人気ブログランキング |
2015年 09月 17日
『宋江三十六人賛』(35)
長かった『宋江三十六人賛』も、残すところいよいよあと二人となりました。
終わったら、もう一度、内容を見直して、ブラッシュアップしようと思っています。
中国人にとっても難しいようで、素人のsuiko108にはかなり無謀な試みなのですが、とりあえず最後まで気楽に楽しんでいきましょう。b0145843_19543089.jpg






   “金鎗班”徐寧


北宋時代、梁山泊に集まった好漢たちの物語は、はじめから今の「水滸伝」の形をとっていたわけではありません。
『宋江三十六人賛』は、『水滸伝』の誕生に先駆けて、南宋時代(1127~1279)に書かれた宋江ら三十六人の仲間を讃える文章です。
もともとは画がついた“画賛”でしたが、画は散逸して、今では文章だけが残っています。

古文ですし、当時の世相を色濃く反映しているので、訳すのは大変に難しいです。
分からない言葉もたくさんありますが、なんとか頑張って読んでいってみましょう。
南宋時代の梁山泊にはどんなメンバーがいたのか、そして、彼らはどのような人物としてイメージされていたのでしょう。

※訳文はあくまで素人の推測・想像ですので、多少とも合っているのかどうか、まったく分かりません。
皆さんのご意見、識者のご教授をお待ちしています!

   “金鎗班”徐寧


 金不可辱(金は辱めることあたわず)
 
 亦忌在穢(また穢れにあるを忌む)

 盍鋳長殳(なんぞ長殳を鋳さず)

 羽林是衛(羽林これ衛)


梁山泊第十八位の頭領、徐寧が遅れて登場です。
梁山泊では少数派(?)の、真面目で家族思いの男でしたが……こちらの徐寧はどう でしょうか?
『水滸伝』でのあだ名は“金鎗手”。
徐寧が禁軍金鎗班の教頭で、金鎗の使い手だったことに由来します。
“金鎗班”は宋国の近衛軍に実際にあった部隊です。
“殳”は宮中の護衛などが持つ、先端に刃のない金属をつけた長柄武器。
羽林は近衛軍のこと。
禁軍関連の言葉が並んでいますね。
こちらの徐寧も、もともとは禁軍の兵士だったことは間違いなさそうです。

ということで、suiko108的に超訳してみると……

「金は侵すことができず、穢れを嫌う高貴な金属だ。金鎗班の徐寧も優れた武人だったはずなのに、なぜ山賊などになってしまったのか。天子の守りである近衛軍こそ、武人の誉れではないか」

そんな感じでしょうか?
高潔な武人だった徐寧が、禁軍をやめて山賊になったことが残念、かつ不思議で ならない様子です。
それは……やはり、家宝の鎧を盗まれたから、だったのでしょうか。



b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2015-09-17 00:00 | Suiko108 クロニクル | Comments(0)


<< 『家康』連載快調!      絵巻水滸伝・第二部~予告編! >>