2018年 04月 07日
『絵巻水滸伝 第二部 招安篇(4)』見所紹介!
『絵巻水滸伝 第二部 招安篇(4)』好評発売中です。
いよいよ十節度使戦のクライマックス……!
b0145843_15521099.jpg
b0145843_15520946.jpg
b0145843_15520978.jpg
b0145843_15521097.jpg

b0145843_16135018.jpg
『絵巻水滸伝 第二部 招安篇(4)』あらすじ

「官軍が来た!」
節度使軍、ついに金沙灘に上陸!先鋒は“鉄筆”王文徳、“李風水”李従吉、“薬師”徐京、つづいて“闌路虎”楊温、“梅大郎”梅展、その数およそ四万余。官軍精鋭の歩兵団である。
圧倒的兵力を背景に、梁山泊を蹂躙する節度使軍。
弱きもの、愛するものを守るため、ひとり関門に立ちはだかる門神、──“霹靂火”秦明。
そして、五丈河畔では、十節度使最後にして最強の男──“あだ名なき”韓存保が呼延灼ら騎兵軍の前に立ちはだかる。“双鞭”呼延灼とは初陣を共にし、その人となりは堅牢にして不動、不屈、「静かなる猛将」と称される男である。
呼延灼と韓存保、刎頚の契りを交わした二人の男が、死命を決すべく激突する。
“禁軍”対“梁山泊”──果てなき死闘、いよいよ最高潮へ!
最終決戦の、幕はあがった──。

著者:正子公也/森下翠
サイズ: B5判
フルカラー 116ページ


絵巻水滸伝第二部書籍と第一部書籍新装版のお求めはこちら!

b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers     梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。



[PR]

by suiko108blog | 2018-04-07 00:00 | 絵巻水滸伝 | Comments(0)


<< 『絵巻水滸伝』web更新日の...      さよなら神怡館 >>