人気ブログランキング |
2019年 11月 09日
絵巻水滸伝web更新日のお知らせ
『第129回 ならずもの達の凱歌(五)』は、11月15日(金)更新予定です。
盧俊義軍を阻む、歙州軍の罠……「ならずもの達の凱歌」、ついに戦慄の最終回!

 次回(第129回「ならずもの達の凱歌(五)」)予告
b0145843_18161906.jpg
地速星“中箭虎”丁得孫、地闊星“摩雲金翅”欧鵬、逝く。
──また二つ、星が欠けた。
多くの命を犠牲に、梁山泊軍は進む。

歙州城、夜明けの攻防──。
方臘歙州軍を率いるは、名馬“転山飛”を駆る“王尚書”王寅である。
『歙州城を鎮守せり尚書王寅、もと石匠なれどよく鎗をつかい、又一匹の名馬にのって、至る處の戦いに勝ずと云うことなし。此馬を転山飛となづけて山に登り水に臨んで、平地を行くがごとし。』

いよいよ次回、「ならずもの達の凱歌」最終話!

『絵巻水滸伝/第129回「ならずもの達の凱歌(四)』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝


絵巻水滸伝第二部書籍と第一部書籍新装版のお求めはこちら!


by suiko108blog | 2019-11-09 00:00 | 絵巻水滸伝 | Comments(2)
Commented by 雲海 at 2019-11-09 22:22 x
こんばんわ。
ここのところ時間が経つのが早いようで
もう更新日ですねぇ。
絵巻水滸伝のすごいところは敵将や様々の人物像が
非常に豊かに描き込まれてるところだと思います。
絵から受ける印象ですけど、この王寅、
すごく仕事はできるような感じですが、あまり
友達になりたくない感じ。顔立ちは整ってるけど、
人間の冷たさが出てるかなぁと思いました。
比べて、好漢は皆、瞳がきれいで
輝いていて、どこか温かいですよねぇ。
どんなに容貌魁偉でもごついおじさんでも
かっこいいお兄ちゃんでも。
その輝きと温かさが運命の子(星を宿すもの)の証なのでしょうか。
更新愉しみに待ってます。
Commented by suiko108blog at 2019-11-10 10:43
> 雲海さん
ほんとうに飛ぶように時が過ぎて、今日が土曜なのか日曜なのかも分からなくなりそうです。まだ10月のような気さえするのですが、街はすでにクリスマスケーキやら年賀状やら……。
そんな急流下りのごとき令和元年も2年も、絵巻水滸伝はコツコツと進んでいきますよ。
挿絵の一点一点まで、丁寧に見ていただいて、本当に嬉しいです!正子先生もいろいろな思いを絵に込めていますが、それをシッカリ受け取ってくださるのが有り難い……!
この王尚書、確かに会社にいたら一見は頼れる上司ですけど、実は……ってことになりそうですよね。更新をお楽しみに!


<< 『絵巻水滸伝 田虎王慶篇』、特...      今日は立冬~と、蝶の話。 >>