人気ブログランキング |
2009年 12月 02日
★梁山泊の108人 其之七十二〜七十三
★情報を探知し、来客を応接する酒店頭領
梁山泊は、湖の東西南北で酒店を経営しています。初期は、南方の李家道の筋にある朱貴の酒店だけでしたが、梁山泊の規模が大きくなるとともに四店に増加されました。この酒店では、通常の居酒屋のように宿と酒食を提供するほか、周囲を通過する“獲物”や討伐軍の情報を掴む重要な役割を担っています。また、梁山泊に入山を希望する者は、まず“旱地忽律”朱貴の眼鏡にかなわなければなりませんでした。朱貴を頭とする梁山泊酒店グループは、梁山泊と世間を繋ぐ窓口とも云えるでしょう。

李応が経営する“店”も、この四山の酒店の役割を全国に拡大したものですが、“店”は賭場や金貸し、闇塩や密造酒の販売など経済活動が主な仕事で、情報網であると同時に梁山泊の財政を賄うために重要な役割を果しています。

b0145843_1403614.jpg








100★地数星“小尉遅”孫新
(ちすうせい しょううつち そんしん)







b0145843_1413010.jpg









101★地陰星“母大虫”顧大嫂
(ちいんせい ぼだいちゅう こだいそう)




東山酒店の主人夫婦。夫の孫新は、あだ名を“小尉遅”。“病尉遅”孫立の弟で、槍や鞭の使い手である。“尉遅”とは唐初の英雄・尉遅恭のこと。兄から手ほどきを受け、鞭の使い手でもある。妻の顧大嫂はあだ名をは“母大虫”──「牝虎」と云い、その名のとおり、二三十人を相手にしても打ち負かしてしまうという怪力の女傑である。
もとは二人して登州の十里牌で居酒屋や賭場を営んでいたが、顧大嫂の甥である解兄弟を無実の罪から救うため、孫立ふくめ一族で牢破りをして堅気の世界に袂を分かった。
顧大嫂は事が起こると後先を考えずに突っ走る性格で、一方の孫新はそれを押し止めて段取りを練る慎重派である。一見、顧大嫂が孫新を尻に敷いているようだが、実際はそうでもない。

「絵巻水滸伝」(第二部)連載中! キノトロープ/絵巻水滸伝

by suiko108blog | 2009-12-02 02:29 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(2)
Commented by 蔚山人 at 2009-12-02 18:35 x
久しぶりに見る人物紹介ですよね! 嬉しいです.

孫新が陰謀後編で東京入城を心配したのは愼重な人だからだったですね.
Commented by suiko108 at 2009-12-03 03:12 x
人物紹介もだいぶ進んできましたね!孫新と結婚していなかったら、向こう見ずな顧大嫂は相当あぶないことになっていたのではないでしょうか?孫新がいるからこそ、顧大嫂も安心して暴れられる(?)のかもしれませんね。


<< ★水滸伝の諺      『絵巻水滸伝/第81回「回天・... >>