人気ブログランキング |
2020年 02月 08日
『絵巻水滸伝 第二部 田虎王慶篇 2巻』出来!
『絵巻水滸伝 第二部 田虎王慶篇 2巻』出来!_b0145843_21214359.jpg
大好評発売中の『絵巻水滸伝 第二部 田虎王慶篇』、その第2巻が印刷所から上がってきました。
表紙は、田虎軍きっての伊達もの──“山繍旗”!
山士奇が表紙になる水滸伝は、きっと『絵巻水滸伝』だけですね。

【田虎王慶篇2巻のあらすじ 】

荒野の廃村で激突する、梁山泊軍と“晋”国蓋州軍。勇躍する清風山、飲馬川、黄門山ら、地煞の面々。
「梁山泊──参上!!」
盧俊義隊が快進撃を続ける一方、東路を行く宋江軍は、田虎の居城・威勝へ至る最大の要害、壺関に迫った。彼らを待ち受ける男──人呼んで、“山繍旗”もしくは、“一百華旗”。その名を、山士奇という。一代の伊達者である。
林冲対山士奇!──その勝敗は!
そして、“大刀”関勝が“荒涼山河圖”に見た、“一匹の黒い龍”。やがて、この“黒い龍”が、この戦いを意外な方向へ導いていく──。


予約講読の方には、準備が整いしだいお送りしていきますので、楽しみにお待ちくださいね。
東方書店さん、教文館さんにも納品しますので、是非ご利用ください。


全巻予約講読も引き続き受付中です!
新刊が自動的に届くシステムは、買い忘れもなく、とっても便利。
特典の108キーホルダーは数が少なくなってきましたので、ご検討中の方はお急ぎください!
詳しくは『オフィシャルショップ』でご案内しています。
『絵巻水滸伝 第二部 田虎王慶篇 2巻』出来!_b0145843_21574060.jpg
『108(ワン・オー・エイト)キーホルダー』!!
ハンドメイド本革キーホルダー
イタリアの老舗タンナーによる一枚革を使用。
色は限定色【ワイン】。
リングは、イタリア製アンティーク仕上げ。
(※画像はイメージですので、実物と異なる場合がございます)
『絵巻水滸伝 第二部 田虎王慶篇 2巻』出来!_b0145843_21574955.jpg
“108”の数字、“All Men Are Brothers!“の文字、絵巻の象徴であるマークが刻印されています。
カッコイイ!

『絵巻水滸伝 第二部 田虎王慶篇 2巻』出来!_b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。


by suiko108blog | 2020-02-08 00:00 | 絵巻水滸伝 | Comments(6)
Commented by 中道 at 2020-02-09 14:45 x
こんにちは。
お疲れ様です、田虎王慶篇第2巻届きました、そしてまず一回目読み終えました
もう読みだしたら止まりませんね、今回も連載の時には無かった新しい挿絵もあり
その中でも玉旛竿殿と険道神殿の二人並んだ後ろ姿いいですね、なんだかんだ言っても
この二人いいコンビな気がします「行こうぜ、”でくのぼう”」なんかいいな!!笑
表表紙、山繍旗殿カッコよすぎる!!笑 とくれば裏表紙はあの方しかないですよね、
そして第3巻は満を持してあのスーパーカップルが表紙を飾るのか?をも含めて
楽しですが、次は4月ですか待ち遠しいですが短いようで長いな・・・。笑
Commented by 雲海 at 2020-02-09 21:41 x
こんばんわ。
新刊昨日届きましたが、飲み会に行って参りまして
今日ようやくゆっくり読んでおります。
紙の発色もすごくきれいですよねぇ。
この田虎篇はさまざま好漢大活躍で本当に絵巻の
名に相応しいのではないかと思うのです。
中道殿のおっしゃる一枚絵は壮観ですねぇ。
本当にいいコンビですね。表紙の山士奇も
そうですが、絵巻水滸伝は本当に登場人物が
磨き抜かれて、輝きをましてますね。
雲海さんのおススメは張青(清じゃなくてね笑)
の横顔ですかね。あれは漢の顔ですよ。
ああー畑がみてぇなあ
絵巻水滸伝、惚れるなぁ。
蛇足
その飲み会でびっくりするようなことがありましたが
それはまた次回で。
では。
Commented by suiko108blog at 2020-02-10 10:57
> 中道さん
こんにちは!2巻は早めにお届けができました、楽しんでいただけてよかったです!
意外と細かなところを忘れていて、読み返すと新鮮ですよね。また、懐かしい面々の姿に感慨もひとしお。孟康と郁保四、実はいいコンビでしたね。こういう友達関係、ありそうです。
田虎篇の物語、心ゆくまで楽しんでくださいね。
3巻の表紙もお楽しみに!4月もきっとあっと言う間ですよ。
Commented by suiko108blog at 2020-02-10 11:00
> 雲海さん
田虎篇は、敵も味方も好漢揃い。味のある活躍が続いて華やかですよね。
その中でも、張青のようないぶし銀の好漢もいて……この群像劇の醍醐味は、田虎篇ならではかもしれません。
飲み会、お楽しみだったと思いますが……びっくりのできごととは!?気になります!
Commented by 雲海 at 2020-02-11 21:34 x
こんばんわ。
>びっくりのできごととは!?
そのお席は私の母のお世話になっております
整体の先生の招きだったんですが、その先生の
同級生の方が同席してまして。
その方なんと実家が南魚沼だったんです。
で、雲洞庵の名前が出てきまして、与六、喜平次の
像のお話しを振ってみたら、ごくごく近場に
ご実家が・・・。さらにこの同級生の方、今は
お仕事で愛知県にいます、というので、
どちらですか? 刈谷で・・・と。
ついコーフンして、鼻息が荒くなってしまった次第でございます。
今、この整体の先生、台湾にお仕事を拡大してる
ってことでもあり、なんだろう。不思議なものを
感じております。
Commented by suiko108blog at 2020-02-12 09:46
> 雲海さん
ええっ、それは物凄いご縁じゃないですか!
もしや将来の義兄弟?
実は最近、そういう“ミラクル”が増えてきているんですよ。絵巻マジック?
雲海さんが台湾に上陸する日も着々と近づいてきている予感がします。
5月の予定はまだ未定ですが、決まった時は是非!


<< 『絵巻水滸伝』Web更新日のお...      『絵巻水滸伝 招安篇』 ハイラ... >>