語で好漢!(24)_b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。



by suiko108blog | 2020-02-17 00:00 | Suiko108 クロニクル | Comments(2)
Commented by 雲海 at 2020-02-21 22:02 x
こんばんわ。
遮るものなし・・・難しいですよねぇ。
こういう表現の英訳はすごく納得感だすのは
難しいと思います。
アンタッチャブルの方がそれっぽいような気が
しなくもないと思います。
でもぼくらの年頃ですと、アンタッチャブルというと
大江○捜査網なんですよねぇ。
あのナレーションたまらないです。死して屍拾うものなし
。あぁ、歳がバレル。
Commented by suiko108blog at 2020-02-22 09:14
> 雲海さん
チャーチャーチャーチャーチャー♪
わかります。ここに集うみなさん、かなりの確率で分かると思います。
ちなみに井坂十蔵派です。
ケビン・コスナーという方も多いかな?
日本語独特の語感というのは、感覚的にわかりすぎるので、翻訳が難しいですね。
アンタッチャブルは、いわゆる“不可触民”を指すことがあるそうです。
世界進出のためには、各地の事情にも通じていかないといけませんね。がんばります!


<< ★『絵巻水滸伝』WEB版 第...      『第130回「聖者の敵(二)車... >>