人気ブログランキング |
2015年 08月 27日
絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之十
b0145843_20231840.jpg










  第六十三位★地狂星“独火星”孔亮
   (ちきょうせい どっかせい こうりょう)


「“猖狂妄行乃蹈乎大方猖狂”──妄行して、乃ち大方を蹈む」
「“荘子”だけどな」

あだ名“独火星”とは火星のこと。古来、この星が現れると 地上に戦乱が起こるとされていた。
もとは青州白虎山の麓に住む長者の息子で、孔子の子孫でありながら武芸を好み、孔明とともに気が短くて喧嘩好きとして知られていた。
父親が亡くなると、いさかいから土地の金持ち一家を殺してしまい、白虎山へ登って盗賊となった。やがて青州三山対“双鞭”呼延灼の青州戦が起こる と、単身、梁山泊に救援を求めに赴いた。
宋江の人柄を尊敬して“師”と仰ぎ、梁山泊では親衛隊の役目を担う。得意技は家伝の“孔家縄術”。もとは武術ではなく、家畜を捕らえる農家の実用 の技である。

兄の孔明とは年が近く、容貌や思考がそっくりなため互いに反発していた。
しかし、二人は常に同じ道をゆく一心同体の存在であった。
その道が、僅かに分かたれようとした時、永遠の別れが兄弟に訪れるのである。



b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2015-08-27 00:00 | 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版] | Comments(0)


<< 南魚沼の鮎      夢のいきもの、表彰式! >>