人気ブログランキング |
2014年 11月 07日
『宋江三十六人賛』(20)
b0145843_22365410.jpg






   “黒旋風”李逵


北宋時代、梁山泊に集まった好漢たちの物語は、はじめから今の「水滸伝」の形をとっていたわけではありません。
『宋江三十六人賛』は、『水滸伝』の誕生に先駆けて、南宋時代(1127~1279)に書かれた宋江ら三十六人の仲間を讃える文章です。
もともとは画がついた“画賛”でしたが、画は散逸して、今では文章だけが残っています。

古文ですし、当時の世相を色濃く反映しているので、訳すのは大変に難しいです。
分からない言葉もたくさんありますが、なんとか頑張って読んでいってみましょう。
南宋時代の梁山泊にはどんなメンバーがいたのか、そして、彼らはどのような人物としてイメージされていたのでしょう。

※訳文はあくまで素人の推測・想像ですので、多少とも合っているのかどうか、まったく分かりません。
皆さんのご意見、識者のご教授をお待ちしています!

   “黒旋風”李逵

  風有大小(風に大小あり)

  不辨雌雄(雌雄を辨ぜず)

  山谷之中(山谷の中)

  遇尓亦凶(なんじに遇えば、また凶なり)



「風に大小あり 雌雄を辨ぜず、山谷の中 なんじに遇えば、また凶なり」

『水滸伝』では二十二位の鉄牛兄貴が、だいたい同じくらいの順位で登場です。
これは比較的わかりやすい贊ですね。
それだけに、いろいろな意味を含ませているようにも思えますが……。

suiko108的に超解釈してみると……


「“黒旋風”の李逵はたいへんな乱暴者だ。いつも暴れて、男女の別なくひどい目にあわせる。
もし、奴と山で鉢合わせすれば、そりゃあもう大変な災いを受けることになるだろう」


『水滸伝』での李逵のあだ名は“鉄牛”ですが、この贊だと“虎”のイメージをもたれているようです。
虎は現れる時、風を巻き起こすと云われていますし、山谷にいて、人に遇うと男女の別なく襲いかかる……まさに獰猛な虎ですね。
李逵は、山を縄張りにする虎のように狂暴な山賊だったのかもしれません。
『水滸伝』に登場する、偽李逵こと“李鬼”に、その面影が残っているのかもしれません。
また、この李鬼は夫婦ですが、この頃の李逵が夫婦者の山賊だったとすると、この前半部分を
「大虎と小虎の山賊夫婦がいて、どっちもたいへん狂暴だ」
というふうに読むこともできるかもしれません。
また、更にもう一つの見方が……これは次回の“小旋風”柴進と併せて考えてみましょう。


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2014-11-07 00:00 | Suiko108 クロニクル | Comments(2)
Commented by 雲海 at 2014-11-07 21:28 x
こんばんわ。
風有大小・・・
ああ、やはり黒旋風と小旋風・・・関係性あるんですねぇ。
柴進の賛の解説を愉しみに待ってます。
Commented by suiko108blog at 2014-11-08 14:50
雲海さん
こんにちは!
立冬も過ぎて、急に寒くなってきましたね。
解釈もなかなか難しいのですが、想像が広がって面白いという面もありますね。
柴大官人の原型は一体どんなだったのか……次回をお楽しみに!


<< 正子公也講演会IN大阪!      『絵巻水滸伝』ハイライト(132) >>