人気ブログランキング |
2018年 03月 26日
水滸傳絵詞之十六 『少華山の三傑』
こちらが、先週、孟康に乗っ取られた記事になります……!
三人を相手に割り込むとは、“玉旛竿”孟康、タダモノではない。
b0145843_1511615.jpg
神機軍師 朱武(しんきぐんし しゅぶ)
『白花蛇 楊春(はっかだ ようしゅん)』
『跳澗虎 陳達(ちょうかんこ ちんたつ)』
 天に云う。われら三人、同じ日には生まれずとも、ただねがわくは同じ日に死なん。たとい劉備・関羽・張飛が義心に及ばずとも、その志はこれおなじかるべし──。
“桃園の誓い”に倣い、少華山の三頭目は義兄弟の契りを結びます。史進と共に梁山泊に合流、朱武はその神算鬼謀をもって山寨に重きをなし、軍略においては、呉用を凌ぐものがありました。
“宙を飛ぶ虎・陳達”、“人を食らう白い大蛇・楊春”、“神の知謀を持つ男・朱武”、彼らが“龍の子”史進と出会うことにより、伏魔殿より目覚めた運命の悪魔星(あくまぼし)は、ようやく動き始めます。


                              絵と文★正子公也
*『絵詞』は1996年に描いた水滸伝人物画約20点に添えられた、正子公也の文章を当時のまま、掲載しました。(初出;光栄刊「水滸伝」好漢ファイル)


b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers       梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。



by suiko108blog | 2018-03-26 00:00 | 水滸傳絵詞 | Comments(4)
Commented by しろうさ at 2018-03-26 20:07 x
絵巻の朱武さんは「努力」と「才能」のバランスがとても上手に描かれていて好きです(呉用さんは才能すら突き抜けていっちゃってるから……)。
原典ではあっさり……となってしまっていますが、きっと「いや、そんな伏線どこにもなかったでしょ!いつそんなこと考えたの!」と思った(怒った)のは私だけではないはず!
好漢の心に寄り添って一人一人丁寧に描いていくのはとてもしんどいことだと思いますが、よろしくおねがいします!

……え?後の3人はって?
史進さんは最初に出てくる好漢だから多分108星の中で忘れられることは絶対にないから特にコメントする必要はないし……
陳達さんは、キャラ被りする人がいるからやっぱり忘れられることは絶対にないし……(ひどい)
(というか、陳達さんと雷横さんの会話を聞いてみたいですね。お互い「俺とキャラ被ってる!」って思っていたりして)
楊春さんは……控えめなキャラとしての印象があるけれど、そりゃこの面子じゃぁ控えめにしかなれないよね……と……。絶対に史進さんと陳達さんのブレーキ役としか思えないので、意外と「実は(各山の)ブレーキ役のみなさん」でお酒の席ではしんみり飲んでいるような気がしました。(清風山では鄭天寿さん、黄門山では蒋敬さん、二竜山は施恩さん(←いや、ぼっちゃん絶対違うよね?と思いますが、きっと「僕は二竜山ではみんなのブレーキ役なんだよ」と混ざってきそうです)、芒碭山は項充さんという感じでしょうか)
Commented by 雲海 at 2018-03-26 21:37 x
こんばんわ。
少華山三傑・・・考えたらこの三人も不思議な組み合わせなんですよねぇ。
白虎山以外は本当に不思議な集いだと思います。一番不思議なのは、やっぱり飲馬川ですな・・・。
このあたりが、人間の不思議な結びつきを感じて、水滸伝のリアルな感じがあるのだと思います。
そういえば、今つきあってる友達もそんな感じだねぇと思うと妙に自分がおかしく感じられます。
Commented by しろうさ at 2018-03-27 06:15 x
おはようございます!横からすみません…
>一番不思議なのは、やっぱり飲馬川ですな・・・。
そうですよね。そもそも「どうやって頭領を決められたんですか?」とインタビュー……する前に鄧飛さんに齧られそうな気が……。意外と鄧飛さんは(数年ぶりの)楊林さんのことを覚えていたりするので、人情に厚い部分も……ある……と思います(声が小さくなる)。
めいめい好き勝手していそうに見えるけれど、実は固い絆がある……っていいなぁと思います。
Commented by suiko108blog at 2018-03-27 08:56
山談義(?)楽しいですね!
仲良しの山、なんでこのメンツが?という山……少華山はバランスがいいですよね。
飲馬川は謎が多いですが、首領決めにあたっては、孟康もトウ飛もやりたくないので、当然のように裴宣が……という学級委員長かマンション自治会の理事長決めのような流れがあったかも?裴宣、断れない雰囲気……
ブレーキ役宴会(?)、施恩ちゃんの後ろに黙って座っている曹正が見えます……!
しろうささんの発送はいつも面白くて笑っています!
それにしても、雲海さん……どんなお友達ですか……!

みなさんもお好きな山のことを語ってくださいね!
桃花山も忘れないでー!


<< 幻の林冲Tシャツ!      「春の三国志会」は3/25(日... >>