人気ブログランキング |
2010年 04月 18日
★梁山泊の108人 其之八十九〜九十
★梁山泊の処刑を司る頭領

晁蓋の時代から、梁山泊は非常に軍規を重んじていますが、あまり処罰を行った例はありません。戦場での軍規違反といえば、民衆への暴行や略奪が主なものですが、梁山泊軍はそれらを厳しく禁じています。将兵間のつながりが強く、統率のしっかりした梁山泊軍では、兵卒にいたるまで軍規が浸透しているのかもしれません。

b0145843_2355681.jpg









94★地平星“鉄臂膊”蔡福
(ちへいせい てっぴはく さいふく)







b0145843_2375244.jpg









95★地損星“一枝花”蔡慶
(ちそんせい いっしか さいけい)




兄の蔡福は腕力が非常に強く、あだ名は“鉄臂膊”──すなわち「鉄腕」。弟の蔡慶は鬢に花を挿すのを好むことから、あだ名は“一枝花”。処刑人にしては洒落者だが、中国には死刑になる罪人の髪に花を挿す習慣もある。兄弟ともにもとは朝廷の役人で、拷問および処刑のプロフェッショナル。痕跡を残さず、自然死に見せて人を殺すこともお手の物である。
北京で捕らえられた“玉麒麟”盧俊義も“処分”しようとするが、柴進に脅迫されて断念。元宵節の夜に梁山泊軍が北京に攻め込んでくると、やむをえず協力し、そのまま梁山泊へ身を投じる。梁山泊に来てからは処刑人としての仕事は開店休業状態で、しばしば戦闘に参加する。双子であるが、外見はまるで似ていない。

「絵巻水滸伝」(第二部)連載中! キノトロープ/絵巻水滸伝

by suiko108blog | 2010-04-18 01:52 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(4)
Commented by 耶律夷列 at 2010-04-18 22:10 x
 原典では何かのついでで梁山泊にいつの間にか殺されていても不思議ではないような2人ですが、絵巻では108星の一員に相応しい能力や設定を与えられてますね(原典の慮俊義処刑直前でのいいわけがましい発言でますますファンがつかなくなっていると思います)。
 原典では今ひとつ具体化されていなかった人物像が絵巻にいたってついに完成を見たわけですし、「十節度史の人物像再構築」などと共に水滸伝発達史上の重要事項ではないでしょうか。
Commented by suiko108 at 2010-04-19 11:24 x
蔡兄弟……人気投票しても票が入らなさそうでちょっと可哀相ですね。かっこいい活躍の場がないのでしかたないですが、そういう人もいるのが梁山泊の魅力のひとつかもしれませんね。
十節度使はみんな個性的でしたね。もともと、いろいろな説話の主人公だっただけのことはあります。再登場が期待されますが……どうでしょう?
Commented by 小白眉 at 2010-04-19 18:28 x
慶福の字が逆さなのも思わずニヤリですね。
Commented by suiko108 at 2010-04-20 12:01 x
鋭いですね!
「福」が倒れて「福倒了」=「福到了」(福が来た)。
その「福」が「慶福」だったら……!


<< ☆ブロンズ龍馬発売!      『絵巻水滸伝』ハイライト(9) >>