人気ブログランキング |
2016年 07月 07日
宣紙
b0145843_19514245.jpg
文字通り、宣州の紙です。
『絵巻水滸伝』の宣州攻めで、陳達朱武のために持ってきたのを覚えている方もいるでしょうか?
昔から、上質で知られた紙です。

こちらは、安徽省屯渓老街の立派な文具店で買いました。
老街は石畳の道の両側に徽州式建築の商店がずらりと並んだ通りです。
南宋から清代の雰囲気を残した建物では、特産のお茶や硯など、お土産物を売っています。

このお店では、正子公也も筆を買いましたが、店主がサービスで名前を彫ってくれました。
b0145843_1952488.jpg
小刀を使って、あっという間に細い軸に名前を彫って、金泥で埋めてくれます。
もう一本買うと、「では別の字体で彫りましょう」とまたスラスラ……。
b0145843_1952676.jpg
  おみごと!
蕭譲金大堅が合体したような人でした。

水郷である安徽省は今も洪水でたいへんな被害が出ていますが、この日も道が河になるような豪雨でした。
一日もはやく災害がおさまりますように。
安徽省は、科挙の状元(首席)を何人も排出していたり、文化の豊かな地域です。
いつかまた、ゆっくりと老街を散策してみたいです。


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2016-07-07 00:00 | Suiko108 クロニクル | Comments(2)
Commented by しろうさ at 2016-07-08 08:39 x
おはようございます。
ついいろいろ考えてしまうのが、「好漢達の私生活」です。
特に文系頭領や、頭では武闘派だろうと思っても意外と科挙を目指していたとか一応「軍略にも優れ」(=孫子に詳しい=読めるのだろう)っていう人がいろいろいますよね。案外粗暴な感じの梁山泊ですが、意外と「字が読めないから教えてほしい」とかいうやりとりもあったのかな……とか(頭から覚える気のない好漢もいそうですが、識字率は気になるところです)。
あるいは柴進さんや李応さんのような担当者が「まーた予算の半数を食い物に使って……どんどん紙やら文系頭領の嗜好品の予算がなくなっていくわい……」とか。
Commented by suiko108blog at 2016-07-08 10:30
> しろうささん
おはようございます。
日中ともに識字率は「名前が書ける」から、「手紙の読み書き」、「公文書の読み書き」など、どのレベルで測るかで違ってくるのでなんともいえませんが、とりあえず中国の文人能力の最高峰は、科挙の試験でもあるように「詩が書ける」でしょうか。
5万から20万ともいう漢字を駆使して、平仄を揃え、韻を踏み、古典を折り込み……と、庶民には呪文みたいなものですね。
改めて考えてみると、梁山泊の好漢中に、うまい下手を別にして、ちょっとした詩が作れそうな人は、18人くらいはいるかも。これは、かなりのインテリ軍団です!
しかも、呉用を筆頭に、柴進、裴宣、朱武、李応、蒋敬……と並べると、ちょっと逆らう気になれませんね。きっと、さっさと自分たちの予算を確保していることでしょう。



<< 戦国酒!~加賀百万石BEER      正子公也作品集『LEGEND!... >>