人気ブログランキング |
2015年 11月 26日
媽祖廟(まそびょう)
b0145843_11435036.jpg
以前、横浜中華街媽祖廟をご紹介しましたが、今日は東京新大久保媽祖廟を紹介します。
新大久保に最初にお店を出すようになったのは、華人だったように覚えています。20年くらい前でしょうか。百人町屋台村とか……懐かしい!
その後はコリアンタウンとして定着し、また近頃は華人が増えてきました。
こちらは、そんな人々が寄付を集めて建てた媽祖廟です。
b0145843_11441189.jpg
媽祖は航海の女神で、天后とも呼ばれる民間でたいへん信仰されている神様です。
道教の神様にはよくあることですが、もとは人間。黙娘という宋代の官吏の娘だったといわれています。
彼女が仙人になって、もしくは海で死んで、神様になったと考えられているわけです。
海に関する神様ですので、南方の福建省や香港、台湾などでよく信仰されています。
ドラマなどでも、よく船に乗る人々が「天后保佑」というセリフを言います。
「媽祖様、お守りください」という意味です。

日本の中華街でも熱心に信仰されているのですから、海を渡って外国へ渡っていく華僑の人々にとっても、関羽とならんで頼りになる女神様なんでしょ う。
この日、中ではちょうど何かの行事がが行われていて、ちょっと入りにくい雰囲気でしたので、今度、じっくり探検してきます。

こちらは外にある龍の噴水です。
b0145843_11444794.jpg
この派手さは、懐かしのタイガーバームガーデンを彷彿とさせますね……やはり南方の雰囲気濃厚です。
ちなみに、中国では龍には九匹の子供がいるといわれています。
b0145843_1145981.jpg
これは、その子供たちでしょうか?
ただし、本当は龍の子供たちは龍には似ていないのです。
トウ飛のあだ名の“シュンゲイ”も、実は八番目の龍の子ですが、なぜか龍ではなく、獅子に似ているそうですよ。



b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2015-11-26 00:00 | Suiko108 クロニクル | Comments(0)


<< 好漢飯~老家郷酒館      新聞連載『家康』 >>