人気ブログランキング |
2018年 09月 01日
『第128回「魔対魔(三)」』公開中!
b0145843_22231056.jpg
“鄭魔君”鄭彪と“霊応天師”包道乙の妖術に幻惑され、窮地に立つ李逵を救わんと、“魔の河”を飛走する、地飛星と地走星──“八臂哪吒”項充、“飛天大聖”李袞。
暗黒の魔神と対峙する、“武神”関勝。
“混沌”を越えるもの、それは──。
『こたえよ、樊瑞!!』
頑なに心を封じる“混世魔王”樊瑞──千里の果てより、声よとどけ!

『絵巻水滸伝/第128回「魔対魔(三)」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝

我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成30年7月豪雨災害義援金

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。



by suiko108blog | 2018-09-01 00:00 | 絵巻水滸伝 | Comments(4)
Commented by 中道 at 2018-09-01 23:19 x
こんばんは。
お疲れ様です、今朝はこの世の終わりかと思う程の雷鳴に
たたき起こされた朝となりました、ビックリしたなもぉ~。
そうです雲海さん、短い匕首で果敢に相手の懐に飛び込み
まさに肉を切らせて骨を断つみたいな、そんな場面を想像して
しまうんですよね、108人には108人の青春があったって
いうか、僕なんか色々な意味で親近感を覚える (笑) 若き日の
杜興さんを知りたいですね。
さて連載最新 魔対魔 ㈢ 読み返していて、この地で殉難した好漢は、
に解の二勇士の名前がなかったのですが、これは前後の文脈から
意図的とも思ったんですが?

それにしても燕青さんは、光明峰に何を見たんでしょうか? (まさか気象台?)
Commented by suiko108blog at 2018-09-02 09:00
> 中道さん
おはようございます。
雨の日曜日ですね。また台風も……西日本のみなさまは特にお気をつけくださいね。
杜興の青春……いじめられているのを楊雄に助けられるって、まるで浦島太郎のカメさん……といま思ってしまいました。子供の時から苦労したと思いますが、その苦労が顔に(?)出ていないのが杜興のいいところ。いがいと可愛がってくれる人も多かったかも。
解兄弟……きっとあとで裴宣が「ふたりもいますよ」と教えてくれることでしょう……。
今日もたのしい一日になりますように!
Commented by 雲海 at 2018-09-02 21:30 x
こんばんわ。
中道殿、そうなんですよ。あの傷は想像をたくましくするんです。それに石秀はあまり過去を語らないひとですよねぇ。二部でそのあたりは語られるんでしょうか。
杜興さんは律儀だし、真面目だし、頭もいい、で、意外と強いんですよねぇ。このひとデキル!って感じです。
雲海は親近感覚えるというと、誰かな~、金大堅かな。
凌振もいいかねぇ。オタクな方が好きかもしれない。
Commented by suiko108blog at 2018-09-03 16:33
> 雲海さん
こんにちは!
親近感を覚える好漢、いますよね!
108人の中にひとり、好きな好漢、憧れの好漢とは別に「これは自分だ!」という人物がいるような気がします。
雲海さんはオタクだったのですか……あ、水滸伝オタクですね!


<< 『絵巻水滸伝 第二部 遼国篇』...      好漢土産~台湾篇 >>