人気ブログランキング |
2011年 08月 10日
直江兼続の釣灯籠
奈良の春日大社には、たくさんの釣燈籠が献納されています。
b0145843_1242298.jpg
b0145843_125480.jpg

直江山城守(兼続)の燈籠発見!
b0145843_1253228.jpg
この釣灯籠は、慶長5(1600)年、兼続の依頼を受けて、娘である於松によって奉納されました。慶長5年といえば、関ヶ原の戦いがあった年ですね。
兼続は天正16(1588)年に、主君上杉景勝と共に参拝、正室のお船も寛永2(1625)年に参拝しています。
上杉家は春日大社への信仰きわめて厚く、居城のある山(新潟県上越市)に春日大社から分霊勧請(かんじょう)して春日神社を建立、山の名を春日山に改称しました。



b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers              梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2011-08-10 01:22 | 戦国散歩 | Comments(0)


<< 萬代橋      奈良 >>