人気ブログランキング |
2011年 05月 20日
★「絵巻水滸伝」書籍化5周年
書籍化からは5年、
連載を開始してからは、今月でなんと13年です。
子供なら、もう中学生。本当に早いものですね……。
こんなふうに第二部まで辿りつけるとは、まるで夢のようです。
これも応援してくださる読者のみなさま、サイトを支援してくださるキノトロープさんのおかげです。

そして、連載はまだ続きます。
実はまだ「絵巻」を読んだことがない……という方もいるのでは?
この機会に、第一部の内容を振り返ってみましょう。
すでに読まれた方にも懐かしいのではないでしょうか。

『絵巻水滸伝 第1巻〜伏魔降臨』ハイライト(3)

(これで、自由だ)
 史進は戦い続けた。
 一片の後悔も不安もなかった。
「俺は自由だ!!」
b0145843_23113891.jpg
 目の前に、いつしか道が出来ていた。火の粉の混じる金色の風の中を、四人は一丸となって駆け抜けた。朱武、楊春が左右を守り、殿の陳達は追いすがる兵を縦横無尽に斬り払う。四人の上に火の粉が降り、血に染まった顔を更に赤く照らし出していた。



b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers              梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。

by suiko108blog | 2011-05-20 01:09 | 絵巻水滸伝 | Comments(2)
Commented by 雲海 at 2011-05-20 21:44 x
こんばんわ。
史進といえば、私水滸伝にはじめて読んだときは、この若者中心の武勇譚になるのかなーなんて思っておりましたですよ。しばらく読み進めて・・・アレ・・・って。そうか! 主役が交代していくんだ・・・って。若き日のおもいででした。
いまさらですが、この絵「神機軍師」直接戦ってますねぇ。実は非常に貴重なシーンですね。二部のまっただなかでは考えられないことですなぁ。
Commented by suiko108 at 2011-05-21 00:18 x
雲海さん
「史進が主役だと思った……」、確かに、これは水滸伝ファンならば皆が通った道かもしれませんね。
あと「王進は次はいつ出てくるのかな」とか。
主役が次々に交替するのも、水滸伝の魅力のひとつですが、最初はちょっと驚きますよね。
武闘派軍師朱武、実際に戦ったのは、ここと、梁山泊大決戦の時だけでしょうか?
実は普段もこっそり練習しているのかも……。



<< ★「絵巻水滸伝」書籍化5周年      銅像制作の工程 >>