人気ブログランキング |
2015年 07月 15日
『絵巻水滸伝「第118回 風・後篇」』本日公開!
b0145843_19135772.jpg
風は叫ぶ。河は怒る。 激闘の末、敵将もろとも飲馬橋下へ落ちた“醜郡馬”宣贊、その生死やいかに──。
混乱のなか、ひとり、逃亡を企てる“三大王”方貌。
そして、抜け穴を塞がれ闇の中に取り残された、“神算子”蒋敬。
果たして彼は、“七夕の夜に天の川にかかる橋”── “烏鵲橋”に辿り着くことができるのか。

宋江が、呉用が──。施恩が、孔明が、そして楊志が──、失われた“答え”を求めて、彼らは戦う。
『光は闇、闇は光』
七夕の夜空に輝く、三つの星。
風と光を伴って、流れ星がまたひとつ──。
去りゆく魂。哀しき挽歌。

『方臘篇』光ノ巻、最終回──。


『絵巻水滸伝/ 「第118回 風・後篇」』本日公開! キノトロープ/絵巻水滸伝


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2015-07-15 12:40 | 絵巻水滸伝 | Comments(8)
Commented by はっけよい at 2015-07-15 11:43 x
正子先生、森下先生。
方臘戦の光の章完結、お疲れ様でした。
また2ヶ月後の再開を楽しみにしています。

今回も重たかったです。
特に二竜山のマスコット施恩ちゃんが呆気なく…
出てくるたびに癒されてたので、本当に寂しいです。
郝思文と孔明の悼む言葉や、蔣敬の行動もさる事ながら
最後に楊志が完全燃焼したかのように、消えて行きましたね。
また、三娘ちゃんが親分に言った、「杭州は鄭天寿さんの故郷なんだから」
この台詞は沁みました。清風山組は仲いいんだなぁ。
そして次回予告の石宝といっしょにいる連中は誰なんだ‼︎

次回を心から楽しみにしています。
Commented by しろうさ at 2015-07-15 16:52 x
ああ……と、いろいろ予想はしていたのですがやはり重いですね…。読んだ後、ずっしりと何か響いてくるというかそんな感じがしました。ネタバレになってしまうと困るので多くは書きませんが、哀しいというよりは……お疲れ様と、ゆっくり休んでいいんですよ……と、そんな感じです。
Commented by 珍散々 at 2015-07-15 18:14 x
更新お疲れ様です
方臘戦もようやく折り返し、恐ろしく長かった気もしますが、長く辛いのはまだこれからですねえ 強敵らしい強敵はまだ1人も姿を見せてないですから
3ヶ月後の更新が待ちきれません 楽しみにしてます
Commented by 雲海 at 2015-07-15 22:18 x
こんばんわ。
今回は光の章完結ということで、
・・・悲しい別れでありながら、一人ひとりに相応しい
惜別の光景が用意されてるんですねぇ・・・。
最後の花と共に横たわる漢は、一片の清々しさを感じました。
気持ちよく泣かせていただきました。
2か月後の再開が待ち遠しいですねぇ~。
これから暑くなりますが、みなさんご自愛下さいませ。
Commented by suiko108blog at 2015-07-15 22:18
はっけよいさん
こんばんは!今月は一番乗りでしたね。
毎回つらいお話しなのに、みなさん読み続けてくださって嬉しいです……!
今回はsuiko108も改めて読み返し、なんというか……がっくりきた感じです。
物語はいよいよ闇之章へ……、予告の“彼ら”が誰か予想しながら、楽しみにお待ちくださいね。
Commented by suiko108blog at 2015-07-15 22:36
しろうささん
こんばんは!今月もありがとうございます。
長い長い旅路を歩んできた好漢たち……この最期に向かって旅をしてきたのでしょうか。
梁山泊の旅の行方、最期まで見守ってくださいね。
また10月に!
Commented by suiko108blog at 2015-07-15 22:42
珍散々さん
いつもお気遣いありがとうございます。
後半は「闇」ですからね…… どんな恐ろしい敵が現れるか、覚悟しないといけませんね。
更新がない間も、ブログは続きますので、また遊びにきてくださいね!
Commented by suiko108blog at 2015-07-15 22:45
雲海さん
こんばんは。
あの好漢については、suiko108にもちょっと重かったです……。
長い付き合いですからねぇ……もう20年近く、不幸人生を見守ってきたわけです。それがあんな穏やかに逝くなんて……。

台風が近づいています。どうぞ気をつけてお過ごしくださいね。


<< 『絵巻水滸伝「第118回 風・...      『絵巻水滸伝』ハイライト(161) >>