人気ブログランキング |
2013年 04月 06日
山城に登ってみよう!
「常山の鶴姫」について、およその事が分かったら、次はフィールドワークです!
鶴姫ゆかりの場所を訪ねてみましょう。

鶴姫はどこで産まれたのでしょうか?
父親の三村家親「備中松山城」の城主として有名ですが、ここでしょうか?

鶴姫は備前軍記では行年33となっていますが、それを信じれば1542年の生まれになります。
家親が松山城へ入ったのは1561年ですから、鶴姫はおそらく、その前の居城があった「成羽」(高梁市)で産まれたのでしょう。
この頃、家親は「鶴首山」にある山城「鶴首城」、ふもとの「成羽城」「三村館」などを拠点としていました。
鶴姫の名は、この「鶴首山」から取ったのかもしれませんね。
現在は美術館や小学校になっていますが、石垣や土塁が残っているそうです。

今回、近くを通ったのですが、残念、写真をとる時間がありませんでした。
成羽川に臨む、山間の静かな場所です。
ここは次の時にゆっくり訪ねるとして……まずは備中松山城に登ってみましょう。
b0145843_2243216.jpg

(つづく)

b0145843_1262838.jpg
岡山県玉野市での「正子公也武将画展~常山の鶴姫と岡山ゆかりの戦国武将たち」、好評開催中です!
会期は5月末日まで。ぜひご訪問ください。

会場は、岡山駅からJR宇野線で約45分 - 宇野駅- 徒歩約15分
ショッピングモール メルカ2階「たまののミュージアム」
   ↓
http://tamanokankou.com/kankou/tamanono_museum/

時間 10:00~19:00(水曜休み)
入場料 無料
お問い合わせ 0863-31-6131


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers        梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2013-04-06 00:05 | 戦国散歩 | Comments(0)


<< 備中松山城(1)      「常山の鶴姫」(続き) >>