人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2014年 09月 18日
『宋江三十六人賛』(16)
『宋江三十六人賛』(16)_b0145843_0515948.jpg






   “混江竜”李俊


北宋時代、梁山泊に集まった好漢たちの物語は、はじめから今の「水滸伝」の形をとっていたわけではありません。
『宋江三十六人賛』は、『水滸伝』の誕生に先駆けて、南宋時代(1127~1279)に書かれた宋江ら三十六人の仲間を讃える文章です。
もともとは画がついた“画賛”でしたが、画は散逸して、今では文章だけが残っています。

古文ですし、当時の世相を色濃く反映しているので、訳すのは大変に難しいです。
分からない言葉もたくさんありますが、なんとか頑張って読んでいってみましょう。
南宋時代の梁山泊にはどんなメンバーがいたのか、そして、彼らはどのような人物としてイメージされていたのでしょう。

※訳文はあくまで素人の推測・想像ですので、多少とも合っているのかどうか、まったく分かりません。
皆さんのご意見、識者のご教授をお待ちしています!

   “混江竜”李俊

  乗竜混江(竜に乗り、江を混ぜる)

  射之即済(之れを射て即ち済む)

  武皇雄争(武皇は雄争し)

  自惜神臂(自ら神臂を惜しむ)


「竜に乗り江を混ぜ、之れを射れば即ち済(すく)う、武皇は雄を争い、自ら神臂を惜しむ」

水滸伝では第二十六位の水軍総帥“混江竜”李俊が早くも登場です。
あだ名は“混江竜”で同じですが……ちょっと解釈しにくい文章です。
「神臂」といえば弓の名手、「武皇」は地上の権力者たちのような意味ですが……。
とりあえず、文章の意味をSUIKO108的に超解釈(?)してみると、

「“混江竜”李俊は、その渾名の通り、“竜に乗って江をかき回す”ごとく天下に横行する無頼漢だ、この男を射殺す者があれば天下の民は大いに救われるだろう。しかし、現世のお偉いや権力者や将軍たちは、自分の利益のためには大いに争うが、我が身に災いが降りかかることを恐れ、わざわざ厄介な“混江竜”李俊と事を構えようなどとはしない」

……こんなふうに解釈してみると、李俊は時の役人や官軍などにも煙たがられ、恐れられた、そうとう厄介な男だったようですね。
長江を舞台に、水賊か、塩賊か、とにかく大いに暴れていたのでしょう。



『宋江三十六人賛』(16)_b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2014-09-18 00:22 | Suiko108 クロニクル | Comments(0)


<< 好漢飯~“涼拌粉条”      岡山県立博物館にてグッズ販売中! >>