人気ブログランキング |
2015年 04月 23日
戦国飯「おとなの焼き鯖寿司」
b0145843_1213445.jpg
またまた新しいカテゴリーが登場です……。
しかも、「おとなの焼き鯖寿司」って?
戦国とは関係なくない……?と思われた諸兄。それがあるんです。
取材の途上、いろいろな物を食べるわけですが、何気なく食べたものが、意外に歴史的ないわれがあったりします。
今回ご紹介する駅弁「おとなの焼き鯖寿司」も、そのひとつ。
ふいをつかれたので、思わず紹介していまいます。
まぁ、実際、焼き鯖寿司はsuiko108の好物で、おいしそうだから買っただけなのですが、食べながらパッケージを読んでみますと、こちらのお店「番盤本店」さんは、もともとは伊勢の宮大工だったそう。
それが関が原の戦いの後、徳川家康の息子で越前に封じられた結城秀康について福井城築城のため福井に移り、やがて几帳面な性格をかわれて台所頭の ひとりとなったそうです。
やがて時代は移り、市内に店をかまえて、駅弁も売り始めたとのこと。

鯖は昔から福井の名物、焼き鯖寿司も近年、福井で考案されたそうです。
おいしいものに歴史ありですね。

かにめしも美味しそうです!

  番盤本店ホームページ


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2015-04-23 00:00 | 戦国飯 | Comments(0)


<< 出雲旅行記~品川大膳一騎討ちの碑      丸武産業さんに行ってきました >>