人気ブログランキング |
2009年 07月 15日
『絵巻水滸伝/第79回「梁山燃ゆ・前篇」』本日公開!
b0145843_18443924.jpg
 節度使軍の猛攻のまえに、遂に陥落する第一の関門。難攻不落を誇った“天然の要塞”も、もはや風前の灯火である。

 そして済州城では、見失った宋江を救うべく、闇を走る花栄の姿があった。
 待ち受ける、意外な“先客”。そこで花栄が見たものは──。

 修羅の巷と化した梁山泊に、二日目の夜が訪れる。闇に紛れ金沙灘を目指す、二つの船団。一方はまるで銀河のように、また一方は不知火のごとく。
 はたして高求が握る、切り札とは──。

 “禁軍”対“梁山泊”──果てなき死闘、いよいよ最高潮へ!!

※文中の「高求」は、正しくは「イ+求」です。


『絵巻水滸伝/第79回「梁山燃ゆ・前篇」』本日公開! キノトロープ/絵巻水滸伝

by suiko108blog | 2009-07-15 11:19 | 絵巻水滸伝 | Comments(12)
Commented by あーる at 2009-07-15 16:49 x
こんにちは。
第79回「梁山燃ゆ・前篇」拝見しました。
梁山泊の事が心配ですが、高求の酒宴に潜入できるポジションに孫二娘がいるだけでテンションが上がってしまいます(笑)
杜遷と宋万の出番もかっこ良かったです。
次回も、楊温の瞳に映った巨大な怪物、「梁山泊」の物語を楽しみにしております。
Commented by 水滸無双 at 2009-07-15 23:22 x
こんばんは。
第79回「梁山燃ゆ・前篇」拝読しました。
場外戦での勝ちは見えてきましたが、本陣の方はかなり攻め込まれていますね。
立て続けにお久しぶりの好漢が登場していますね。事務方の戦闘も見れるのでしょうか?
また次回は梁山泊の仁王のお二人の活躍が見れそうですね!
果たして高キュウを戦闘に引きずり出すことは出来るのでしょうか?
宋江の動向も気になりますし、次回の後編今から楽しみです。
では。
Commented by suiko108 at 2009-07-16 13:07 x
あーるさん
書き込みありがとうございます。暫く姿が見られなかった好漢たちの登場でしたね。そして、うっかり個性が先に立って忘れられがちですが、孫二娘…美人なんですね。高閣下もあれで自ら女難を招く人なんでしょうか…。

水滸無双さん
敵味方入り乱れての戦いも遂に佳境にはいり、杜遷、宋万も久しぶり勇姿(?)を見せてくれました。活躍が期待されますが、戦いの行方はどうなるのでしょう…まだまだ予断を許さない感じですね。
Commented by 雲海 at 2009-07-17 20:20 x
こんばんわ。大分暑くなってまいりました。
第79回愉しく、かつわくわくと読ませていただきました。
今回は個人的には「首切り」楊雄と「命知らず」石秀の義兄弟コンビ、「双槍将」トウ平と「羽なしの矢」張清の剽悍コンビの絶妙な戦いっぷりではないでしょうか。こういう息のあった戦い方が梁山泊らしくて小気味いいんですよねぇ。お互いの持ち味が生きてます!
皆さんご指摘のあのお二人はじめ次回も意外な好漢の活躍を期待して暑い日を乗り越えていきたいと思います。
Commented by suiko108 at 2009-07-18 14:04 x
毎日暑いですがお元気ですか?
いよいよ夏本番…絵巻世界では秋ですが、戦いはますます熱くなってきています。多くの人たちが、戦いの中でも、さまざまな人間模様を垣間見せてくれるのも、群像劇である水滸伝の魅力のひとつですね。敵味方入り乱れ、どんな結末がまっているんでしょうか。
次回もどうぞお楽しみに!
Commented by 蔚山人 at 2009-07-20 15:36 x
こんにちは。 韓国で作家様の文を楽しく読んでいる人です。
私が思うのに繪卷水滸伝の魅力の中で一つが多くの好漢たちをめいめいに描くことなのに今度にもやっぱりよく表現してくださいましたね。
良い文よく読みました。 来月だけ熱心に待ちます。

追って書き) 陶宗旺, 樂和, 朱貴, 朱富, 戴宗はどこにあるんですか??
Commented by suiko108 at 2009-07-20 22:01 x
蔚山人様
はじめまして!韓国からの書き込み、ありがとうございます。韓国にも読者がいてくれるなんて、驚きました。とても嬉しいです。韓国では、水滸伝の知名度や人気はどうなんでしょうか。 蔚山人さんはどの好漢が好きですか?また書き込みしてくださいね!
戴宗と楽和は燕青と一緒に東京にいましたね。あとのメンバーは梁山泊です。登場をお待ちください。
Commented by ナチョリーゼ at 2009-07-20 23:13 x
今回も、一気に読ませていただきました。
緊迫感・広大さは、もう言うまでもないですよね。
毎回毎回がクライマックスです。
杜遷と宋万がかっこよかったです。
もともとの主であったはずの2人が、ずるずると席次を下げていき、しまいには忘れ去られてしまいがちなキャラと化していますが、このシーンはしびれました。次回も引き続き活躍する予感です。

決戦終結後の流れも気になります。
今後もあっと驚くようなことがあるのでしょうか?
次回を楽しみにお待ちしております。
Commented by 蔚山人 at 2009-07-21 09:23 x
韓国では三国志演義が水滸伝よりずっと大衆的です。 それで私の友達の中にも三国志演義が好きな友達は多くても, 水滸伝が好きな友達はほとんどいないです。 惜しい事です。

そして私は地煞星72人を皆めいめいに好きです。


追って書き) べつめいが‘九尾亀’である理由が何と思うのか分かりたいです。
Commented by suiko108 at 2009-07-22 11:15 x
チョリーゼさん
こんにちは!いつもご愛読ありがとうございます。
この大詰めにきて、杜遷と宋万に意外な注目が。忘れられているようで、みなさん結構ふたりのことが気になっていたのでしょうか。どんなに席次が下がっても、文句ひとつ言わない二人を応援しましょう!

蔚山人様
お返事ありがとうございます!やはり三国志は映画やゲームもありますから有名ですね。実は以前、絵巻を韓国で出版しないかというお話もあったのです。その時は条件などで実現しませんでしたが、いつか韓国で出版されたら、きっとお友達も水滸伝ファンになってくれますね。
九尾亀のあだ名の由来はよく分かりません。そういうタイトルの小説もあったようですが…。たくさんの尾がある亀ですから、霊力があるのかもしれません。
Commented by 蔚山人 at 2009-07-23 09:37 x
返事ありがとうございます. 回券水滸伝翻訳本が出版される日が来てばかり指折り数えて待ちます!
Commented by suiko108 at 2009-07-23 23:17 x
蔚山人様
いつか本当に出版される日を楽しみにしていましょう!また遊びに来てくださいね。


<< 歴史群像・読者プレゼント実施中!      ★『絵巻水滸伝・第10巻〜結集... >>