人気ブログランキング |
2009年 08月 23日
★梁山泊の108人 其之五十二
★歩兵軍将校
十七名いる歩兵を率いる頭領たちです。少数の兵で遊撃部隊的な働きを担うことが多く、敵の城市などへ潜入し、攪乱や煽動を行うこともあります。

b0145843_2318274.jpg









86★地僻星“打虎将”李忠
(ちへきせい だこしょう りちゅう)




代々の棒使いで、がっしりとした体つきをしているため、あだ名は“打虎将”。「虎ごろし」くらいの意味だが、梁山泊には本当に虎を殺した武松がいるので、李忠には分が悪い。ひとかどの腕があり、“九紋竜”史進の師匠を務めた時もあったが、人生順ならず、志に破れ、棒術を見せて薬を売る大道芸人に落ちぶれた。しかし、渭州で史進と再会し、また出家前の魯智深とも知己を得て、薄幸の歌い女・金翠蓮を救ったことで再生する。
その後、桃花山で“小覇王”周通とともに山賊となり、六七百の手下を集めたが、“双鞭”呼延灼の討伐軍には到底かなわず、三山が連合した青州戦の後、山塞をたたんで梁山泊に合流した。金に細かいところもあり、梁山泊では珍しい生活感溢れる庶民型の好漢である。

by suiko108blog | 2009-08-23 02:10 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(2)
Commented by 水滸無双 at 2009-08-24 08:47 x
こんにちは。
神戸の三国志祭にいってきました。
横山光輝先生生誕の地ということで、新長田は三国志&鉄人28号が中心となっていましたね。お茶屋さんでは劉備茶(宝剣とお茶を交換したから?)を売っていたり、喫茶店では三国志ランチ、市内では地上十数メートルの鉄人28号モニュメントとか(まだ顔が出来ていませんでしたが)。
特別会場では『人形劇三国志』の川本喜八郎先生の特別公演があり、当時の実際の演者の方々の実演(華容道のくだりや、二喬の話で孔明が周瑜を挑発するくだり等)あったり当時テレビにかじりついてみていた記憶が思い出されました。
メイン会場では、『三国志男』の筆者さくら剛先生の爆笑トークショーなどたくさんのイベント、グッズ販売等がありこちらも大盛況でした。
そういえば川本先生が、三国志ファンの皆様にNHKで人形劇三国志の再放送をお願いして新たな三国志ファンを増やしていきましょうと仰っておられました(笑)面白い方でした。
やっぱり、三国志ブーム来てますね。便乗で水滸伝ブームも来て欲しいものです。
なにはともあれ来年の三国志祭も楽しみです。
では。
Commented by suiko108 at 2009-08-24 21:06 x
今年は行けなくて残念でしたが、神戸三国志祭、ますます盛りあがってきているようで嬉しいですね!鉄人も9月には完成するようですよ。是非わたしも見に行きたいです。
人形劇もなつかしい…川本先生、水滸伝も作ってくれないでしょうか?


<< ★絵巻水滸伝美女図鑑(17)      ★絵巻水滸伝美女図鑑(16) >>