2018年 07月 13日
『第128回「魔対魔(二)」』本日公開!
b0145843_17453438.jpg
左腕を失い、昏倒する天傷星──“行者”武松。
「許せぬ!」
怒れる阿羅漢──“花和尚”魯智深が、“狩人”夏侯成を追う!

「宋江さんよ、どこだ!」
行方知れずとなった宋江を捜して、”韋駄天”戴宗、闇を駆ける。
立ち塞がる、金甲の巨人。
暗黒の天空に、魔神が笑う!

『絵巻水滸伝/第128回「魔対魔(二)」』本日公開! キノトロープ/絵巻水滸伝

我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成30年7月豪雨災害義援金

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。


[PR]

by suiko108blog | 2018-07-13 12:30 | 絵巻水滸伝 | Comments(2)
Commented by 出雲 at 2018-07-13 14:32 x
こんばんは。
早めに更新をありがとうございます。
もともと包道乙は舞台裏に隠された人形師だった、本当に驚きの真相だ。
どうして道具に作られた鄭彪はもっと無辜と可愛いように見える…
方臘軍の視点から絶望の戦況を述べる、梁山炎上編の背水戦に戻った気がする、すばらしい戦争の残酷な空気を作った。
流星がついに空から落ちる、石宝の抵抗は感嘆させられる。
言えば、久しぶりの星珠ちゃんに会っていません。彼女に良い結末があることを願う。
原作には「Deus ex machina」の疑いがある、 でも劭俊の芝居は本当に魔幻すぎます。(戴宗の解説も爆笑、二人が会ったらきっといい漫才になれるx)
次回は法師組の大活躍でしょう。羅真人と公孫勝は何を用意しているのか気になる。
芒砀山組の仲間たちも別れます、考えてみると悲しい。
それでも、術士にとっては、一生懸命に修練しさえすれば、きっと仲間たちとお会いできる。樊瑞君頑張って!

細部が非常に充実した一回、先生方の勤勉と努力に感謝します。
来月の更新を楽しみにしています。

では。
Commented by suiko108blog at 2018-07-13 19:09
> 出雲さん
こんばんは!一番のりですね。
13日の金曜日にふわさしい、魔対魔の戦い、第二回の公開です!
さまざまな場所で、すべての人が戦う……先の見えない戦いになりました。
みんな頑張って欲しい!そして、血を流して戦う彼らとは別に、星珠ちゃんも彼女の戦いを生き抜いてほしいです……。
それにしても、神様に対しても容赦ない、さすが戴宗!
戴宗が出ると、ちょっとホッとしますね。


<< 『第128回「魔対魔(二)」』...      『挿絵画家の会』開催! >>