人気ブログランキング |
2014年 12月 18日
『宋江三十六人賛』(24)
b0145843_0215179.jpg






   “急先鋒”索超


北宋時代、梁山泊に集まった好漢たちの物語は、はじめから今の「水滸伝」の形をとっていたわけではありません。
『宋江三十六人賛』は、『水滸伝』の誕生に先駆けて、南宋時代(1127~1279)に書かれた宋江ら三十六人の仲間を讃える文章です。
もともとは画がついた“画賛”でしたが、画は散逸して、今では文章だけが残っています。

古文ですし、当時の世相を色濃く反映しているので、訳すのは大変に難しいです。
分からない言葉もたくさんありますが、なんとか頑張って読んでいってみましょう。
南宋時代の梁山泊にはどんなメンバーがいたのか、そして、彼らはどのような人物としてイメージされていたのでしょう。

※訳文はあくまで素人の推測・想像ですので、多少とも合っているのかどうか、まったく分かりません。
皆さんのご意見、識者のご教授をお待ちしています!

   “急先鋒”索超

  行軍出師(行軍、出師)

  其鋒必先(その峰は必ず先)

  汝勿鋭進(汝、鋭く進むことなくば)

  天兵在前(天兵は前に在り)


「行軍、出師、その峰は必ず先、汝、鋭く進むことなくば、天兵は前に在り」

梁山泊第19位の“急先鋒”索超が、やや遅れて登場です。
これは単純明快な索超らしい、実に分かりやすい賛ですね。
皆さんにも想像がつくのではないでしょうか?
「天兵」は天子の軍ですから、賊軍に対する討伐軍のことですね。


文章の意味をSUIKO108的に超解釈(?)してみると、


「戦になれば、必ずお前が先鋒だ。お前が先頭きって斬り込めば、官軍なぞ一歩だって近づけない」

こんな感じでしょうか?
文法的には「お前が突っ込んでくれなければ、官軍が眼前に迫ってくる」という意味ですが、あえて「~でなければ」と非定型を使うのは、より強調する意図があることが多いようです。
また「勿」の一般的な用法である「~することなかれ」で読めば、
「天子の軍が目の前に迫っているのだから、くれぐれも突っ込んでいってはいけない」と読むことができます。

こちらの索超は、あるいは討伐軍に先鋒として突撃し、討ち死にしたのかもしれません。
それを惜しんだ賛とすれば、索超は、その勇敢さを愛されていたのでしょう。

いずれにせよ、“急先鋒”索超は、いつも先頭きって敵軍に突っ込んでいく、頼りがいのある男なのです。


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2014-12-18 00:00 | Suiko108 クロニクル | Comments(0)


<< 前田慶次と歩く戦国の旅      『絵巻水滸伝』ハイライト(137) >>