人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2019年 02月 16日
『絵巻水滸伝』連載20周年企画『108──One O Eight Outlaws 第四章 地獄羅漢』公開中!
『絵巻水滸伝』連載20周年企画『108──One O Eight Outlaws 第四章 地獄羅漢』公開中!_b0145843_20575044.jpg
「無念寂静──“不戦不従”」
ついに金山大師がくだした、苦渋の決断。

遼国の爪牙として暗躍する、“羅刹女”慕容嫣輝。
そして、“通真達霊元妙先生”林霊素、少林寺に来臨!
降伏か、殉教か──揺れる少林寺。
奸智術策を操り廃仏を企む、黒幕共の密計──。
「少林寺、謀叛!」

『絵巻水滸伝』連載20周年企画『108──One O Eight Outlaws(4)地獄羅漢公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝

『絵巻水滸伝 第二部 遼国篇』全3巻は、正子公也オフィシャルショップにて。
全3巻まとめてご購入の方には、特典ブックマークセットをプレゼトします(なくなり次第、終了です!)
詳しくはショップサイトをご覧ください。

『第二部 招安篇』全5巻も好評発売中です。


絵巻水滸伝第二部書籍と第一部書籍新装版のお求めはこちら!
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。



by suiko108blog | 2019-02-16 00:00 | 絵巻水滸伝 | Comments(4)
Commented by 中道 at 2019-02-16 14:28 x
こんにちは。
こちらは、いい天気で暖かくてもう梅の花も一気に開花しそうですね、
さて第四章 地獄羅漢拝読しました、今回もいつものスリリングな展開でしたね、
額に入れて飾りたい今月の一枚は、梁山泊好漢六人衆の一枚いやカッコイイ!!
九紋竜の「しょぼいツラが集まったな」は「気の合うメンツが集まったな!」と
いう意味でしようか?貴妃様は相変わらずの活躍だし、林霊素の傍らの怪人の
存在も気になるし”一塊雲”の裏切りにもチョッとビックリ!
でも一番気になったの莫志くんの存在、今回初めて人を射て「僕は殺したんじゃない
助けたんだ!!」もし彼が戦死して退場しなかったら外伝から本編でまた九紋竜たち
と再会、過去現在未来と見事にリンクして、素晴らしい再会となるのか?はたまた
運命の皮肉となるのか?、う~んこれはなんかゾクゾクする僕の勝手な妄想ですが 笑
では次回、さらなる激戦必至の龍門決戦、楽しみにしています!それにしても銀樹ちゃんは
何処へ行ってしまうのか?                                                                
Commented by suiko108blog at 2019-02-16 16:54
> 中道さん
こんにちは!今月もありがとうございます。
やはり、水滸伝の最大の魅力は「結集!」ですよね。108人が勢ぞろい、はもちろん、どんなメンツでも集まるとこのうえなくカッコイイ!
どんな顔が集まるか、で雰囲気がガラリとちがうのもいいですね。
いろいろと気になる動きをする人たちもいますが、外伝はもう難しいことは気にしないで、ただただ楽しんでくださいね!

Commented by 雲海 at 2019-02-16 22:28 x
こんばんわ。
外伝第四回愉しく読ませていただきました。
今回の一枚絵赤の蝋燭の蛾の絵は、やっぱりあの御方の
イメージだったんですねぇ・・・。
今回は史進中心の六人がいいですよ。まさに六人のサムライっていいますか、そんな感じで。陳達、楊春ここが見せ場とがんばってくれてますねぇ。たまりませんよ。
傷だらけの道士ってもしや、ホウロウさんとこのあいつ
かな?と想像してしまいました。
次回も愉しみに待ってます。
校正載せておきます。
戴宗は東京を中心に情報収拾を行なっていた。→戴宗は東京を中心に情報収【集】を行なっていた。
天窮和尚が棍棒を手に脇仕仏のごとく佇立している。→天窮和尚が棍棒を手に脇【侍】仏のごとく佇立している。
出口をふさいで、そくぞくと攻め込んでくる。→出口をふさいで、【ぞ】くぞくと攻め込んでくる。
Commented by suiko108blog at 2019-02-17 10:35
> 雲海さん
おはようございます!今月も読んでいただきありがとうございます。サービス(?)をぎゅうぎゅう
に詰め込んで、予想外に長くなっている外伝です……!
少華山メンバーって、仲よさそうで結構バラバラに行動する人たちですよね。朱武はアレだし、史進はいつもブラブラしているし、楊春と陳達も他のコンビほどべったりじゃないし。山のカラーにまったく統一感がこの寄せ集め感が少華山の魅力でしょうか。
校正もいつもありがとうございます。本当によく気がつきますね、すばらしい眼力……!


<< 『常山の鶴姫と戦国名将たち P...      『絵巻水滸伝』連載20周年企画... >>