人気ブログランキング |
2020年 02月 15日
『第130回「聖者の敵(二)車前草」』公開中!
『第130回「聖者の敵(二)車前草」』公開中!_b0145843_21343893.jpg
「なぜ李俊が」
予期せぬ“李俊出奔”の報せに動揺する、梁山泊首脳陣。
“混江竜”李俊──梁山泊水軍総帥にして“最後の東海竜王”。
「まて、李俊!」
追う“短命二郎”阮小五、“活閻羅”阮小七。
“真”か“偽り”か、竜王幇を従え方臘陣営へ走る“混江竜”、はたしてその真意や如何に。
一方、囚われの宋江を救うべく、密かに奪還計画を練る“智多星”呉用と“小李広”花栄であったが…。

『絵巻水滸伝/第130回「聖者の敵(二)車前草』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝


絵巻水滸伝第二部書籍と第一部書籍新装版のお求めはこちら!


by suiko108blog | 2020-02-15 00:00 | 絵巻水滸伝 | Comments(4)
Commented by 雲海 at 2020-02-16 22:03 x
こんばんわ。
第130回聖者の敵(二)星々の歌、今回も
拝読させていただきました。
やはり宋江はすごいですよねぇ。あの豪傑たちが
心底慕ってます。あぁ、こういうひとが本当に
すごいのだ、と思うんですよねぇ。
こういうひとが大きいんだ、って思えます。
絵巻水滸伝の宋江、一番描写が難しい人物の
ように思いますが、すごく魅力や神秘的な部分も
よく描写されていますねぇ。
黒旋風も味わい深かった。
次回は、・・・もしかして秦明は2度死ぬ? でしょうか。
追申:
やはり、TOBY・・・。ろくでもないヤツだねぇ。
Commented by suiko108blog at 2020-02-17 09:34
> 雲海さん
今月もありがとうございます!いつも丁寧に読み込んでいただいて嬉しいです。
やはり水滸伝のなかで、なにが一番の謎かというと、「宋江の存在」ですよね。容貌、才覚、なにひとつ優れた点を描写されていない。新たに描かれた作品の中でも、描写の揺れが一番大きくて、ひどく格好よくなったり、強くなったり……。
しかし、長く生きていると、「本当にすごい人は、すごく見えない」という場面に出逢いますよね。あるいは、すごい人にも弱い面があったり。それが人間の味わいなのですが……宋江は、人間であって人間でない……“魁”ですから、その魅力は、未知のものなのかもしれませんね。あ、“魅”の中にも鬼がいますね。
物語は、静かに宋江の幕に入っていきます。天魁星の行く末を見守ってくださいね。
TOBYの行く末も★
Commented by 中道 at 2020-02-20 23:18 x
こんばんは。
お疲れ様です、肺炎本当に早く終息してもらいたいですね、
それにしてもトンポーロウ美味しそうですね、
さて今月の第百三十回 聖者の敵 (二) 星々の歌、拝読いたしました。
今回は童閣下と趙譚殿の会話がツボでした、特に「”うるせえ”」は
先生の挿絵と相まっておもわず笑ってしまいました、しかし閣下
女性のヤキモチはかわいいかもしれませんが男のヤキモチはいけません、
ん!?いやどっちだったかな??閣下は微妙でしたね 笑
あんなに沢山のひとかどの漢たちに慕われる宋頭領に、だからちょっと分からなく
もないですが、しかも旗まで焼いてしまってはいけませんね。(# ゚Д゚)
それに、杜微殿や劉光世殿などもそうだこんな人も世の中にいるよなぁと
これだけたくさんの登場人物の人物造形というか個性の色分けの中から
自分の中の似た一面を見つけるという面白さも絵巻水滸伝の魅力の一つだと
いつも思うんですよね、さあ次回から本格的な清渓県の戦いになりそうですが
またまた苦しく辛い戦いが始まりますが楽しみに待っています。


P.S. 英語で好漢!(24) 没遮攔のアニキでしたね、そうですかジ・アンタッチャブルは
  差別用語になるんですね、なんかカッコイイのにな英語に翻訳していく過程でも
  一つ一つ議論をかさねられるんです、そこにも好漢に対する先生方の愛を感じますね、
  久々に没遮攔のアニキに会って杭州に残っているメンツは大丈夫なのかと想いを馳せます、
  相棒ともいえる九紋竜殿は先に逝ってしまうし、そうだ船火児のアニキもいるんでしたね、
  いま一度、杭州残留組の大暴れも見てみたいですね、先生お願いします。
  
  
  
Commented by suiko108blog at 2020-02-21 11:39
> 中道さん
こんにちは!今月もありがとうございます。
官軍側にも、いろいろな人がいて、おもしろいですよね。現代の日本社会にもいそう!?
上司が童貫はイヤですね~。
童貫は“媼公”と陰口をきかれていたそうですから……やはり女の嫉妬?宦官は性格が女っぽくなるようですし……。
今回は小休止。いよいよ方臘戦の最後の戦いの開幕です。そして、杭州では……?
おたのしみに!


<< 英語で好漢!(24)      『第130回「聖者の敵(二)車... >>