人気ブログランキング |
2018年 01月 31日
『絵巻水滸伝』書籍版、取り扱い書店が増えました
神保町の東方書店さんに続き、銀座の教文館さんでも第一部、第二部ともにお求めいただけるようになりました!
銀座においでの際は、覗いてみてくださいね。
取り扱っていただける書店さんがありましたら、ぜひ宜しくお願いいたします!

『絵巻水滸伝 第二部 招安篇』第3巻、もうすぐ発売です!
b0145843_19160729.jpg
書籍のお求めはこちら!

『絵巻水滸伝』20周年記念出版案内ページ作りました! ↓下の画像をクリック!

b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers     梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。



by suiko108blog | 2018-01-31 00:00 | 絵巻水滸伝 | Comments(2)
Commented by しろうさ at 2018-02-01 05:51 x
書店で絵巻を見つけると、なにかしみじみと感慨深いものがあるだろうな……。
月食が過ぎて、きれいな満月が見えていますので、もっと取扱い書店が増えますように!とお祈りしました。
好漢たちの時代は皆既月食とかあったのかな(確か宋の時代はそれなりに天体の観測についてはしっかりしているはず)。
「うおー!月が隠れていくー!俺の血が騒ぐぜ!」とか(魔星だけに)言っていそうな気がします。
Commented by suiko108blog at 2018-02-01 09:52
> しろうささん
おはようございます!
昨夜は、こちらでも綺麗な皆既月食が見られました。夜空に浮かぶ赤い月……ふしぎでしたね。
宋代にも天文に関する記述はたくさんありますが、やはり凶兆というか、政治が悪いから天が……という扱いでしょうか。
騒ぐ好漢たちに、蒋敬とかカク思文が理論的な説明をするんだけど、誰も聞いていなさそう……。


<< 『第126回 憤怒ノ江(かわ)...      『絵巻水滸伝』ハイライト(263) >>