人気ブログランキング |
2014年 05月 16日
『絵巻水滸伝 第111回「禍・後篇」』公開中!
b0145843_20183666.jpg
「星はふたつ──」
“刻”の到来に、枢密使“明使”呂師嚢の心はざわめく。

「呂師嚢を殺せ!」
仲間を失い復讐に燃える、梁山泊軍。
“大刀”関勝を筆頭に、“五虎将”らに率いられた騎兵五千が、方臘軍を追撃する。
激闘の最中、病魔に倒れる“青面獣”楊志。

その頃、方臘軍の水砦“焦山”を探っていた“弃命三郎”石秀と“活閻羅”阮小七は、数百の敵兵を相手に、たった二人で、“命知らず”の斬り込みを強行するのだった…。


『弃命三郎』の「弃」は、正しくは
b0145843_20563945.gifです。

『絵巻水滸伝/第111回「禍・後篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝

★キノトロープさんの創業20周年記念Facebookページ!

ずっと『絵巻水滸伝』をサポートしてくださっているweb制作会社、キノトロープさんが創業20周年を記念して始められたFacebookページです。
こちらでも『絵巻水滸伝』の情報が告知されますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
web制作会社としても凄いのですが、さらに義を重んじ財を疎んじる好漢的会社なのです。
社長の生田氏はまさに大哥!

    キノトロープのKiseki


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2014-05-16 00:00 | 絵巻水滸伝 | Comments(4)
Commented by 雲海 at 2014-05-17 22:04 x
こんばんわ。
第111回大変興味深く拝読させていただきました。
また一人・・・あの名剣の使い手が倒れてしまいましたねぇ・・・。
運命とはいえ辛いですねぇ。
最後にまた懐かしの女性が再登場、脇の男性・・・気になりますねぇ。
最後に一か所文字の間違い見つけました「楊志の槍技に隙はないた」
「た」が不要でですかね。
次回の更新どうなりますか。待っております。
Commented by suiko108 at 2014-05-17 23:21 x
雲海さん
こんばんは!
盛り上がるところで校正ミス……!スミマセン……実はsuiko108 も後からいくつか発見……どうして気がつかないんでしょ……。
web上で直すのは限界がありますが、皆さんのおかげで、校正が進んでおりますので、書籍版では直ります!
物語は辛い展開が続いていますが、好漢のみなさんのご協力たよりにしております。
Commented by 水滸無双 at 2014-05-19 06:13 x
こんにちは。
第111回「禍・後篇」拝読しました。
やはり戦に勝っても、戦死者がでるといつもの様に宴という訳にはいきませんね。
また、普段は喧嘩ばかりしていても、兄弟というのはいいものです。まぁ108星は皆兄弟の様なものですかね?杜遷と宋万に至っては兄弟というか一対というか一心同体だったのかも。
最後に私からも「”命知らず”にゃ、付き合い切れねぇ」の後は「阮小”二”」ではなく、”七”ではないかと。すでにお気づきかも知れませんが。
次回の更新を楽しみにしております。
Commented by suiko108 at 2014-05-19 11:18 x
水滸無双さん
こんにちは。いつもありがとうございます。
辛いなかにも、梁山泊らしさを失わずに戦っていってほしいですね……心配ですが、きっと大丈夫!
そして、好漢校正(そう名付けました)ありがとうございます!
suiko108は大事な宋江のセリフにもミスを発見……ガックリきております。
みなさん、脳内変換して読んでくださいね~。
第二部出版の時は、膨大なテキストをチェックしなければ……!


<< 南魚沼だより      『絵巻水滸伝 第111回「禍・... >>