2018年 12月 07日
歴史銘菓~調布(廣榮堂)
今日はsuiko108も大好きな岡山の銘菓を紹介しましょう。
b0145843_21520377.jpg
その名も「調布」。東京の地名……ではありません。「調」とは、昔の税(“租庸調”、習いましたね!)のこと。税として収めた布が、すなわち「調布です」
(東京の「調布」も、税として布を収めていたため命名されたそうです)
b0145843_21515969.jpg
こちらのお菓子は、しっとりした小麦粉の皮に、もちもちの求肥がくるまったお菓子。この形状が「調布」に似ていることから名付けられたそうです。
江戸時代末期、倉敷出身のお菓子やさんが発案したそうですよ。
小麦粉の皮に求肥って、お菓子として最強の組み合わせのひとつですよね。おいしいお菓子を創り出してくれて、感謝です!


b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。


[PR]

by suiko108blog | 2018-12-07 00:00 | 戦国銘菓 | Comments(0)


<< 正子公也 武将画展『OKAYA...      遼国篇3巻・作業開始! >>