人気ブログランキング |
2016年 03月 10日
宋代の茶
b0145843_1141824.jpg
吉川英治『三国志』は、劉備がお茶を買おうとするシーンから始まりますが、こ れは吉川英治の創作で、漢代ではお茶は高級品、嗜好品ではなく、医薬品の扱いでした。
喫茶の風習は唐代あたりから一般的になり、宋代には庶民もお茶を飲むようになります。
町には色々なお茶菓子を置いた茶館もできて、お年寄りが集まっておしゃべりしたり、不良のたまり場になったり、庶民のサークル活動の場や、女子会の会場になっていました。
また、『東京夢華録』には、隣に人が越してくると茶を贈ったり、茶瓶をさげて近所の人と集まって四方山話しに興じる……という市民生活の描写もみられます。

現代でも100円のテイクアウトコーヒーから、一杯1000円の高級店まであるように、当時も、立派な門構えの高級な茶楼から、妓館をかねた花茶坊、茶瓶をさげて売り歩く行商人まで、様々な種類がありました。
『水滸伝』では遊び人の西門慶王婆潘金蓮との仲立ちを頼みますが、この王婆のように、茶店ではないのに茶を出して代金を稼ぐのは、人情茶店と呼ばれていました。

皇帝が飲むのは高級なお茶で、白茶と呼ばれる茶水の色の薄いものが最高級として尊ばれたそうです。
もちろん庶民の口に入るものではありませんが、街角で甘いお菓子をつまみなが ら四方山話しに興じれば、安い出涸らしでも楽しそうですね。

また、お茶には二種類あり、レンガのように固められた片茶、ばらばらの茶葉ままの散茶がありました。
これは、どちらも粉に轢いてお茶にします。
日本の茶道の源流ですね。
宋代は、大きな碗に一度に作り、それを銘々の茶碗に注ぎ分けたようです。

水滸伝の好漢たちは、まず酒ですから、お茶にかかわる人物はいませんが、彼らも時にはお茶を楽しんだことでしょう。

明日は、いろいろなお茶をご紹介します。


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2016-03-10 00:00 | Suiko108 うらばなし | Comments(2)
Commented by しろうさ at 2016-03-10 07:48 x
おはようございます!私は朝からコーヒー派です。
>水滸伝の好漢たちは、まず酒ですから、お茶にかかわる人物はいません
朱富さんはお酒担当ですけれど、確かにおやつ(飲茶)担当の好漢っていないですよね……強いて言うなら安先生でしょうか(居酒屋担当の好漢の皆さんもどうしてだろう。「ノンアルコールで」「何いってんだい!いっぱしの大人ならこっちだろう!」とかいう会話にしかならなさそうな)。風流殿ならたしなんでいそうな気もしますが生憎そういう描写が一つもない……。
Commented by suiko108blog at 2016-03-10 12:27
> しろうささん
好漢たち、本当にあまりお茶飲んでいないですよね。
酔い醒ましは例のスープだし……。
宋江たちが李師師に会いに行った時、お茶屋でお茶をのみながら、燕青が段取りをつけているのを待っていた……が代表的なシーンでしょうか。
李師師もまずはお茶を、と言っています。当時、妓女はまずお茶を飲みながら客の品定めをしましたので、これは正しい流れです。
確かに風流殿が詳しそうですね。


<< 好漢飯~お茶      『絵巻水滸伝』ハイライト(185) >>