人気ブログランキング |
2014年 07月 18日
『宋江三十六人賛』(13)
b0145843_23571922.jpg







   “花和尚”魯智深


北宋時代、梁山泊に集まった好漢たちの物語は、はじめから今の「水滸伝」の形をとっていたわけではありません。
『宋江三十六人賛』は、『水滸伝』の誕生に先駆けて、南宋時代(1127~1279)に書かれた宋江ら三十六人の仲間を讃える文章です。
もともとは画がついた“画賛”でしたが、画は散逸して、今では文章だけが残っています。

古文ですし、当時の世相を色濃く反映しているので、訳すのは大変に難しいです。
分からない言葉もたくさんありますが、なんとか頑張って読んでいってみましょう。
南宋時代の梁山泊にはどんなメンバーがいたのか、そして、彼らはどのような人物としてイメージされていたのでしょう。

※訳文はあくまで素人の推測・想像ですので、多少とも合っているのかどうか、まったく分かりません。
皆さんのご意見、識者のご教授をお待ちしています!

   “花和尚”魯智深

  有飛飛児(有飛飛児)

  出家尤好(出家尤も好し)

  与尓同袍(尓と同袍)

  佛也被悩(佛また悩みを被る)


「有飛飛児、出家もっとも好し。なんじと同袍、佛もまた悩まさるる」

水滸伝では第十三位の“花和尚”魯智深、こちらでも第十三位、あだ名も同じ“花和尚”です。
文章の意味をSUIKO108的に超解釈(?)してみると、

「出家ほどよいものはない。しかし、暴れ者の花和尚が同門とあっては、仏様も頭が痛いことだろう」

といったところでしょうか。
※「有飛飛児」は俗語のような気がするのですが、意味が分かりません。拍子もいいので合いの手的なものでしょうか。
「飛」には「突然、ふいに」と いう意味もありますので、なにか思いがけないことが有ったのでしょうか?「速い」「ひらひら漂う」「とび抜けて」などの意味もありますので、ふらふらと流浪していた厄介な奴……でしょうか。漢字の意味をいろいろと並べてみると、想像が広がりますね。
とはいえ、三十六人賛でも、魯智深が刺青入りの破戒僧だったのは間違いないようです。仏様をも悩ます荒法師というところ、『水滸伝』と全く同じで す。この頃から、魯智深兄貴は民衆に大人気だったのかもしれませんね。


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2014-07-18 00:22 | Suiko108 クロニクル | Comments(2)
Commented by 雲海 at 2014-07-18 22:42 x
こんばんわ!
おお、36人賛とうとう大兄貴登場ですねぇ。大兄貴ぴったりの賛ですね。
有飛飛児・・・なんか花和尚をうまく表現してるように見えますなぁ。

さて、第112回情後編とても切なく拝読いたしました。
とうとう地英星も天に還ってしまいました・・・。友の名・・・すごく切ないです。絵巻水滸伝は好漢の最期も素晴らしい描き方ですねぇ。
次回も更新お待ちしております。
だいぶ暑くなりましたが、みなさま熱中症にお気をつけくださいまし。
Commented by suiko108 at 2014-07-19 14:11 x
雲海さん
いつもありがとうございます。
なんだか魯智深の顔を見るとほっとする今日この頃です。
哀しい別れが多々ありますが、魯智深の変わらない様子に慰められます。
謎の呪文、「ヨウ・フェイ・フェイ・アール」と唱えると、なんだか元気が出るような?
来月も見てくださいね!



<< 挿絵画家の会~展覧会2014      「城×戦国武将」ポスターフライ... >>