人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2010年 10月 09日
★梁山泊の108人 其之百八
★帥字旗の捧持を担当する

★梁山泊の108人 其之百八_b0145843_22341514.jpg











105★地健星“険道神”郁保四



身長一丈(約3m)の大男で、あだ名の“険道神”とは、葬列の先導をする背の高い神の名前である。軍の船大工だったころの孟康の部下だったが、段景住が宋江に贈ろうとした白馬を奪ったことから曽頭市戦が勃発する。戦後は梁山泊の一員となり、 宋江の旗を掲げ持つ役を与えられる。。
大将の象徴である帥字旗が倒れることは、すなわち敗戦を意味する。またそれを敵に奪われることは、なによりの屈辱である。帥字旗を死守することは、地味なようで非常に重要な任務である。長身で怪力、かつ一度命じられたことは必ず完遂するという郁保四は適任といえるだろう。




「絵巻水滸伝」(第二部)連載中! キノトロープ/絵巻水滸伝

by suiko108blog | 2010-10-09 00:31 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(2)
Commented by 水滸無双 at 2010-10-09 12:40 x
こんにちは。
皆様は週末はお出かけでしょうか?
それともゆっくり休養されるのでしょうか?
大阪は生憎の雨で出かける気が失せました。
本日は読書の秋ということで、絵巻を楽しみたいと思います。
梁山泊108人紹介もとうとう最後ですね!
郁保四は身長約3mですか~。チェ・ホンマン以上ですね(笑)
戦場で3mの大男に出会ったら怖れ慄くことでしょうね。
ちょっと相手が気の毒ですね。
では皆様、季節の変わり目、お体にお気をつけて楽しい週末をお過ごし下さい。
Commented by suiko108 at 2010-10-09 15:00 x
こんにちは!
せっかくの連休ですが、東京もあいにくの雨模様です。
今年は猛暑で疲れましたから、秋の休日をのんびり過ごすのもいいですね。
人物紹介もついに終わりました!郁保四……そういえば、世界で一番(?)背の高い男性って、中国(モンゴル自治区?)にいるのではなかったでしたっけ。
さすが中国、奥が深いです!



<< 戦国散歩      『絵巻水滸伝』ハイライト(70) >>