人気ブログランキング |
2010年 01月 16日
★梁山泊の108人 其之八十四
★情報の探知を統べる頭領


梁山泊の行うすべての活動、戦争に欠かせない重要な部署です。情報の探知、伝達、敵地に潜入しての隠密行動などを行う彼らは、まさに梁山泊の「特殊部隊」と言えるでしょう。
彼らの下には、斥候兵や、柴進直属の“鶏狗”らが属します。また、呉用の“飛奴”こと白鴿たちも彼らの仕事を助けます。

b0145843_23488.jpg










106★地耗星“白日鼠”白勝



あだ名の“白日鼠”とは、「白昼の鼠」の意味。「昼日中からちょろちょろしている鼠」である。もとは東渓村の遊び人だが、呉用には目をかけられていた。そのため十万貫の生辰綱強奪に加担するが、他のメンバーは、晁蓋、呉用、公孫勝、劉唐、阮氏三雄と錚々たる顔ぶれである。彼らは北斗七星に応じて集まったとされるが、唯一の地サツ星である白勝は、さしずめ七星の脇の輔星のごとくである。とはいえ、智取生辰綱の現場となった黄泥岡では、恋人の阿姜とともに酒売り夫婦に変装し、“青面獣”楊志を騙して巧みに痺れ薬入りの酒を飲ませた。
その後、阿姜をふいに失うが、その遺児である杓児が梁山泊にやって来る。



「絵巻水滸伝」(第二部)連載中! キノトロープ/絵巻水滸伝

by suiko108blog | 2010-01-16 15:22 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(0)


<< ★聞煥章先生の必勝学業成就札★      『絵巻水滸伝/外伝「小鶯子」』... >>