2015年 04月 02日
『林冲夜奔』
b0145843_22512360.jpg
『水滸伝』関連の書籍を紹介しています。
こちらは、suiko108が昔、台湾で買った水滸伝本です。
自分でもすっかり忘れていました!

作者の高陽先生は、有名な中国の歴史作家のようです。
もう故人ですが、たくさんの歴史小説を書いています。

気になる内容は、林冲が落草して梁山泊へ赴くまでの「林冲夜奔」と、楊雄潘巧雲の物語「翡屏山」の2篇が収録されています。
ざっと見たところ、あまり物語のアレンジはないようですが、文章にはなかなか文学的な風格があります。
「翡屏山」の方は結構な長編なので、描写も詳細になっています。
楊雄から「義兄弟になろう」と言われた石秀が、“嬉しくて、ぽーっとなってしまう”……のはお約束ですね。


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。
[PR]

by suiko108blog | 2015-04-02 00:00 | Suiko108 クロニクル | Comments(2)
Commented by 雲海 at 2015-04-02 21:45 x
こんばんわ。
今日はちょっと冷え込みますね。みなさんもお風邪など召しませぬよう。
林冲夜奔・・・風格のある林教頭ですね~。髭の豹子頭も格好いいです!
私も水滸伝本探索にふらりと出かけたいものですねぇ~
Commented by suiko108blog at 2015-04-03 09:29
雲海さん
おはようございます!
桜も満開だというのに、朝晩は冷え込みますね。このまま急に夏が来そうです。
この本は、suiko108も明らかに「表紙買い」ですね……。
水滸伝関連の本は探すと結構ありますから、面白い本を見つけたら教えてくださいね!


<< 「真田幸村の謎」本日開幕!      『絵巻水滸伝「第116回 迷・... >>