人気ブログランキング |
2018年 10月 27日
『絵巻水滸伝 第一部 祝家荘風雲』発売せまる!
梁山泊VS祝家荘!
そして、“一丈青”扈三娘の恋の行方は……?

懐かしい面々に再会できる11・12巻は、11月初旬、上下巻同時発売になります。
b0145843_21321935.jpg
第11巻のあらすじ
梁山泊、動く!
“拚命三郎”石秀の要請を受け、宋江以下、林冲、花栄、李俊らに率いられた六千の梁山泊軍が祝家荘へと向かう。
打倒梁山泊の野望に燃える、祝一族。
地の利に勝る祝家荘に、梁山泊軍は思わぬ苦戦を強いられる。
立ちはだかる万夫不当の武芸者、“鉄棒”欒廷玉。そして絶体絶命の宋江に追い縋る花の女剣士“一丈青”扈三娘。
──危うし、梁山泊。
祝氏一族の前に、惨敗をかさねる宋江。敵中深く潜入した石秀は、無事、生還できるのか。そして祝家荘の虜となった時遷、楊林、黄信──彼らに救いはあるのか。
追い詰められた梁山泊軍は、“小李広”花栄指揮の下、背水の陣で決死の脱出を図るのだった──。
b0145843_21322752.jpg
第12巻のあらすじ
あらたに梁山泊へ身を投じた、八つの星々。
元登州兵馬提轄すなわち“病尉遅”孫立。解氏の二勇士“両頭蛇”解珍、“双尾蝎”解宝兄弟。登雲山の二竜“出林竜”鄒淵、“独角竜”鄒潤。“小尉遅”孫新と“母大虫”顧大嫂夫婦。そして“鉄叫子”の楽和。
“病尉遅”が内応外合の計を謀れば、“智多星”が連環の計を囁く。
再び激突する、祝家荘と梁山泊。
乱戦のなか相対する朋友──欒廷玉と孫立。
欒廷玉の“鉄棒”か。孫立の“鉄鞭”か。
“祝家荘篇”、いよいよ佳境へ──!

『第二部 招安篇』全5巻、『第二部 遼国篇』第1巻(全3巻ご予約受付中)も好評発売中です。

絵巻水滸伝第二部書籍と第一部書籍新装版のお求めはこちら!
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。



by suiko108blog | 2018-10-27 00:00 | 絵巻水滸伝 | Comments(0)


<< 『絵巻水滸伝 第一部』(13)...      好漢飯~有楽町で台湾料理! >>