人気ブログランキング |
2019年 03月 07日
『絵巻水滸伝 第一部 15/16巻 替天行道』出来!
b0145843_20203670.jpg
『絵巻水滸伝 第一部 第15巻 替天行道・下』

盧俊義、受難──“智多星”呉用の計略にはまり、ついに梁山泊の虜となった河北の“玉麒麟”。
呉用が一策、さて、その“まこと”とは。
そして遙か凌州の地で激突する、曽頭市と“托塔天王”晁蓋率いる梁山泊軍。
「兄上、あいつが見えるか」
亡き兄の亡霊に憑かれ、復讐に生きる男──史文恭。
月のない夜、冥界に魅入られた男が、“必殺晁蓋”を誓う。

著者:正子公也/森下翠
サイズ: B5判
フルカラー 132ページ
価格 1500円+税
ISBN/書籍JANコード 978-4-909342-16-4 C0079 \1500E

(全巻予約はまだ間に合います!)
『第一部』
第15・16巻 替天行道(2019年3月刊行)
第17・18巻 大戦梁山泊 (2019年5月刊行)
第19・20巻 結集百八星 (2019年7月刊行)



絵巻水滸伝第二部書籍と第一部書籍新装版のお求めはこちら!
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。



by suiko108blog | 2019-03-07 00:00 | 絵巻水滸伝 | Comments(14)
Commented by 中道 at 2019-03-07 23:22 x
こんばんは。
お疲れ様です、こちら大阪は今日は時雨が降る肌寒い一日でした。
雲海さん、ズバリ的中ですね!素晴らしい、それにしても十六巻はまたまた
いい意味で意表を突かれましたね、大空を背景に翻る替天行道旗、イーゼル
で飾りたい!!そういえば呼延灼将軍、徐寧殿の裏表紙の発表がなかったかと?
機会あればまたお願いします、書籍化いらい関連の写真はみんな保存して大好きな
浜田省吾さんの(歳がばれますが 笑 ) 音楽をバックにスライドショーを楽しんで
います。

P.S. やっぱりトラチャンの家はいい住まいだったんでね、なぜか部品が余りましたが
  にはチョッと笑ってしまいましたが。
  質問にも丁寧にお答えいただきありがとうございます、モンゴルは今も遼国篇の
  時代と同じような草原が広がっているんでしょうね、行きたくてもなかなか行けそうに
  ありませんが、モンゴル展のようなイベントがあればお土産コーナーに”シャガイ”の
  ホルダーがあるかもしれませんね(そういえばだいぶ前になりますが、家の近くで
  契丹展だか遼朝展だかのポスターを見たような気がします、今度は行ってみたいですね。)


Commented by suiko108blog at 2019-03-08 10:25
> 中道さん
おはようございます。昨夜の冷たい雨から一転、暖かい日差しとなりました。
16巻の裏表紙、中道さんの予想を読んだ正子先生が「その手もあったか!」と言っていましたよ。
浜田省吾!分かりますよー!「ON THE ROAD」の冒頭の歌詞、梁山泊に辿り着く前の好漢たちにぴったりだと思いませんか。

トラチャンは野性味あふれるネコなので、ログハウスがお気に入りのようですよ。モンゴルの大草原も似合いそうです。5月くらいにモンゴルのお正月「ツァガンサル」がありますので、お祭りなどもあるかもしれません。モンゴル料理の店などもありますので、機会があったら覗いてみてくださいね。suiko108は内モンゴルに行きましたが、スケールの違う広さでした!ほんとうに見渡すかぎり草原と空しかないんです……!
Commented by 雲海 at 2019-03-08 21:58 x
こんばんわ。
久々に当りました。中道殿ありがとうございます。
あの旗はまさに晁蓋の志ですから、晁蓋そのもの
ということなんでしょうねぇ。
まさか、郁方四が旗を掲げるのは、晁蓋への十字架を
背負ってるからとか・・・考えすぎでしょうかねぇ。
岡山・・・行きたいですねぇ。雲海さん、今、入山を
試みておりまして。実は今とある山に入ったのですが、
実は仕事以外に何もできない環境といいますか、
これはちょっと・・・という状況です。
これは、早々に撤退し、今、別のお山に登る途中という・・・。放浪武者みたいな雲海です。いやはや。
Commented by suiko108blog at 2019-03-09 09:54
> 雲海さん
おはようございます!やはりこの旗は、晁蓋そのものであり、梁山泊そのものですね。郁保四……なるほど、そうかもしれません。無口な彼は、自分の心も感情も言い表すことができませんから……。
おお、雲海さん、ついに江湖に!?山もいろいろな山がありますからね。梁山泊に入ったら王倫が首領だったり、二竜山にはトウ竜がいたりしましたから。投命状がいるような山は要注意です!梁山泊に到達することを信じて!応援しています。
ふと思ったのですが……たいていは仲間や身内で山を立ち上げるのに、李忠が来るまで一人で山を張ってたのって、周通ひとり?さすが“小覇王”!!
Commented by 中道 at 2019-03-09 23:37 x
こんばんは。
お疲れ様です、今日も快晴で暖かい一日でしたね。
いやー雲海さんも頑張っておられるな!でも無理は禁物ですよ、ゆるす限りボチボチといって下さいね!
僕の方は母の介護とモニターの前を行ったり来たり、suiko108さんに内モンゴルに行ったよと答えてもらえれば
ネットでどこまでつづく草原と青空の写真を見るのが精一杯 (モンゴル料理も美味しいそうだし、女性もきれいな
人が多いですね 笑 ) そうだ先生もコメントに目を通して下さっているんだなと感激したんですが、表紙予想も
一部はあと4巻で完結ですが、でも二部はまだ4分の1程度が終わったばかりでしょうか?ではまだ4分の3も
残っていることになりますか、まだまだ予想がワクワク楽しいですね 笑
そしてsuiko108さんが、浜省のファンだったことに感激しました (え!?言ってませんでした 笑) それはそれとして
彼の楽曲はみんな大好きで「ON THE ROAD」も聴きこんでいたはずなんですが、わ!ほんまや!!鳥肌が立ちました
昨日から「ON THE ROAD」を聴いて口ずさんで、もう歌詞カード無しで歌えそうです、そういえば長いことカラオケ
にも行ってないな、あーっカラオケボックスで「ON THE ROAD」歌いたい!!笑


Commented by suiko108blog at 2019-03-10 09:07
> 中道さん
おはようございます。みなさんおつかれさまです!だんだん暖かくなって、中道さんの運気もこれからグングン上昇ですよ!モンゴルも、行きたいなと思っていたら、きっといつか行っていますよ。suiko108も、子供の時は「自分は一生、海外なんて行けないんだろう」と思っていたんです。
王慶、田虎篇の表紙はたのしみですよね!正子先生は全巻描き下ろしに意欲を示していますよ。もちろん原稿料はありませんので、好漢ファンディングが頼り!(大げさです、スミマセン)。
ぜひ疲れた時はカラオケでハマショー熱唱してください!J.boyも好きだったなー。まだカセット(!)あるかしら?もう年がバレバレです!
Commented by 雲海 at 2019-03-10 21:44 x
こんばんわ。
中道殿、お気遣いありがとうございます。
うちにも老母がおりますので、あまり深夜帯の残業は
したくないってかできないのですよねぇ。雷横や鉄牛
の気持ちはよくわかります。
好漢の歌ですか? 雲海さんは桑田圭祐の「祭りのあと」
が琴線に響くのですよ。ふられた好漢や思い人と別離した
好漢が酔いつぶれている姿を想いおこすのです。
Commented by 中道 at 2019-03-11 23:49 x
こんばんは。
お疲れ様です、そうですか雲海さんも母上をみておられるんですね、
では業務もかなり制約がかかってきますよね、うちの「おっかあ」も
自宅介護を3年、でももう限界でやむにやまれぬ事情で梁山に登った
好漢達の如く1年少し前に勤めをやめかなり見切り発車でしたが自宅で仕事を
始めました、最初はおい!おい!大丈夫か!? みたくヨタヨタでしたが 笑
まだまだですが、何とかかたちになりつつあるかな?という感じです、
それで「おっかあ」の介護にも少し余裕がでてきて、最近つくづく思う
事は、健康で仕事が有ってご飯が食べられて、絵巻水滸伝が読めれば
あとはもう何も要らないなと 笑 桑田さんの「祭りのあと」聴きました
彼の色気のある声と歌詞がしみますね、そういえば昔はサザンもよく聴いて
ましたね、最近「おっかあ」を寝かしつけホッとするとなぜか浜省ではなく
甲斐バンドの「この夜にさよなら」が頭の中をリフレインするんですね、
いやまたまた、歳がばれますね!笑
Commented by 雲海 at 2019-03-12 22:34 x
こんばんわ。
中道殿
私もON THE ROAD、この夜にさよなら、
拝聴しましたよ。
何だろう。このメロディーにピンピン反応する。
まぁ、雲海さんもそんなお年頃なんですねぇ。笑
絵巻水滸伝の板で歌話って展開があるとは思いません
でした。あまりやりすぎるとsuiko108殿に怒られ
そうですからこの辺で。
Commented by suiko108blog at 2019-03-13 08:25
どんどんやってください!水滸伝から色々な話題に発展するのも面白さのひとつですよね。
Commented by 中道 at 2019-03-13 23:25 x
こんばんは。
お疲れ様です、今日は天気はよかったんですが風の強い一日でしたね
そして少しぐらッと(地震)来ましたね 。
siko108さんにそう言って頂けたので、お言葉に甘えてもう少しだけ 笑
いや雲海さんにも共感してもらってうれしいな!浜省、甲斐バンド
彼らロックスターの楽曲を聴くと一瞬に10代後半から20代前半の
青の時間にもどれるんですよね、でもあの時代なんであんなに汗を流し
涙を流していたのかな?笑 そして女性陣では中島みゆきさんですね
彼女の若い時の歌は、女性の情念を語らせたら右に出る者はいないと
思っていましたが、彼女も年を重ねて壮大なドラマの語りべになって
来たかなと、そこで某番組の主題歌「地上の星」”つばめよ高い空から
教えてよ地上の星を”て、これ只今絶賛連載中!方臘篇のテーマ曲だと
思うんですよ、さらにもう一曲「銀の龍の背に乗って」てこの楽曲
公孫一清殿のテーマ曲か!?笑

Commented by suiko108blog at 2019-03-14 11:55
> 中道さん
おはようございます!やはり同年代だと音楽話がはずみますね。そして、水滸伝からいろいろな話題に発展していくのって、やはり、人生における水滸伝の存在の大きさではないかと思うわけです。困難な時期や、がむしゃらに頑張っている時に、ふと好漢たちのことを思う……そんなシーンが、歌とともに、人生のあちこちにあったのではないでしょうか。
中島みゆき!もsuiko108的にツボですよ!ドラマティックな曲は魂をゆさぶり、想像力をかきたててくれますね。中道さんの朗読も、テーマ曲を流しながらいかがでしょう……これは盛り上がりそうですね!
Commented by 雲海 at 2019-03-14 22:16 x
こんばんわ。
それじゃ、雲海さんの青春の曲も少しばかり・・・。
中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」
この曲なんだろうね、よく歌詞を吟味すると
孫新、顧大嫂の青春時代が見えてくる気がするような?
もし俺がヒーローだったら・・・王英や李忠も
そんな感じでしょうかねぇ。
もひとつ、レベッカをだしましょう。
これで受験勉強のりきった記憶あります。
フレンズ、ムーンとかいいんですが、
あえてバージニティを・・・。
最近、聞いたらふと藩金蓮を感じてしまいました。
中島みゆきさんからの~で女性のアーティスト話
でした。
Commented by suiko108blog at 2019-03-15 20:52
> 雲海さん
こんばんは!不思議ですよね、音楽を聞くと、それを一番聞いていた時代にタイムトリップ……鮮明にその頃のことを思い出します。そして、90年頃って、けっこう皆が同じ曲を知っていましたよね。レベッカ、懐かしい~もう中道さんと雲海さんでカラオケ行って、思い切り歌ってください!好漢歌会!


<< たまののミュージアム、超レアグ...      『絵巻水滸伝 第一部 15/1... >>